« 「神戸震災日記」 田中康夫/著 | トップページ | なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 »

2011年5月 8日 (日)

『パウル・クレー展 おわらないアトリエ』

2011年5月15日(日)まで京都国立近代 美術館で開催中。
2011年5月31日(火)から7月31日(日)まで東京国立近代 美術館で開催。

Photo

スイス生まれの画家パウル・クレー(Paul Klee, 1879-1940)は、長らく日本の人々に愛され、これまでにも数多くの展覧会が開催されてきました。「創造の物語」や「旅のシンフォニー」または「線と色彩」などの副題が示すように、作品の物語性や制作上の理念が詩情豊かに詠われたそれら展覧会は、多くの人々にクレー芸術の魅力を伝える大きな役割を果たしました。このたび、京都と東京の国立近代美術館で初めて開催されるクレー展では、今までの展覧会成果を踏まえた上で、これまでクローズアップされなかった観点、「クレー作品が物理的にどのように作られたか」について考えます。  
クレーは1911年から終生、制作した作品のリストを作り続けました。1883年、画家4歳のときの作品を手始めに約9600点もの作品からなるこのリストには、作品のタイトルだけではなく、詳細な制作方法が記載されていることからも、「どうやって作ったか」は、この芸術家にとって極めて重要な関心事だったのです。その「制作プロセス」を、クレーは、アトリエ写真という形で記録に留め、自ら「特別クラス(Sonderklasse)」とカテゴリー分けした作品を模範作品として手元に置くことで、反芻し続けました。  
ベルンのパウル・クレー・センターが所蔵する作品を中心に、日本初公開の作品が数多く含まれる約180点で構成される本展覧会では、このアトリエ写真で記録された作品そして「特別クラス」という模範的作品を紹介する章と、制作上の具体的な技法を検証する章からなる6つの章によって、クレー芸術の創造的制作過程を明らかにすることを目指します。クレーは、芸術そして芸術家の理念的なあり方だけではなく、芸術が、とりわけ芸術家の手によって、具体的にどのように作られるかを、生涯にわたって追求し続けました。この彼の問題意識を検証することは、レディ・メイド誕生以降今日にいたる芸術の諸相を 考える上で、新たな生産的批判的視座を提供してくれるものと考えます。
http://klee.exhn.jp/

パウル・クレー画像
http://www.youtube.com/watch?v=CzkwPUR2onk

« 「神戸震災日記」 田中康夫/著 | トップページ | なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。