« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

てをつなごう大作戦 ~こどもたちに笑顔を~

たくさんのキャラクターが被災地の子どもたちの為に手をつないでます。

Teotsunago

「日本中の人達に、すこしでも元気になってほしい。そう思って、僕たちは手をつなぎました。僕達を見て、笑顔になってくれたらうれしいです」とのこと♪

特設サイトに、世界中で幅広い世代に人気のキャラクターたちが、
手をつないでいるイラストが公開されていてダウンロード可能です。
http://www.teotsunago.com/

Teotsunago05_image

2011年5月30日 (月)

○ 活性酸素を消去する食品

10点
きゅうり、にら、みょうが、もやし、ズッキーニ

20点
カリフラワー、いちじく、パセリ、レタス

50点
バナナ、とうがん、ピーマン、そら豆、メロン、梨、桃、ジャガイモ、さつまいも、
サラダ菜、ぜんまい、たらの芽、春菊、柿、さやえんどう、小松菜、リンゴ、にんじん、
ブロッコリー、セロリ、豆腐、ひじき、きくらげ、せり、玄米、クレソン

100点
白菜、キウイ、パインアップル、さやいんげん、貝割れ菜、ねぎ、たけのこ、
とうもろこし、やまいも、しし唐辛子、グリーンピース、ごぼう、ほうれん草、かぼちゃ、にがうり、大豆、マッシュルーム、昆布、ブルーベリー、あさつき、黒ごま

200点
トマト、青梗菜、甘夏、れんこん、かぶ 、ふき、いよかん、しめじ、
グリーンアスパラガス、ふきのとう、三つ葉、ぶどう、パパイヤ、キャベツ、なす、菜花、わらび、玉葱 、生姜、ニンニクの茎、ニンニク、すいか、大根、えのきだけ

500点
ピーマン、こごみ、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、みかん、いちご、すだち

活性酸素除去食品/自然療法とエドガー・ケイシー療法のクシロ薬局
http://www.minohonosaru.com/kaxtusaisannso/kaxtuseisansojyokyosyoku.html

2011年5月29日 (日)

あらたな旅立ち ペンギンタロット

Penguintaort1

リーマンショックを予測した図案

後半にはメルトダウンが描かれていた

何かの存在によって表わされたシンボリズム

P1120584

◆タロットカードは不可思議なシンボルが描かれて、これらキーワードを繋ぎ合わせることでタロットは世界の側面を照らし出すとことができる。漠然とした無意識の断片が、元型のイメージとしてのカードによって具現化され、その人固有の無意識の形を喚起させる。
◆非合理的なシンボルやイメージこそが、無意識の世界を解く鍵。 

◆無意識の領域に存在して無意識に人を動かす全人類に共通する心理パターン。このパターンが自然界にもあったことを符合させた図形こそタロット。 無意識の中にあるものを喚起させ、導き出されたキー  ワードを解釈することでその人だけに当てはまるパターンがある。
◆“シンクロニシティ(共時性)”という無意識の領域にあるものと現実の世界に起こることには一種のアナロジーが存在し、人が偶然として片付ける出来事も、すべては無意識の中にある原因により必然的に起きている。
◆自分の無意識を知ることで、これから自分の身に起こることや、未来に起こる出来事を予測することができる。
◆タロットは普遍な無意識を発掘する道具であり、その無意識を意識化する手段として、占い師が相談者の未来を予測する際に行うカード解釈は、まさしく医師が患者に質問を出して、その内容から医学的に解釈し、患者の精神状態を推測しながらカウセリングを行う心理学の手法そのものです。 【解説書より】
------------------------------------------------------------
「ペンギンタロット」の世界へ・・・ http://koinu.cside.com/

2011年5月28日 (土)

横尾忠則「絵人(かいじん)百九面相」

Ykv1_postcard

60年代の独創的なグラフィック・デザインにはじまり、80年代以降の画家としての縦横無尽な活動を経て、今なお精力的に活躍を続ける横尾忠則(1936-)の個展を開催。

本展は全出品作が作家自らによって選ばれた、これまでにない展覧会。滝やY字路そして温泉を描いた代表作はもちろんのこと、コラージュやセラミックを用いた作品、未発表作や最新作も展示される本展は、この唯一無比の表現者の多彩な「顔」を知る絶好の機会。

岡山県立美術館
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kenbi/exh_yokoo.html

2011年5月27日 (金)

The Tree of Life

テレンス・マリック監督が、ブラッド・ピットとショーン・ペンを迎えた壮大な家族物語。1950年代のテキサスを舞­台に、ある一家の40年にわたる日々を描きながら、人生の根源的な意味を問い掛ける。

「1950年代に幼少期を過ごした男の子の物語だよ。彼の母親は優雅さを具現化したような人だったけれど、父親は暴力的な厳しい人だった。2人を見て育った彼は、自分はどちらの人間になりたいかを考える。だけどこれは、映画全体のほんの一部。これが宇宙の壮大な物語と並列し、SF的な要素が入って来るんだ。一時はヒースが演じる予定だったけど、諸事情あってダメになり、僕の出演が決まったんだよ」ブラッド・ピット

http://www.youtube.com/watch?v=dLSDs_KBSWw

僕らは、どこから来て、どこへ行くのか。
人は生まれて、死ぬ運命にあり、日々刻々と変化してゆく。
でもそのなかで確実に繋がっていく命。

生命は、共鳴し、反発し合いながら、それでも、次々と誰かから誰かに受け継がれていく。
その秘密を知っていようと、知っていまいと、この僕らの生命の事実には関係がない。
ただ命の糸は、木の枝葉のように、自由にのびて、多種多様に広がっていくだけだ。
気付こうと、気付くまいと、命はこうして過去/現在/未来を旅している。

8月12日(金)丸の内ルーブル他 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

2011年5月26日 (木)

ハート形の樹

Dscn13511

2011年5月25日 (水)

「ぷかぷか浮かぶ音楽の惑星」防水凄ワザ

ミュージックプラネット(音楽の惑星)というオーディオ機器、実は防水レベルが「IPX7」もあり、この値は「深水1mに30分間沈めても有害な影響がない」と認められた誇り高き防水レベル値。
高い技術で生まれたMP3ミュージックプレイヤー。USBメモリ・SD(SDHC)カード・MMCカードを直接差し込み、音楽ファイルをステレオ再生する。

Mplanetzoom

FMラジオの受信もできて防水ラジオは国外対応!
電源単3形電池(×6本)コードレス式!

時計表示の機能搭載。リピート機能も「全曲リピート・1曲リピート・フォルダ内全曲リピート・ランダム再生」と全部で4種類。毎日のバスタイムをハッピーに過ごせるデザイン家電です☆

Mplanetzoom2

2011年5月24日 (火)

校庭線量上限、撤回を 「20ミリシーベルト高い」福島の保護者直談判

 福島第一原発事故を受けて政府が福島県の学校での被ばく線量の上限を年間二〇ミリシーベルトと設定したのは高すぎるとして、同県の父母ら約七十人が二十三日、文部科学省を訪れ、設定の引き下げを求めて抗議し、「子どもを守るために被ばく線量のあらゆる低減策を」などと訴えた。事前に大臣ら政務三役に面会を求めたが断られ、同省庁内にも入れなかった。父母らには、渡辺格科学技術・学術政策局次長が応対した。

 文科省前には大勢の支援者も集まった。「二〇ミリシーベルト撤回!」「未来ある福島の子どもたちを本気で守って」などと記した横断幕やプラカードを掲げ、設定の見直しを求めた。

 文科省は四月、毎時三・八マイクロシーベルト、年換算二〇ミリシーベルト以上の場合、屋外活動を一日一時間に制限するよう同県に通知。しかし、一般人の年間被ばく線量限度の年一ミリシーベルトの二十倍で、専門家からも「高すぎる」と批判が出ていた。この問題で政府の対応を批判して辞任した内閣官房参与もいる。

【東京新聞2011年5月24日 朝刊】

放射能汚染と外食産業まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130574221415995301

食品汚染まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130110542659192601

給食への放射能汚染食品混入まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130422651090677001

被爆基準まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130114213359425901

2011年5月23日 (月)

放射能イチゴ

Dscn13451 Dscn13411

2011年5月22日 (日)

血液でうつ病診断、簡便な検査法開発 リン酸濃度を測定

 血液中に含まれるリン酸の濃度を測り、うつ病を診断する検査法を、慶応大の研究成果をもとにしたベンチャー企業が開発した。従来、研究されてきた血液による診断法に比べ簡便なことが特徴。健康診断で使うことで早期発見につながる可能性がある。

 開発したのは「ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ」(山形県鶴岡市)。22日に、東京都で開かれる日本生物学的精神医学会で発表する。

 同社は、国立精神・神経医療研究センターで「大うつ病性障害(うつ病)」と診断された31人と、年齢や性別の構成が近い健康な35人の血液を分析。うつ病患者は、血漿(けっしょう)中の「エタノールアミンリン酸」の濃度が低いことを見つけた。

 このリン酸の濃度を調べて、うつ病患者を正しく診断できた確率は82%、健康な人をうつ病でないと診断できた確率は95%だった。

 血液でうつ病を診断する方法は複数の研究グループが開発している。しかし、約20種類の白血球の遺伝子を調べたりするなど、簡便な測定は難しかった。

 同社は、このリン酸の濃度を数分で測れる試薬を開発中。1年以内に完成する見込みで、臨床試験を行い、医療機器としての承認を目指す。

 厚生労働省研究班の調査では、一般医の9割は経験則でうつ病を診断しているという。うつ病で受診している人は70万人を超えるが、治療が必要な人の4分の1程度しか受診しておらず、早期発見が難しい。

(ソース:アサヒドットコム)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1305935984/

2011年5月21日 (土)

寺ガール

最近、森ガールや山ガールと流行っていましたが
これからは『寺ガール』

お寺で行う座禅&写経
雑念を振り払い、ストレスの多い皆様、座禅、写経はリフレッシュ効果
精神統一をして自分を見つめなおすのにも良い機会。
気持ちを落ち着かせて、自分の中にある秘めたる思いを再確認。
終わった後は不思議なパワーが漲ります!

