« 食品コーナーは閑散 | トップページ | 等高線の仮面 3D »

2011年3月28日 (月)

膨大な悲しみの涙

 人間が犬の人生をコントロールできる、いざというときにはあの世へ送る技術をもっている、いわゆる生殺与奪の権をもっているために、人間には悩みが生れる。むかしはそんなものなかった。一つの生命を生かすも殺すも、それは神のみの知ることで、死ぬときは仕方なく自然に死んでいたのだ。

 人間だって昔は人生五十年、犬なら七歳とか十歳くらいか、犬はそのくらいで怪我したり、飢えて病気したり、老衰の入口辺りで仕方なく野垂れ死んで、それが自然だったのである。この世で生きるには強くなければいけないわけで、弱ければ死ぬのが自然であった。でも近年の人間の技術で、弱くても生きられるようになり、自然が崩れはじめた。いわゆるヒユーマニズム、というよ叫センチメンタルな感情が膨張するのに比例して、人間の悩みもふくらんでくる。

 生命一つをコントロールするのに、その任にある人間は腰を痛めて、転じて悩まなければならない。
 しかしそうすると、犬だけでなく猫も鳥も、象もライオンも、無数の生命をコントロールしている神の悩みたるや、いかばかりのものか。膨大な悲しみの涙が大洪水となり、心臓が震えて大地震となっているのか。

赤瀬川原平「運命と運動」より

« 食品コーナーは閑散 | トップページ | 等高線の仮面 3D »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。