« 雑人撲滅週間 倉橋由美子 | トップページ | 三島由紀夫 幸福号出帆 (角川文庫) »

2011年2月 7日 (月)

三島由紀夫「愛の疾走」

年末購入した「愛の疾走」は横尾忠則が解説している。
これだけでも買う価値は充分で、知識より感じることが重要だということを実践しているガイドは素晴らしいと思う。
諏訪湖が舞台となっている恋愛小説「愛の疾走」を書いている素人作家という設定。小説家を戯画したことで、劇中の恋愛と現実とが、面白可笑しく照らしあわされる二重構造の娯楽小説となっていることを作者本人が愉しんでいるようだ。

Aino

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

修一はこんなに明るい女たちのざわめきをはじめてきいたやうな気がした。それは彼の家庭では 決してきかれない明るい花束のやうな笑ひ声で、きいてゐるだけで体がほてるやうな気がした。 女たちの笑ひさざめく声といふのは、どうしてこんなにたのしいのだらう。湖の上に洩れて 映る大きな旅館の宴会の灯のやうだ。そこでは地上の快楽が、一堂に集まつてゐるやうに 見えるのだ。

小説家の考へなんて、現実には必ず足をすくはれるもんだ。
四十歳を越すと、どうしても人間は、他人に自分の夢を寄せるやうになる。 俺は猛烈な嫉妬を感じた。自分の小説の登場人物に嫉妬を感じる小説家とは、まことに 奇妙な存在だ。

『信じられないやうな幸福だ。僕があの人に愛されてゐる。湖のむかうの美しい娘に』 彼は夢うつつの中で、結氷した湖が向う岸とこちらの岸とをつなぎ、夢がそのまま結氷して 堅固な現実の姿をとつた様を思ひゑがいた。彼があんなに切なく考へた距離は、見かけの ものにすぎなかつた。それから彼があんなに怖れた、美しい娘とぶざまな自分との対比も、 心配したほどのものでもなかつた。二つの決して触れ合はなかつた世界が溶けあつて、接吻を交はしたのだ。
『実際この世界には何てふしぎなことがあるものだらう』 闇の中に美代の美しい唇だけが、氷つた湖を駈けてくる一点の炎のやうに近づいた。 『あれは僕におやすみを言ふために駈けて来るんだ。あの小さな炎の近づいてくる速さ。 スケートよりも速い』 炎はたうとう近づいて彼の唇を灼いた。 『おやすみ』 幸福な若者は眠りに落ちた。

三島由紀夫「愛の疾走」より

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
三島由紀夫のエンターティメント小説が、色々と刊行されている。「幸福号出帆」 「肉体の学校」 「愛の疾走」 「恋の都」 「命売ります」 「女神」 「純白の夜」 「夏子の冒険」 「お嬢さん」 「にっぽん製」 「夜会服」 「複雑な彼」 などほとんどが新刊文庫コーナーにある。

Suwa

« 雑人撲滅週間 倉橋由美子 | トップページ | 三島由紀夫 幸福号出帆 (角川文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。