2011年5月20日 (金)

吊るされ人の踊り

  真っ黒な吊るし台にぶら下がって
  踊っている奴らは誰だ
  やせ細った騎士たち
  サラディンの騎士の骸骨たちだ

  魔王ベルゼブルが奴らの襟首を掴むと
  奴らは空を睨んで にやついたぞ
  逆手で頭をこづかれると
  賛美歌のような音色を立てて踊ったぞ

  ぶらぶらゆれながら 奴らは腕を絡ませあう
  胸にはオルガンのパイプのようなあばらが見える
  女がやさしく抱きしめたこともあったろうに
  今じゃ骸骨同士じゃれあうだけだ

  やあ オカマのダンサーたちよ 腹に風穴があいているぞ
  ふざけまわるのが楽しいかい
  そうさ 戦いも踊りも同じようなものさ
  魔王さまもバイオリンで伴奏だ

  みんな靴を履いているが 踵がへってないな
  中にはだらしない格好の奴もいるぞ
  礼儀正しい奴もいるがな
  雪が降って頭につもり お誂えの帽子のようだ

  烏どもが飛んできて奴らの頭をつつく
  脳みそが飛び散って奴らの頬っぺたにべとついた
  奴らのもごもごするさまを見ろ
  おもちゃの鎧をまとった奴らを

  風が奴らの禿げた頭蓋骨を吹くと
  吊るし台がきしんで いやな音を出す
  すると狼たちが森の奥でうなり声を響かせ
  地平線は真っ赤な色に染まる

  しゃきっとしろよ お前たち
  折れた指でも祈りはできる
  背骨を伸ばして祈れや祈れ
  死んでしまったお前たちよ

  しかるにこの死の舞踏の中から
  赤く染まった空に向かって
  奔馬のように飛び立った骸骨がいるぞ
  首の周りにロープをきつく巻きつけたまま

  こぶしを股の骨にあてると カラカラっと音がした
  その音は嘲りの笑いのようだ
  テキヤが客を呼び込むように
  骨の音を伴奏にダンスを踊れ

  真っ黒な吊るし台にぶら下がって
  踊っている奴らは誰だ
  やせ細った騎士たち
  サラディンの騎士の骸骨たちだ

Tarot_12

◆アルチュール・ランボーの詩は現代の状況にも当て嵌まるようだ。

吊るされ人は試練のカード。忍耐をも求められるものだ。

そして踊るとは。

2011年5月19日 (木)

地獄の季節 ランボオ

何が、永遠が、
海と溶け合う太陽が。

独り居の夜も
燃える日も
心に掛けぬお前の祈念を、
永遠の俺の心よ、かたく守れ。

人間どもの同意から
月並みな世の楽しみから
お前は、そんなら手を切って、
飛んで行くんだ……。

――もとより希望があるものか
立ち直る筋もあるものか、
学問しても忍耐しても、
いずれ苦痛は必定だ。

明日という日があるものか、
深紅の燠の繻子の肌、
それ、そのあなたの灼熱が、
人の務めというものだ。

また見つかった、
――何が、――永遠が、
海と溶け合う太陽が。

 ランボオ『地獄の季節』 小林秀雄訳より

Giovanni histoire de Fou

山地の中腹に子ぎれいな貸別荘がある。午前10時頃になると、地中海沿岸のこのあたりの陽差しは相当に強い。南フランス特有の白壁、松の緑。屋根瓦の血のような赤。そんなものがいっせいに強烈な太陽をはね返している。別荘の庭には外交官専用のプレートをつけた超大型のランチアが駐めてあり、イタリアの外交官4人が休暇を楽しんでいる。ということになっている。
凝った色物のシャツを着てテラスで日光浴をしている男。シャワーを浴びている若い男。絹のガウンの男が色シャツの男に冗談を言う。もう一人は下の町へ行っていない。強い陽差しが男達の談笑を包んでいる。
夕暮に食事を終えた男達が町々ゝら戻ってきて、一人の男の部屋に集った。皆の顔から笑いが消え、ひきしまる。中央の男が一枚の図、ニース中央郵便局の見取り図を拡げる。男はピエール・ルートレル。またの名を気違いピエロ。パリ警視庁が血眼で探している当の本人だった。
他の3人はリトン、マルセル、ジャック。最近ある裏切者を殺し、リヨン市の郵便車を襲撃して以来この別荘に引籠っている。だが、時期だとピエロの本能が告げていた。数々の銀行、郵便局襲撃、厳重な警察の網をくぐってフランスを東に西に勝手気ままな犯罪旅行。
ゴダールの同題の映画の原型となった奔放なギャングの破滅までを元ギャングの作者が生き生きと描く。

Histoire_de_fou   Histoire_de_fou_2   
『気ちがいピエロ』 Histoire de fou (1959)
Tr:岡村孝一(Koichi Okamura) Pb:ハヤカワ・ミステリ(A Hayakawa Pocket Mystery Book)1115
1970/6/15
Poche noire N° 86 Bon etat Edition 1969
Tous ses amis conseillaient Yan de rompre avec Claire. Mais il l'avait dans la peau. II s'entetait. Et puis ce fut la catastrophe.
Il n'eut d'autre solution que de se planquer dans un coin tranquille.
Mais ou le trouver ce coin car ≪Le Fou≫ et son gang sillonnaient le pays. Et la police etait sur les dents.
Yan, bien sur, essayait d'eviter les uns et les autres.
Mais un jour, la rencontre se fit et d'une drole de facon.

ジャンリュック・ゴダール監督『気狂いピエロ』の引用は、戦後のフランスに実在した強盗団のボス、ピエール・ルートレルのニックネーム。ジョゼ・ジョヴァンニのノワール小説『気ちがいピエロ』の主人公「気ちがいピエロ(Pierrot le Fou)」(小説原題は「Histoire De Fou(気ちがいの物語)」)として登場する人物。

ピエールは第二次世界大戦後のロスト・ゼネレーションの時代にパリで大暴れしたシトロエン・ギャングと呼ばれていた実在のギャング団のボス。ジョゼ・ジョヴァンニの著作『おとしまえをつけろ』に初登場した。ジョヴァンニ著『気ちがいピエロ』には『ル・ジタン』にも登場する金庫破りの名人りの名人ヤン・キュックも登場している。

ジャン=リュック・ゴダール「気狂いピエロ」予告編
http://www.youtube.com/watch?v=NV9Bb82Mrqk

映画『気狂いピエロPierrot Le Fou』の原作はライオネル・ホワイト著『十一時の悪魔』でされているが、引用の多いゴダール作品では、場面の幕間やラストシーンではランボーの「地獄の季節」がナレーションされている。映画が総合メディアとしての機能持っていることを美しい映像で表していた。「映画はここまで踏み込んでもいいのだ」と。

2011年5月18日 (水)

ジョゼ・ジョヴァンニ(Jose Giovanni, 1923年6月22日 - 2004年4月24日)

フランスパリ出生、コルシカ島出身。第二次世界大戦中、フランスのレジスタンス運動を支援。戦後ギャングに加わって投獄、戦後犯罪人の増加に対する政府の方針で死刑を宣告されるが、父の尽力により大統領恩赦を受けてまぬがれる。
出所後、小説家として活動。犯罪映画の監督としても活躍。
1960年代からスイスに在住。脳出血のためスイスローザンヌの病院で死去80歳。

interview-de-jose-giovanni
http://www.dailymotion.com/video/x36gmf_interview-de-jose-giovanni_shortfilms

