« 言語的な理解より今必要なもの | トップページ | 心體便是天體 »

2011年3月16日 (水)

『チェルノブイリは女たちを変えた』社会思想社

マリーナ・ガムバロフ、マリア・ミース、他(著)/グルッペGAU (訳)/

「女たちは青空市場の生鮮野菜など見向きもせず、牛乳をセルフサービスの棚の上で腐るにまかせ、冷凍食品や缶詰に殺到した。なぜなら、主婦たちは家族に毒をもらずに済むには、いったいなにを料理したらいいのか考えなければならなかったからだ。こどもたちはすばらしい天気のときも砂場や芝生に出してもらえず、妊婦は真剣に中絶を考え、母親は授乳しながら、この母乳はわが子に有害ではないだろうかかと自問しなけなればならなかった。」

「ポーランドではヨウ素剤を求めて、ニュールンベルクでは粉ミルクを求めて、ワイマールでは缶詰を求めて行列をするというかたちであれ、彼女たちの抗議には不安と無力感と、同時にまた、たいしたことはないという公式見解に対する強い不信感が如実に現れていた。」

人間は数知れぬ物をもつことができる。
しかし、物に人間を支配させてはならない。

「あれ以来私は、私たちに学問的助言をあたえ、私たちを政治的に支配し、私たちの幸福に責任があるのはむろん自分たちだと言明していた連中が、なおも同じことをし続け、考えを改めようともせず、職を辞そうともしないのをあちこちで見聞きするにつけ、こうした怒りを感じている。この際、道はその二つしかないのに。だが彼らはそのどちらもしようとせず、私たちに対しぬけぬけと、私たちの生命も、それに対し彼らがかかってでた責任とやらも、自分たちにとってはまったくどうでもよいことだと言い放つのである。」

Cb

もう家に閉じこもってはいられない(こどもを進歩のいけにえにはさせない
母親としてもっと早く声をあげるべきだった
チェルノブイリが子育てを奪った
大臣、釈明を求めます)
欠陥文明の父へ(生命か技術崇拝か
科学から迷信へ)
不安から希望へのシナリオ(ポスト・チェルノブイリ
不安を直視することこそ、希望のはじまり)
地球と女たちからの発想(自然を女たちの敵にしたのはだれか
地球に非常口はない
男文明から降りる
3年後のプロローグ)

Cenobuiri

ノーベル賞受賞者のハネス・アルヴェンの言葉
[原子力エネルギーを正当化するにたる必要性など、どこにもない。どの原子力発電所にもプルトニウムが発生する。軍事利用と平和利用とを区別することなど、とうてい不可能だ。この危険物質の大量生産はほんの少数の人びとに力と富をもたらす。しかし、全人類にとって、まさに死の危険を意味する]

« 言語的な理解より今必要なもの | トップページ | 心體便是天體 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。