« 路上観測 | トップページ | 「聖徳太子」はいなかった »

2011年4月 2日 (土)

リブロポート「民間日本学者」評伝シリーズ

セゾングループの出版社リブロポートは美術関係の宝庫だった。「民間日本学者」という評伝企画の傑作シリーズがあった。
鶴見俊輔介、中山茂、松本健一が編集企画で下記のごとく内容。残念ながらセゾングループ不振で、98年出版社は解散、シリーズも中断した。。
企画42タイトルが出版されて、30タイトル以上が消えてしまった。

01.『小泉八雲―その日本学』 高木大幹著 (1986/11)

02.『石井研堂―庶民派エンサイクロペディストの小伝』山下恒夫著 (1986/11)

03.『出口王仁三郎―屹立するカリスマ』松本健一著 (1986/12)

04.『牧野富太郎―私は草木の精である』 渋谷章著 (1987/1)

05.『添田唖蝉坊・知道―演歌二代風狂伝』木村聖哉著 (1987/3)

06.『柳宗悦―美の菩薩』阿満利麿著 (1987/3)

07.『長谷川伸―メリケン波止場の沓掛時次郎』平岡正明著 (1987/4)

08.『今和次郎―その考現学』川添登著 (1987/7)

09.『辻まこと・父親辻潤―生のスポーツマンシップ』折原脩三著 (1987/7)

10.『田村栄太郎―反骨の民間史学者』玉川信明著 (1987/8)

11.『石川三四郎―魂の導師』大原緑峯著 (1987/10)

12.『花田清輝―二十世紀の孤独者』関根弘著 (1987/10)

13.『E.S.モース―「古き日本」を伝えた親日科学者』太田雄三著 (1988/2)

14.『伊波月城―琉球の文芸復興を夢みた熱情家』仲程昌徳著 (1988/6)

15.『保科五無斎―石の狩人』井手孫六著 (1988/7)

16.『内村鑑三―偉大なる罪人の生涯』富岡幸一郎著 (1988/7)

17.『小笠原秀実・登―尾張本草学の系譜』八木康敞著 (1988/10)

18.『きだみのる―放浪のエピキュリアン』新藤謙著 (1988/12)

19.『一戸直蔵―野におりた志の人』中山茂著 (1989/2)

20.『夢野久作―迷宮の住人』 鶴見俊輔著 (1989/6)

21.『野尻抱影―聞書“星の文人”伝』石田五郎著 (1989/9)

22.『井上剣花坊・鶴彬―川柳革新の旗手たち』坂本幸四郎著 (1990/1)

23.『B.H.チェンバレン―日欧間の往復運動に...』太田雄三著 (1990/3)

24.『永井荷風―その反抗と復讐』紀田順一郎著 (1990/3)

25.『H・ノーマン―あるデモクラットのたどった運命』中野利子著 (1990/5)

26.『島木健作―義に飢ゑ渇く者』新保祐司著 (1990/7)

27.『高群逸枝―霊能の女性史』河野信子著 (1990/9)

28.『辰巳浜子―家庭料理を究める』江原恵著 (1990/10)

29.『猪谷六合雄―人間の原型・合理主義自然人』高田宏著 (1990/11)

30.『今村太平―孤高独創の映像評論家』杉山平一著 (1990/11)

31.『暉峻義等―労働科学を創った男』三浦豊彦著 (1991/3)

32.『正岡子規―創造の共同性』坪内稔典著 (1991/8)

33.『黒岩涙香―探偵実話』 いいだもも著 (1992/3)

34.『私語り樋口一葉』 西川祐子著 (1992/6)

35.『山崎延吉―農本思想を問い直す』安達生恒著 (1992/12)

36.『鈴木悦―日本とカナダを結んだジャーナリスト』田村紀雄著 (1992/12)

37.『三世井上八千代―京舞井上流家元・祇園の女風土記』遠藤保子著 (1993/9)

38.『森銑三―書を読む“野武士”』柳田守著 (1994/10)

39.『吉屋信子―隠れフェミニスト』駒尺喜美著 (1994/12)

40.『竹内好―ある方法の伝記』鶴見俊輔著 (1995/1)

42.『比屋根安定―草分け時代の宗教史家』寺崎暹著 (1995/4)

42.『中井正一―新しい「美学」の試み』木下長宏著 (1995/9)

中には復刊されているものがあるが、
既刊「民間日本学者」評伝シリーズは
ほぼ全巻が古書高騰してしまっているので簡単には手が出せない。
企画されていたが本にならなかったのは以下のとおり。

狩野享吉―――鈴木 正
梅原北明―――阿奈井文彦
小野圭二郎――吉岡 忍
松岡静雄―――鶴見良行
岸田吟香―――中薗英助
内山完造―――上野昂志
モライス、V―伊高浩昭
長谷川如是閑―山領健二
呂運享――――安宇植
徳富蘇峰―――木村聖哉
大佛次郎―――西川長夫
福沢諭吉―――西川俊作
金子ふみ子――道浦母都子
渡辺宗三郎――石川 好
下村湖人―――佐高 信
中野重治―――杉野要吉
石川 淳―――田中優子
宮本常一―――左方郁子
佐野碩――――岡村春彦
新井奥遠―――日向 康
岡田虎二郎――津村 喬
北村喜八―――福田善之
戴季陶――――松本英紀
西村伊作―――上笙一郎
別所梅之助――笠原芳光
徳田秋声―――小沢信男
坪内逍逡―――津野海太郎
富士川游―――樺山紘一
山本宣治―――米本昌平
坂口安吾―――川村 湊

« 路上観測 | トップページ | 「聖徳太子」はいなかった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。