●小説
穴(1958年/Le Trou) 映画『穴』の原作。
おとしまえをつけろ(1958年/Le Deuxieme Souffle)
墓場なき野郎ども(1958年/Classe tous Risques)
ひとり狼(1958年/L'EXCOMMUNIE) ※映画『勝負(かた)をつけろ』(1961年)と『ラ・スクムーン』(1972年)の原作。
気ちがいピエロ(1959年/HISTOIRE DE FOU)
生き残った者の掟(1960年/Les Aventuriers)
オー!(1964年/Ho!)
ル・ジタン(1975年/LE GITAN)
狼たちの標的(年/LES LOUPS ENTRE EUX)Jean Schmitt共著。
復讐の狼(年/Un Vengeur est passe)

●監督
生き残った者の掟(1966年/La Loi du Survivant)
ベラクルスの男(1967年/Le Rapace)
最後のアドレス(1970年/Dernier domicle connu)
Un aller simple(1971年)
ラ・スクムーン(1972年/La Scoumoune)
暗黒街のふたり(1973年/Deux hommes dans la ville)
Ou est passe Tom?(1974年)
ル・ジタン -Le Gitan (1975)
ブーメランのように(1976年/Comme un boomerang)
掘った奪った逃げた(1979年/Les Egouts du paradis)
Une robe noire pour un tueur(1980年)
冒険野郎(1983年/Le Ruffian)
サンデー・キラー(1984年/Le Tueur du Dimanche=テレビ)
狼たちの報酬(1986年/Les Loups entre eux)
La Louve(1987年/テレビ)
Mon ami le traitre(1988年)
L'Irlandaise(1991年/テレビ)
Crime al'altimetre(1996年/テレビ)
父よ(2001年/Mon Pere)

●脚本 黄金に賭ける男(1966)
●原作 冒険者たち(1967年/Les Aventuriers)

2011年5月17日 (火)

アンリ・マティス

フランスのル・カトー・カンブレジに生まれる。はじめ法律家を志すが、1890年、盲腸炎の療養中に絵画に興味を持ち、画家に転向、ギュスターヴ・モローに師事した。
リーダ-的存在であり野獣派(フォーヴィスム)の活動が短期間で終わった後も、20世紀を代表する芸術家の一人として活動を続けた。豊かな色彩をみごとに形体に調和的させることで知られるアンリ・マチス。形体のデフォルメによりあえて静寂を乱すかの様なパブロ・ピカソ(1881-1973)。美術史の中では相反する者同士として語られるが、ライバルであった二人の関係をピカソはいう。
「誰も自分ほどマチスの絵を注意深く見る者はいないし、マチスほど自分の絵を注意深く見る者はいない」

Henrimatisseblue

マティス(色彩理論)
http://www.youtube.com/watch?v=-cv8twYmQeM&translated=1
http://www.youtube.com/watch?v=d5YraT6DfIM&translated=1

零画報 ナンセンスな笑いの画像無意味に近いゼロなアート
アンリ・マティス(Henri Matisse, 1869年12月31日 - 1954年11月3日)
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/henri_matisse_1_8b62.html
 

     拘束されるな
     追従するな
     定規で引いたものには不信を
     直線は胸に抱くな
     個性的であれ
     自由であれ
     創造的であれ
     そして何よりも色彩豊かであれ
     そうすれば何者にも脅かされぬであろう
     なぜなら
     そうしてこそ
     打ち負かされることも
     打殺されることもないからだ

フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー
(Friedensreich Hundertwasser.)

http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/friedrich_stowa_9dbd.html
解決された問題と解決されていない問題があるのではない。
すべての問題は多かれ少なかれ解決されているのだ。

Henri_matisse

放射性物質が首都圏全域を覆うまで

東海地震 浜岡原発爆発なら死者191万人、首都圏は居住不能

地震研究者たちのあいだで「いつ起こってもおかしくない」といわれている、駿河湾沖を震源とする東海地震。京都大学原子炉実験所・小出裕明助教が公表しているそのシミュレーションは衝撃的だ。

浜岡原発で最も老朽化した4号機の爆発を想定。原子炉圧力容器の中に炉心が約半分残っている状態で蒸気爆発が発生し、溶融した炉心部分が格納容器を突き破って東向きに飛散したとすると…。

「原発震災を防ぐ全国署名連絡会」事務長・古長谷稔さんはこう語る。

「被曝が原因で、将来的にがんで死亡する人は東日本全体で約191万人にのぼるというシミュレーション結果があります」

関西方面に風が吹いた場合の死者は約101万人とされる。さらに、放射性物質は、大気に乗れば数百?先まで飛んでいく。

「チェルノブイリ原発事故による土壌汚染の分布を日本列島に当てはめると、首都圏から関西全域が汚染地域となります。より危険なのは“東”。日本列島は西から東に大気が流れやすい。さらに雨が降れば放射性物質が落下して土壌汚染がひどくなるため、数十年以上にわたって人が住めなくなってしまうことも」(古長谷さん)

放射性物質が首都圏全域を覆うまでの時間は、気象条件にもよるが爆発からおよそ8時間だ。

※女性セブン2011年5月26日号
0402

2011年5月16日 (月)

東電は「国民に危険なことを知らせてくれない企業だ」

科学者の日記 110516  福島原発1号機

福島原発1号機の「メルトダウン」の報道は、「これまでのこと、これからのこと」を考えるのに、鋭い断面をえぐり出しました。この1号機のことを解説する前に、多くの方が心配している3号機のことに触れたいと思います。3号機にホウ素を入れたので、「核爆発」の可能性があるということです。

(注1)「ホウ素」という元素が中性子を吸収する.「ホウ酸」というのはホウ素が酸の形になっているということ。化合物としてはいろいろある。
(注2)「核爆発」のことを「臨界を越えた」ということもある。「臨界」とは中性子の収支のことを言っていて、「燃え方」のことを意味しているのではない。表面的なことだけを理解している「専門家」の中には「臨界」という中性子の収支のことと、「爆発」という核分裂状態のことを混同している人もいる。あまり大した差異ではない。
ですから、原子炉が破壊されていない状態でホウ素を投入するというのはかなり危険な状態を指しているが、今や3号機はかなり損傷しているので、今回、投入されたホウ素は「ごく小さい核爆発も止めたい」ということであり、問題はありません。

「ホウ素が注入されたが、逃げなくてもよい」ということです。
安心してください。

福島原発は、これまで「60京ベクレル」というものすごい量の放射性物質を出していて、今はその1万分の1です。仮に、福島原発で小さな核爆発が起きても、これまでに余りに多い放射性物質が出たので、それに比べるとたいした事はない(身近な放射線量が急に増えることはない)ということです。奇妙なことですが、最初の一撃が大きかったので、すべて非常識に進んでいます.

・・・・・・・・・
ところで福島原発1号機が「メルトダウン」していたということで、今朝(2011年5月16日)の新聞、テレビは大騒ぎになっています.
でも、私は次のようなコメントを昨夜、あるテレビ局でしました(時間は後に調べて追記)。

1) 報道が「東電の発表」を信じるのは奇妙だ。
2)1号機の燃料が破壊されているのは、3月下旬に判っている。
3)日本の報道が、このことを報道しなかったのは「事実」より「正式な発表」を重視するという習慣のためだ。
4) 専門家は、水の循環ができなくなると、発熱量、水の蒸発熱、熱容量、燃料の融点や力学的性質などから、破壊までの時間を計算できる。
5)従って、東電は3月11日午後4時36分に注水が出来なくなった時点で、午後7時30分には燃料が露出すること、午後9時には燃料が融点に達することの計算を終わっていた。
6)外からデータを得ている一般の専門家(私など)は、「注水は部分的にしか出来ないから、数日中には燃料は破壊される」ということだけは判る。
7)12日午後3時36分、水素爆発を起こしているが、1)から6)までのことが起こっているのが判れば、水素の発生量が判り、圧力から格納容器、建屋の水素量の変化が計算できるので、火源があれば、12日の午後には水素爆発が起こることを計算していたと考えられる.
8)水素爆発で大量の放射性物質が漏洩するかどうかは、原子炉の破壊状態によるが、かなり危険だったことは東電は判っていた。

このコメントは時間枠もあって、あまり放送されないと思います。

また、今日(2011年5月16日)の朝、ある放送で次のコメントをしました。

1)菅首相が斑目原子力安全委員長と福島原発を視察した時にはすでに1号機は破壊に向かっていた。
2)菅首相は東京に帰った後「原子炉は大丈夫だ」と言っている。
3)このことは、菅首相がウソを言ったか、斑目委員長が間違ったか、それとも福島原発の吉田所長が事実を伝えなかったかである。
4)いずれにしても誰かが原子力基本法の公開の原則を破っている。
5)1号機の燃料が破壊されていることが判った(メディアが昨日、判った)ことによって、工程表は変わらない.その理由は東電は工程表を作成するときに、すでに1号機の燃料が破壊されていることを知っていたから。
6)もし東電が1号機のことで工程表を替えたなら、東電は2重のウソをつくことになる.
これも時間枠の制限で、詳しくは放送されませんでした。
私は昨夜からなんとなく違和感を感じていて、この違和感が何によるのか考えていました。

今朝、それが判ったような気がします.

1)日本のメディアは「事実」より、「公式発表」を重んじる.
2)すでに3月末には原子力学会始め、多くの専門家が「1号機の燃料は破壊されて原子炉の下に落ちているだろう」と言っていたが、「民間の専門家の言うことだから」ということで報道しなかった(のではないか)。
3)そして、東電が発表すると(事実としては取材の結果、知っていたのに)「メルトダウンしていた!」とビックリして見せた。
4)このような「お上主義」、「形式主義」が、日本人や日本文化に特有なことか、または最近の日本人の傾向かは今後、考えて行きたい。
5)東電は「国民に危険なことを知らせてくれない企業だ」ということがわかった。

これから一つずつ、解きほぐして行きたい.
(平成23年5月16日 午後1時 執筆)

武田邦彦公式ブログ
http://takedanet.com/

「ホウ素」という文字が出てきたら、逃げる準備が必要

=転載開始=
3号機にホウ酸注入 核反応抑制へ1・2号機でも準備 2011年5月15日22時38分

東京電力は15日、福島第一原発3号機に、核反応を抑えるホウ酸を水に混ぜて注入した。1、2号機でも準備している。ホウ酸は原子炉内で連鎖的な核反応(臨界)を抑える効果がある。事故発生直後にも入れたが、炉心を冷やすための注水でホウ酸の濃度が薄まっていると考えられ、念のために足すという。

 3号機は原子炉圧力容器内では今は臨界は起こっていない。しかし核燃料の余熱によるとみられる温度は安定していない。圧力容器の下部温度は15日正午現在で139度。一時上昇するなど変動が続いている。

=転載終了=

Houso_2

Houso_2

------------------------------------------------------------------------

内閣府原子力委員会専門委員ブログ4月7日記載。
原発 緊急情報(51) 窒素を入れた理由と影響
http://takedanet.com/2011/04/51_93ed.html

「ホウ素」という文字が出てきたら、逃げる準備が必要です.

武田邦彦公式ブログ
http://takedanet.com/

2011年5月15日 (日)

神を見た犬 (光文社古典新訳文庫) ディーノ ブッツァーティ

カルヴィーノと並ぶ現代イタリア幻想文学の巨匠ブッツァーティの異色短編集。

311

【髪を見た犬】不信心な住民ばかりのティスの村のはずれにやってきた隠修士は犬を連れていた。隠修士が亡くなった時、彼の住んでいた庵は光に包まれる。村人達は隠修士の犬ガレオーネが神を見たと思い、やがてガレオーネの視線に神を感じ始める。
「あの犬は人間の言葉がわかるなんてこともあり得る」
犬が町から姿を消してしまうあいだ、村人のさまざまな憶測や誹謗は読者と犬にまで聴きとられている。
犬のおかげで馬鹿になっているのに、知的になっていると錯覚する。そのうち村からさまざまな犯罪行為がなくなり、束間の安寧の日々が訪れた。
村人の心の裡では悪事を働きたいという思いが湧きでてきて、誘惑に駆られて我慢できなくなる。
良い子にしているうちは、村人たちのこれまでの不良としての生き方を否定してしまうことになるのが耐えられないのであり、逆に悪い行為をしてしまえば犬に畏怖をかんじていたことを認めてしまうことになる。――しかし運命論に縋るしかなかったとしても、沈黙の時間は犬にたいしての弔いの時間だった。

【七階】時ュゼッペ・コルテが療養所に着いたのは三月の朝。初期症状だが念のため医者に薦められて入所することになった。最上階の7階に落ち着いたコルテは病状によってフロアが分けられていることを聞かされる。7階はごく軽い病状の患者たち。6階は重症ではないものの、決して侮るわけにもいかない患者たち。以下、1階ともなると一縷の望みもなくなる、という。医者によると病状は順調で、2、3週間もすれば退院できるという。

或る日、看護婦が内々と相談を持ちかけてきた。どうしても空きがなく部屋を代わって欲しい。実は、6階の部屋を一時的に使って欲しいのだが…驚き断る。いつしか言いくるめられ6階へと移る。あくまで一時的なもので、コルテの病状は何も変わっていないはずだったが…。
医者や看護婦ら様々なシンボル、最上階から下層へと辿る「神曲」のモチーフ。何故七層なのか、やはり七日で創造されたからには七日で滅びて行くのか。二重三重に張り巡らされたシナプスを電撃が伝播するレベルセブンより顛末の奈落へメルトダウンする。

「天地創造」「コロンブレ」「アインシュタインとの約束」「戦の歌」「七階」「聖人たち」「グランドホテルの廊下」「神を見た犬」「風船」「護送大隊襲撃」「呪われた背広」「一九八〇年の教訓」「秘密兵器」「小さな暴君」「天国からの脱落」「わずらわしい男」「病院というところ」「驕らぬ心」「クリスマスの物語」「マジシャン」「戦艦《死(トート)》」「この世の終わり」の22の短篇が収録。すべて現代日本に脚色して読めます。正しい理解で豊かなくらし。

D・ブッツァーティ  
1906-72年。イタリアの作家。幻想的で不条理と不安を暗示する作風は「カフカの再来」と言われる。代表作『タタール人の砂漠』『七人の死者』『待っていたのは』『スカラ座の恐怖』等

漂流 本から本へ

筒井康隆のつくり方が、ここに明かされる! のらくろ、乱歩、西遊記、ウェルズ、イプセン、クリスティ、フロイド、セリーヌ、ヘミングウェイ、カント、ハメット、三島、川端、大江、マルケス、ハイデガー……生まれて初めて手にした書物から、創作活動の源泉となった小説、戯曲、哲学、漫画まで、著者自らの半生を追いながら、同時代に触れた書物の来歴を惜しみなく開示する自伝的書評集。

Bookbook

《作家・筒井康隆》がどのようにしてかたちづくられたかが、よくわかる。大江健三郎が「筒井康隆のつくり方」と本書を推薦している。来歴交友関係などがよくわかる。じつにさわやかである。

筒井氏が挙げている本は以下のとおり。

田川水泡『のらくろ』、江戸川乱歩『少年探偵団』、弓館芳夫訳『西遊記』、ボアゴベ『鉄仮面』、謝花凡太郎・画『勇士イリヤ』、手塚治虫『ロスト・ワールド 前世界』、マン『ブッデンブロオク一家』、サバチニ『スカラムッシュ』、ウェルズ『宇宙戦争』、宮沢賢治『風の又三郎』、坪田譲治『子供の四季』、江戸川乱歩『孤独の鬼』、デュマ『モンテ・クリスト伯』、夏目漱石『吾輩は猫である』、メリメ『マテオ・ファルコーネ』、バイコフ『牝虎』、アプトン・シンクレア『人われを大工と呼ぶ』、イプセン『ペール・ギュント』、イバーニェス『地中海』、アルツィバーシェフ『サアニン』、ショーペンハウエル『随想録』、ケッラアマン『トンネル』、チェーホフ『結婚申込』、ズウデルマン『猫橋・憂愁夫人』、飯沢匡『北京の幽霊』、高良武久『性格学』、福田恒存『堅壘奪取』、ヘミングウェイ『日はまた昇る』、クリスティ『そして誰もいなくなった』、フロイド『精神分析入門』、井伏鱒二『山椒魚』、メニンジャー『おのれに背くもの』、横光利一『機械』、ハメット『赤い収穫』、カフカ『審判』、カント『判断力批判』、フィニイ『盗まれた街』、三島由紀夫『禁色』、ブラウン『発狂した宇宙』、シェクリイ『人間の手がまだ触れない』、メイラー『裸者と死者』、ディック『宇宙の眼』、セリーヌ『世の果ての旅』、ブーアスティン『幻影の時代』、生島治郎『黄土の奔流』、リースマン『孤独な群集』、川端康成『片腕』、東海林さだお『トントコトントン物語』、ル・クレジオ『調書』、オールディス『地球の長い午後』、つげ義春『ねじ式』、ビアス『アウル・クリーク橋の一事件』、阿佐田哲也『麻雀放浪記』、新田次郎『八甲田山死の彷徨』、山田風太郎『幻燈辻馬車』、コルタサル『遊戯の終り』、大江健三郎『同時代ゲーム』、トゥルニエ『赤い小人』、イーグルトン『文学とは何か』、ディケンズ『荒涼館』、フライ『批評の解剖』、マルケス『族長の秋』、ドノソ『夜のみだらな鳥』、丸谷才一『女ざかり』、ハイデガー『存在と時間』

全部ライトに面白く解説されて素晴らしい。
漂流 本から本へ 記事一覧
http://book.asahi.com/hyoryu/

2011年5月14日 (土)

フィリップ・K・ディック『宇宙の眼』

 ビヴァトロン工場の事故で、見学に来ていた八人の人間が、乗っていた観測台の上からビヴァトロン室のフロアに転落する。主人公である電子工学研究所員のジャックも、その妻のマーシャも見学に加わっていたため、災難に遭う。八人は放射能障害を受けてその場に倒れたままとなる。

 病院で気がついた主人公は妻から、誰も死ななかったということを聞かされ、日常生活に戻る。だが次つぎと不思議なことが起る。家の中にいると頭の上からイナゴの大群が降り注いだり、金属の護符で疵に触れるとたちまち治ってしまったりする。そしてこの世界が、何やら怪しげな宗教によって支配されているらしいことを知る。えんえんと奇怪な事象が起るうち、この世界があの八人の中にいたアーサー・シルヴェスターという狂信的な退役軍人の精神世界であることがわかってくる。主人公が傘の柄につかまったままで天空に上昇し、矮小な太陽が自転するのを見、自分を凝視している巨大な神の眼に遭遇するところなどはシュール・レアリスムの極みだ。

 やっとその世界から脱け出した主人公たちは次に、イーディスという中年婦人の精神世界に入ってしまう。友愛に満ちた甘ったるい世界だが、馬がズボンを穿いていたり、警笛が消えていたり、新聞には婦人欄しかなく、さらに女性からは性器が消え、ウィスキーが消え、イーディスの嫌うものはすべて消えてしまう。ついには空気まで消えてしまい、やっとその世界からの脱出が叶う。だが今度はさらに恐ろしい、ミス・リイスという偏執的なオールドミスの世界に入ってしまう。食物はすべて毒であり、水道からはどろどろの血が噴出する。家そのものが生きものと化し、主人公たちはゆっくりおりてきた天井に噛まれそうになる。

 こうして何人かの精神世界を経巡ったのちに、やっと正常な世界に戻るのだが、今までのいきさつから、これとて主人公の内的世界ではないのかという疑問を読者に残して物語は終る。(筒井康隆)

◇「本から本へ」に書かれた筒井康隆による多元宇宙SFの要約は簡潔で、面白い要素を見事に書き出していると思う。ディックの『宇宙の眼』における超絶な発想を、未読の人に伝えることは困難に近いからである。

筒井康隆さんの公式サイト
http://shokenro.jp/shokenro/

7341

『虚空の眼』(宇宙の眼) Eye in the Sky
Philip Kindred Dick(1957年)

『高い城の男』The Man in the High Castle
http://koinu2005.seesaa.net/article/141495334.html

カンディンスキーと青騎士展

Kandinsky1

ミュンヘン市立レンバッハハウス美術館は、20世紀初頭の革新的芸術運動「青騎士」グループの世界的コレクションで知られています。

19世紀末のミュンヘンには、ドイツ美術における最重要拠点として多くの芸術家たちが集っていました。その中には、モスクワからやってきて、後に「青騎士」グループの中心的人物となるヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944年)もいました。1901年に芸術家集団「ファーランクス」を仲間たちと立ち上げたカンディンスキーは、翌年、画学生として入学したガブリエーレ・ミュンター(1877-1962年)と運命的な出会いをします。親密な仲となった二人は、オランダ、チュニジア、パリなど各地を歴訪した後、1908年、ミュンヘンに戻って生活をともにするようになります。

1909年、ミュンターがムルナウに家を構えると、後に「青騎士」と称される芸術家たち、アレクセイ・ヤウレンスキー(1864-1941年)、マリアンネ・フォン・ヴェレフキン(1860-1938年)、アウグスト・マッケ(1887-1914年)、フランツ・マルク(1880-1916年)らが集い、活発な芸術討論の場となります。

「青騎士」グループの芸術革新は、1911年、「ミュンヘン新芸術家協会」の展覧会でカンディンスキーの作品《コンポジションⅤ》が拒絶されたことを機に始まりました。ミュンターやマルクらは、後に「第1回青騎士展」とよばれる独自の展覧会を開催するため協会を脱退します。1911年末、タンハウザー画廊で開催された展覧会は、時代を象徴する衝撃的な出来事として注目されました。彼らの急進的な芸術理念を発表する場として、カンディンスキーとマルクが中心となって夏から進めていた年鑑出版の計画も、翌1912年『青騎士』年鑑として結実します。こうした「青騎士」グループの活動により、ミュンヘンは国際的芸術アヴァンギャルドの都市として一躍脚光を浴びることとなりました。

こうして、「青騎士」グループが今まさにこれから、という1914年、第1次世界大戦が勃発します。マルクとマッケが若くして戦場に散り、カンディンスキー、ヤウレンスキー、ヴェレフキンがドイツから去って、一夜にしてこの希望に満ちた芸術活動はミュンヘンから失われてしまいました。グループの離散により一人残ったミュンターは、ナチスドイツが台頭する困難な時代にも仲間たちの作品を守り続け、80歳になった1957年、手元に残っていたきわめて価値の高いカンディンスキーの作品、「青騎士」グループの画家たちの秀作、そして自身の作品をミュンヘン市とレンバッハハウス美術館に寄贈します。

この展覧会は、レンバッハハウス美術館の全面的協力により、日本では初めて「青騎士」グループの活動を本格的に紹介します。カンディンスキー、ミュンター、ヤウレンスキー、ヴェレフキン、マルク、マッケ、パウル・クレーの油彩など60点を中心に、貴重な資料や写真を展示して、わずか10数年で戦火に飲まれた「青騎士」の活動を検証します。

兵庫県立美術館
2011年04月26日(火) ~ 2011年06月26日(日)
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1104/index.html

20110328kandinsky

2011年5月13日 (金)

朝コップ一杯の水が命を守る

 朝起きたとき、コップ一杯の水を飲む意味は大きい。その理由は、コップ一杯の水は命にかかわる。 普通、早朝には人は体の水分が減少し、脱水状態寸前になっている。寝ている間に汗をかいているし、朝は老廃物を含んだ尿を排泄する。一日中でもっとも体の水分が少なくなっている。

 人体の成分のうち最大のものは水分。体のいろいろな機能を働かすために大きな力をもっている。早朝は体内に限界すれすれの状態に近く、血液中の水分が減少している。血液中の水分含量低下の結果、血液は粘性を高める。粘っこくなった血液は、流れが悪くなり、血管に細いところがあれば固まりとなって血栓を生ずる。心筋梗塞や脳梗塞などの原因となる。

 心筋梗塞の発生時刻は午前四時から午前十時の間に集中している。理由は血液中の水分が減少し血液が粘っている。これを避けるには、コップ一杯の水を飲んで血液を薄めることが大きな力をもつ。

 朝一杯の水を飲めば、すぐに体内に吸収され、血液が薄まって、粘っこさがなくなる。血栓ができ心筋梗塞などを起こすおそれが大幅に減少する。

 起きがけでなくても、早朝にふと目ざめてトイレにいって排尿した場合も、やはりコップ一杯の水を補給しておくことが必要である。水の刺激は鎮静作用があるから、そのまま目がさめてしまうこともなく、再び十分に睡眠をとることができる。したがって、朝起きたときの感じも爽快である。

 朝は体が一日の活動を始めるために、血圧が上昇する時間帯であり、血管に負担がかかりやすい。就寝前と起床後にコップ1杯の水を飲むこと。就寝前の水は昔から宝水といい健康によいとされてきた。これは就寝中に汗として排出された水分をすみやかに補うことを古人たちは知っていたからである。汗をかくとカリウムやマグネシウムなども失われるので自然水が適切であろう。

2011年5月12日 (木)

「家庭用発電機」と「自家発電機」

0001 0005

東北・東日本大震災による停電で、
電気の無い生活を余儀なくされ
一気に発電機の需要が高まりつつある。

家庭用発電機は小規模な発電機を指す事が多く、
自家発電機だと家庭用発電機よりも少し規模が大きいもの。

2011年5月11日 (水)

珈琲や緑茶を食事中に飲んではいけない

朝に茶を飲みながら食事をとることがある。
タンニンを含んだ珈琲や紅茶や緑茶を食事と一緒にするのは鉄分の吸収を悪くする。貧血の原因となる。
これに対してクエン酸の含まれた梅や柑橘などをとともにすると鉄分の吸収がよくなる。
クエン酸やアスコルビン酸は、食べ物の中の鉄分を溶かして吸収しやすい状態にする。ビタミンCは鉄が酸化して吸収されにくくなるのを防ぐ作用もある。

タンニンは鉄と結合して吸収されにくい形になる。食事をしながら珈琲や茶の類を飲むことは、鉄分の吸収によくない影響を与えるのである。女性は生理があるため貧血になりやすい。男性よりも二割ほど鉄分を多く必要とする。

珈琲や茶の類は絶対よくないのかというとそうではない。タンニンを含んでいても、食後に飲めば鉄の吸収を妨害することはない。食べてしまった食物と、食後の飲料が混ざることはない。

胃の中に入った食物は、胃壁から層状にたまっていく、それが順次消化されていく。初めに食べたものと、後に食べたものとが、均一に混合してしまうことはない。そのため、食後に飲むコーヒーや茶の類は影響を与えない。
食後に飲むコーヒーや紅茶、緑茶などは、食後感をすっきりとさせる。カフェインには代謝を高め、頭をすっきりさせる働きがある。この作用により胃液の分泌も高まる。その結果、食べたものの消化がよくなる。その点からも、食後に飲む方がよい。

しかし食前にカフェインの多い飲み物を飲むと、交感神経を興奮させるため食欲が低下する。同じ飲み物でも、何時どのように飲むかというタイミングが大切である。

2011年5月10日 (火)

20世紀美術界の謎、ヘンリー・ダーガーの「虚と実」に迫る

20世紀アメリカ美術における最大の謎ともいわれるヘンリー・ダーガーの人生と創作に迫る企画展『ヘンリー・ダーガー展 ~アメリカン・イノセンス。純真なる妄想が導く「非現実の王国で」』が東京・ラフォーレミュージアム原宿で開催中。

Henrydarger

アウトサイダーアートの代表的な作家として知られるダーガーが手がけた叙事詩的小説『非現実の王国で』は、彼の死後に下宿先の大家夫妻によって偶然発見された作品。そこには子供を奴隷として虐待する暴虐非道な男たちを相手に、壮絶な戦いを繰り広げる7人の美少女姉妹の物語が、計15,000ページ以上にわたり綴られていた。天涯孤独に生きたダーガーは約40年の間、誰にも知られることなく、数百枚を超える挿絵と共にこの作品を紡いでいたとされている。

最新の研究成果のもとに未だ全容が解明されていない作品『非現実の王国で』と、作家自身の知られざる実人生の2つの謎を解き明かす企画展。会場は、ダーガーの幼少期にフォーカスをあてる「Early Days」、ダーガーが興味を抱いていた事物を紹介する「Archeology of Henry Darger's Room」、本邦初公開作品も含む『非現実の王国で』の挿画64点を展示する「Welcome to the Realms of the Unreal」、自叙伝と遺品6点を紹介する「History of My Life」、様々な分野の著名人から寄せられたコメントを通じてダーガー像に迫る「Hommage」の5つのセクションで構成される。

Henrydarger_2

『ヘンリー・ダーガー展 ~アメリカン・イノセンス。純真なる妄想が導く「非現実の王国で」』

2011年4月23日(土)~5月15日(日)
ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6階)
http://www.laforet.ne.jp/

ヘンリー・ダーガーの謎
http://www.henry-darger.com/

2011年5月 9日 (月)

なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害

(プレミア健康選書)フランク・オスキー (著)

本来、子牛の飲み物である牛乳は、アレルギー、下痢、胃けいれん、虫歯、虫垂炎を引き起こす。
あるいは、心筋梗塞、脳卒中、がんのリスクを高める――。
医学界、酪農・乳業界のタブーに挑戦し、米国で読み継がれているロングセラーの日本版。

以前は「完全栄養食品」と呼ばれ、体によいとされてきた牛乳。しかし、研究がすすみ、
医療の現場でわかってきたことは、牛乳は体によくないという現実であった。
「牛乳の糖質は、消化器症状を引き起こす」
「牛乳のたんぱく質は、アレルギー体質をつくりやすい」
「牛乳の脂質は、心筋梗塞、脳卒中、がんのリスクを高める」
「カルシウム源として不適切」など、
さまざまな健康被害の実態が明らかになってきた。
アメリカ医学界の権威がこの驚くべき事実をひとつずつ、やさしく解説している。

本書の最終章で、以下のように結ばれている。
「全国民の牛乳の健康被害についてしっかり教育を受けるとき、
牛乳を飲むのは子牛だけになるでしょう。
牛乳というのは、あくまで子牛のための飲み物ですから」

牛乳を飲むのは体によいと信じている方はぜひ一読してほしい一冊。

牛乳には危険がいっぱい!
――テレビ、新聞では報道されない真実
○鉄欠乏性貧血を引き起こす
○青少年の精神面に悪影響を及ぼす
○牛乳アレル

■放射線リスク欧州委員会クリス・バスビー氏が助言「牛乳は決して飲まないこと。」
http://infosecurity.jp/archives/8469

2011年5月 8日 (日)

『パウル・クレー展 おわらないアトリエ』

2011年5月15日(日)まで京都国立近代 美術館で開催中。
2011年5月31日(火)から7月31日(日)まで東京国立近代 美術館で開催。

Photo

スイス生まれの画家パウル・クレー(Paul Klee, 1879-1940)は、長らく日本の人々に愛され、これまでにも数多くの展覧会が開催されてきました。「創造の物語」や「旅のシンフォニー」または「線と色彩」などの副題が示すように、作品の物語性や制作上の理念が詩情豊かに詠われたそれら展覧会は、多くの人々にクレー芸術の魅力を伝える大きな役割を果たしました。このたび、京都と東京の国立近代美術館で初めて開催されるクレー展では、今までの展覧会成果を踏まえた上で、これまでクローズアップされなかった観点、「クレー作品が物理的にどのように作られたか」について考えます。  
クレーは1911年から終生、制作した作品のリストを作り続けました。1883年、画家4歳のときの作品を手始めに約9600点もの作品からなるこのリストには、作品のタイトルだけではなく、詳細な制作方法が記載されていることからも、「どうやって作ったか」は、この芸術家にとって極めて重要な関心事だったのです。その「制作プロセス」を、クレーは、アトリエ写真という形で記録に留め、自ら「特別クラス(Sonderklasse)」とカテゴリー分けした作品を模範作品として手元に置くことで、反芻し続けました。  
ベルンのパウル・クレー・センターが所蔵する作品を中心に、日本初公開の作品が数多く含まれる約180点で構成される本展覧会では、このアトリエ写真で記録された作品そして「特別クラス」という模範的作品を紹介する章と、制作上の具体的な技法を検証する章からなる6つの章によって、クレー芸術の創造的制作過程を明らかにすることを目指します。クレーは、芸術そして芸術家の理念的なあり方だけではなく、芸術が、とりわけ芸術家の手によって、具体的にどのように作られるかを、生涯にわたって追求し続けました。この彼の問題意識を検証することは、レディ・メイド誕生以降今日にいたる芸術の諸相を 考える上で、新たな生産的批判的視座を提供してくれるものと考えます。
http://klee.exhn.jp/

パウル・クレー画像
http://www.youtube.com/watch?v=CzkwPUR2onk

2011年5月 7日 (土)

「神戸震災日記」 田中康夫/著

Sinsainiki

何かしろ、何ができる? ――愛着ある街の悲報に接して、作家は現地に駆け付けた。バイクに跨がり、水、下着、化粧品などを直接手渡す。そして見えてきたのは、マスコミや企業の偽善、被災者の心を汲みとれない知事や市長の体温の低さだった。その後もテント村や仮設住宅に通い続けて、何ひとつ震災前と変わらぬまま封印されてゆく現代日本の病巣までを焙り出した渾身のレポート。

Hansin

2011年5月 6日 (金)

「原発あかんデモ+被災者支援募金」

05.07 “THINK FUKUSHIMA+WALK” IN KOBE

・脱原発、原子力発電について考え、声をあげよう!
・被災地の方々に贈る募金活動も行ないます。
・デモ初めてという人こそ気軽に参加してください!
・コスプレ、プラカード、鳴り物歓迎します。

311

日程:2011年5月7日(土)
時間:14時集合、15時出発~17時
集合場所:東遊園地
予定コース:東遊園地→センター街→元町→メリケンパーク(流れ解散)
主催:”THINK FUKUSHIMA+WALK” IN KOBE 実行委員会

呼びかけ文→http://0507nonukekobe.tumblr.com/post/4743693608/think-fukushima-walk

詳細 : http://0507nonukekobe.tumblr.com/
問い合わせ先 : think.fukushima@gmail.com (横山)

2011年5月 5日 (木)

Androidでつくる鉄壁の守備

Androids

Androidはこれまでのビジネスの概念でいうところの「製品」ではありません。それのみで「経済的な城」を建てる計画はないからです。Google本陣の巨大な城の資源をもとに開発されている、とても高価で野心的な「お堀」なんです。つまり、AndroidにおけるGoogleの狙いは実は攻撃にではなく守備にあるのです。Androidで利益を出すつもりはありません。Googleは自分たちとユーザーの間にあるものを取り除き、全て無料にしようとしているのです。それでは足らず、Androidを使ってくれる会社には広告枠のサービスまでしているみたいです。もはや無料以下ですね! Googleとユーザーの間にあるソフトウェアには一切変動費がかからないので、これはとても効果的な守備戦略と言えるのではないでしょうか。そしてGoogleはこの守備戦略を的確に実行しています。Androidを使用する通信事業者やメーカーには「AppStore」という市場を通してビジネスができる機会を与えています。

フリーソフトが必ず勝つ!
http://www.gizmodo.jp/2011/04/googleandroid.html

GoogleがAndroidで築き上げるつもりの

新たなデジタル城下町のコンセプトは

「肉を切らして、骨を打つ」でせうか。

さかざきちはる展2011

日程:5月7日(土)から6月6日(月)まで
会場:有隣堂アトレ目黒店

Sakazaki

出展予定品
<額絵・ポスター>
○原画 ○プリント画 ○ポスター
<陶磁器>
○コーヒーポット&ドリッパーセット  ○コーヒーカップ&ソーサーセット
○ケーキ皿  ○ミルクピッチャー  ○カフェトレー  ○ペントレー
<小物>
○アクリル根付  ○アクリル人形  ○マグネット  ○てぬぐい ○メガネクリーナー 
○折り紙  ○ピクチャーシール  ○メッセージカード  ○クリアファイル

Suica E0000027_1175747

さかざきちはる公式HP☆http://sakazakichiharu.com

☆美術企画:一蝶美術☆
ブログ「一蝶さんのアトリエ便り」http://ribontyoutyo.blog33.fc2.com/

Penguin2011

テレビまんが『昭和物語』放送

今年劇場公開された「昭和物語」が、テレビシリーズ全話放送された。
http://www.youtube.com/embed/6g_fSgrmjys

業界初のシニアをターゲットにしたアニメ作品。昭和39年の高度成長期に沸く東京を舞台として、テーマは「家族の絆」と「日本のものづくり」。製作には4年半をかけ、60歳以上の層でも見やすいような判り易さとゆったりとした内容。
二度とは戻らぬ懐かしい街並みや、昭和の日常の生活などがキメ細かく再現されている。挿入歌は『長生きチョンパ』楠トシエ『アスパラで生き抜こう』『あゝ上野駅』井沢八郎『VACATION』弘田三枝子『忍者部隊月光の歌』渡辺宙明『スーダラ節』植木等『海行かば』『炭坑節』など昭和を代表する歌謡曲。

テレビまんが『昭和物語』(各30分)
第1話 昭和三十九年元旦
第2話 二十歳・太一の失恋
第3話 クレイジーな大冒険 
第4話 春よ来い
第5話 小遣いとキャッチボール
第6話 最悪な子供の日! 
第7話 ゆれる恋とプールサイド
第8話 離婚防衛軍
第9話 爺ちゃんの幽霊!?
第10話 夏休みの終わり 
第11話 ねえちゃんの星空
第12話 秋風が泣いた、別れの日
第13話 ボクたちのオリンピック 

兵庫県 サンテレビ 2011年4月3日 - 6月26日 日曜 22時00分 - 22時30分 
神奈川県 tvk 2011年4月4日 - 7月4日 月曜 18時30分 - 19時00分 
埼玉県 テレ玉 2011年4月9日 - 7月2日 土曜 13時00分 - 13時30分 
千葉県 チバテレ 2011年4月4日 - 6月27日 月曜 11時30分 - 12時00分 
三重県 三重テレビ 2011年4月16日 - 7月16日 土曜 13時00分 - 13時30分 
京都府 KBS京都 2011年4月17日 - 7月10日 日曜 22時00分 - 22時30分 

シリーズディレクター - 村上匡宏
監修 - 菅野哲夫 助監督 - 石倉賢一
シリーズ構成 - 平野靖士
絵コンテ - 浜津 守 石山タカ明 鈴木卓夫 
キャラクターデザイン・総作画監督 - 柳野龍男
美術監督 - 脇威志 色彩設計 - 藤木由香里
音響監督 - 本田保則 音楽 - 林魏堂

制作プロダクション - ワオワールド
製作 - 昭和アニメーション製作委員会

テレビまんが『昭和物語』公式サイト
http://www.showa-movie.jp/
http://www.youtube.com/user/MemoriesofFamilies?feature=mhum#p/u/0/yppwuJKZp1s

公式スタッフブログ『制作関係者の昭和物語よもやま話』
http://blog.livedoor.jp/showamoviestaff/

2011年5月 4日 (水)

tree of life 生命の樹

Treeoflifebyjendelythn

●放射能の植物への移行は、放射能が大気中から地表に沈着する時に、併行して植物に沈着・移行する直接移行と、地中から根を経て吸収される間接移行がある。
 大気中からの放射能が植物を経由して人間に移行する主要な経路は、欧米では、大気→牧草→牛→牛乳と考えられており、わが国では、大気→穀類・葉菜→人間と考えられている。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-01-03-03

●第三の眼をもつ楽団 THIRD EAR BAND
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/third_ear_band_2c5f.html

2011年5月 3日 (火)

電子書籍

1 紙と電子書籍の違い

 紙の書籍と電子書籍には根本的な差異がある。テキストは本質的に一次元的なものである。これを紙の本にした時はページレイアウト、表や図の挿入などがあって二次元世界のものとなる。したがって紙の書籍は本質的に一、二次元世界しか表現できない。

 これに対し、電子書籍の場合ほ挿入される図は動かすことができるし、写真の代りに映像を入れることができる。またテキストの内容に沿った音を入れたりすることも可能であるから、動的、時間的という軸が導入されたことになり、本質的に三、四次元世界が取り扱える。このように紙の書籍と電子書籍とでは表現能力に根本的な違いがあり、全く違う表現力をもったメディアと考えるべきなのである。電子書籍を紙の書籍を単に電子化した範囲で考えていてはならない。

Dscn13401

2 書籍の解体と利用

 多くの書籍には目次や索引がついている。したがって目次によって書籍をツリー状に構造化することが容易に出来るし、また索引によって、ある言葉の存在するテキスト部分を指示することができる。例えば目次の章のタイトルに単語Aが含まれ、その章の↑の節のタイトルに単語Bが現れるようなテキスト部分だけを取り出すことができる。また索引から単語CとDが同時に含まれるパラグラフだけを取り出すといったことも可能となる。

 学術論文を書くときには、どのような章だてで書くかを構想し、その構想の各部分に必要な過去のいろんな人のいろんな出版物の関係する部分のみを切り出して来て自分の構想、主張の中に適当に(変形して)埋め込むことによって新しい創作物を作ることが可能である。つまり書物を解体し必要なところを取り出して利用することができる。これは、いわゆる編集工学に属する考え方である。このようにして作った作品にも十分な創造性を認めることができるわけで、様々な資料に容易にアクセスできる電子図書館をうまく利用する一つの方法である。これほ電子図書館だからこそより効率的にできることであり、紙の図書館の場合には非常に困難なことである。関連する電子書籍をリンクして順次取り出せるようにすることなどもできるから図書館の活用度は非常に向上する。

Dscn13372

3 電子書籍のインタラクティブ性

 電子教科書を考えよう。たとえば物理の教科書などでボールを投げたらどのような軌道を描いて飛ぶか、といったことは式によって表現される。この時どの角度でどの初速度で投げればどこまでどのように飛ぶかは教科書の中で式の計算から動的にグラフィカルに見せることができる。これを教科書の中で種々の条件で生徒に実験させることでボールの弾道の特徴を把握させることが可能となる。また算数、数学の演習問題を電子教科書のタブレットの上で解答させることによって、答が正しいとか、解答の途中のどこで誤ったかを指摘し、その時の誤解はどこから来るものかを教えるといった高度のアドバイスも可能となるだろう。このように教科書の中に埋め込まれた人工知能的プログラムと生徒との対話、コミュニケーションによって、先生に教わることをよりよく補うような電子書籍も遠い将来できるに違いない。

Dscn13381

4 電子書籍の未来

 電子書籍は紙の本とは全く違った全く新しい世界の可能性を持つものであり、著者や出版社はこの新しい世界に勇気をもって入ってゆかねばならない。そうしなければ米国の先進的なべンチャーが将来作るであろぅこのような電子書籍に日本は完全に制覇されてしまうだろう。幸いなことに世界中でこのような可能性にっいてはまだ誰も気づいていない。今のうちに日本がしっかりと頑張れは世界をリードすることが可能である。これには国として人工知能研究者を結集して研究開発させるなどの支援をすることも必要となるだろう。
 しかし、三次元、四次元世界を扱う電子書籍を作ろうということになれば、他人の三次元、四次元資料をいろいろと使わねば実現できないので、著作者、出版社自体が現在の制約の強い著作権の壁にぶつかるのでぁる。このような壁を打破して、自由に今までになかったすばらしい三、四次元世界を十分に駆使した著作物を作るために、著作者、出版社自体が時代に適合した新しい著作権のあり方を提唱しなければならなくなるのではないだろうか。

長尾真( 国立国会図書館長)

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

岡田斗司夫 (著)

◆目次
第1章:貨幣経済社会の終焉
第2章:パラダイムシフトの時代
第3章:評価経済社会とは何か?
第4章:幸福の新しいかたち
第5章:新世界への勇気

20110502

はるか一万年前の始代から遡り、過去に起こったパラダイムを検証している。「豊富なものをたくさん使うことを格好良いと感じる美意識により、パラダイムシフトは加速する」
◆パラダイムシフトの分析
始代:モノ否定、精神性優位の文化 ⇒農業革命
古代:モノ余り、領土・エネルギー不足 ⇒「モノへの関心・欲求」が否定的イメージへ変化
中世:モノ不足、時間余りの時代 ⇒産業革命
近代:モノ余り、時間不足の時代 ⇒情報革命
現代:モノ不足、情報余りの時代

◆岡田斗司夫×堀江貴文が語りつくす!

「世界は“お金”から“評価”の時代へ」
http://diamond.jp/articles/-/12025

「テレビに出たい人はお金を払えばいい」
http://diamond.jp/articles/-/12030

「国民の95%が失業する時代がくる!?」
http://diamond.jp/articles/-/12114

Toshiookada

スリムになった岡田斗司夫さん  http://twitter.com/#!/toshiookada
ToshioOkada公式サイトhttp://www.facebook.com/okadatoshio

2011年5月 2日 (月)

スーパーマン米国籍を放棄

米アクション・コミック900号で、スーパーマンが米国籍を放棄する制限をしたことが話題になっている。物語は9ページの短編で、イランの民主化デモに共鳴してイラン政府と相対したスーパーマンは、米国政府による内政干渉との指摘に対し、「自分の行動が、米国政府の手先と見られるのは、もううんざりだ」として、地球規模に視野を広げるため、米国籍を棄てる決心を固め、国連で世界に宣言することをホワイトハウス高官に告げる。

Supermancitizenship

スーパーマンはクリプトン星出身だが、カンザス州のケント夫妻に育てられた米国人。そんなスーパーマンの「脱米国籍宣言」に対し、反対派は「もう、読まない」「地球市民を名乗るなんて、そんなのスーパーマンじゃない」。一方、肯定派は「米国だけに収まる器ではない」「遅すぎたくらいだ」。
出版社の公式サイトには数百件の意見が寄せられているということだ。

55937c01

NHK ふるさとの伝承 ブルーレイディスクBOX

ジブリ学術ライブラリー

『NHK ふるさとの伝承』

日本人であること―
日本全土の多様な伝統文化を克明に記録したNHKドキュメンタリー、待望のDVD/ブルーレイディスク化!
誰もが心に持つ情景「ふるさと」。親から子へ伝承され、精神のよりどころであると同時に日本人の基層文化となってきた地域特有の文化は、過疎化やグローバル化といった波の中で急速に姿を消そうとしています。そんな貴重な伝統文化や生活様式を1995年に放送開始70周年を迎えたNHKが克明に記録。「ふるさとの伝承」と題された番組は視聴者の大きな反響を呼びながら5年間にわたって放送されました。宮崎駿監督も折りに見ては人に勧めたというほど高い関心を持っていた作品で、作品制作にあたっても、ヒントを得たと語っています。
過去、そして、現在の日本を知る記録であり、未来へ向けてのかけがえのない遺産であるこの番組をDVD/ブルーレイディスク化した本作を見ることは、各地の暮らしの中で息づく伝承文化に象徴される「ふるさと」を今一度知ることであり、改めて「日本人であること」を見つめなおすことにつながっていくでしょう。

Hurusato_box_bluray

●『NHK ふるさとの伝承/北海道・東北』
●『NHK ふるさとの伝承/関東』
●『NHK ふるさとの伝承/中部』
●『NHK ふるさとの伝承/近畿』
●『NHK ふるさとの伝承/中国・四国』
●『NHK ふるさとの伝承/九州・沖縄』
※全124話(各話:約40分)

<封入特典>
●作品概要付きオリジナル日本地図

<映像特典>
●宮崎駿インタビュー(約30分)

2011年5月 1日 (日)

岡本太郎の宇宙 (ちくま学芸文庫)

稀有な芸術家の全貌を捉える決定版著作集、全5巻
多面的に活躍した20世紀の巨人の全貌に迫る著作集。

岡本太郎の宇宙 1 対極と爆発
20世紀を疾走し、屹立した芸術家、岡本太郎。その多面的な活躍は大きなセンセーションを巻き起こした。しかし彼の活動の軌跡は、さまざまな断片として人々の記憶にしまわれ、全体像を捉えるのは難しくなってしまった。はたして、岡本太郎とは何者だったのか―。いま生誕100年を迎え、遺された著作によって伝説と偶像を解体し、その存在の全貌に迫る、決定版著作集。1巻では「対極」と「爆発」というキーワードを手がかりに、若き日の詩文から、大阪万博参加への決意を記したテクストまで、生涯を貫く思想を掴みだす。

【目次】
赤い兎/今日の芸術/夜の会/対極主義/爆発と瞬間/万国博に賭けたもの

Tarou1

岡本太郎の宇宙 2 太郎誕生
孤独と葛藤の果てに かの子・一平という両親、幼年時代、鬱屈と挫折、パリでの青春、戦争体験……。稀有な芸術家の思想を形作ったものの根源に迫る。
彼はいかにして「岡本太郎」という無二の芸術家となったのか。一平・かの子という両親のもとに生まれた宿命か、幼年時代から、なれあいの妥協を拒み本質を見つめる一貫した素地は形作られていた。留学先のパリで最新のモードの模倣に血道を上げる同朋を後目に、青春を賭けて自らの道を見いだすまでの格闘、そうそうたる芸術家・思想家との交友、母の死、帰国、一兵卒として従軍した中国戦線…。その思想と芸術を生んだ根源とは。こまやかな情愛あふれる両親との書簡集などを収録。

【目次】
母の手紙/自伝抄 挑む/巴里回想/小説『青春の森』/パリの仲間たち/青春ピカソ/わが二等兵物語/大陸の風物/私の哲学-若き世代からの発言

岡本太郎の宇宙 3 伝統との対決
『今日の芸術』に続いて1956年に刊行された『日本の伝統』もたちまちベストセラーとなった。法隆寺壁画焼失のわずか数年後「法隆寺は焼けてけっこう」「自分が法隆寺になればよいのです」と言い放った太郎に対し、巷は賛否の渦で騒然となる。西洋への追従の裏返しとしての「伝統主義」を真っ向から否定し、縄文の美を発見し、雪舟の絵に挑みかかった50年代から60年代、岡本太郎は一画家から完全に脱皮し、独自の思想を背景にもつスケールの大きな芸術家へと変貌を遂げる。本巻ではその軌跡を追い、彼がこの時期集中的に「対決」した「日本の伝統」とは何だったのかに迫る。

【目次】
縄文土器論―四次元との対話
日本の伝統
雪舟は芸術か
伝統論争(対談)
日本再発見―芸術風土記
伝統と創造
伝統と現代造形
伝統とは何か

Tarou3

岡本太郎の宇宙 4
東北、熊野、沖縄……。各地を精力的に訪ね歩くなかで、見、語り合い、考えたこと。そこから立ち上ってくるのは、全く異質な「日本」の姿であった。文化の基層と本質にみごとに迫った岡本太郎の日本文化論を集成、その問題意識を側面から浮き彫りにする対論・鼎談も収録する。

岡本太郎の宇宙 5
殷周、縄文、アイヌ、メキシコ。西欧中心の価値観に否を突きつけ、日本列島の深部から環太平洋へと広がる岡本太郎の視線。時空を超えたそのまなざしの先にあった世界とは。未来に向けた壮大な世界美術史構想を明らかにする。

生誕100年 岡本太郎展[2011年3月8日~5月8日東京国立近代美術館]
http://taroten100.com/

岡本太郎記念館
http://www.taro-okamoto.or.jp/

NHK「TAROの塔」という連続番組が放送されてから、
岡本太郎記念館に長蛇の列ができているという。
昨夜も「美の巨人たち」では岡本太郎「太陽の塔」放送していた。

「美の巨人たち」【再放送日】
岡本太郎「森の掟」BS JAPAN 2011年5月15日(日)19:30~20:00
岡本太郎「太陽の塔」BS JAPAN 2011年5月22日(日)19:30~20:00

易の八卦や六十四卦

3 ビットと 6 ビットの二進数に相当。
六十四卦の配列は対応する二進数、
1→2→4→8→16→32→64

『易』の基本構造とDNAのメカニズムには、不思議な符号がある。

『易』とは儒学五経のひとつ『易経』で述べられる思想で、易すなわち変化のこと。
森羅万象、世界は一瞬も留まることなく、常に変化流動している、という思想。
「易に太極あり、これ両義を生ず」
「一が二を生み、二が三を生んで、そこから万物が生ず」

Hakke

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。