« 時間と空間のかなた (創元推理文庫)ヴァン・ヴォークト | トップページ | 古い神話を壊すために »

2011年6月22日 (水)

終点:大宇宙 (創元推理文庫)ヴァン・ヴォークト)

 『時間と空間のかなた』のあとがきでも触れたとおり、『終点‥大宇宙!』(Destination: Universe!)は数冊あるヴオークト短編集の中でも白眉と称すべき逸品揃いで、作者自身非常に
愛着を感じていることは、珍しく「あとがき」を付して刊行していることからおわかりいただけよう。この「あとがき」自体、ヴオークトが自分のSF論(かなりひねった形ではあるが)を開陳に及んでいる点、資料としても貴重なものと思われる。

この中で特に珍重し三読四読したのが『音』と『捜索』と『怪物』で、私はヴオークト独特
の濃厚な雰囲気を知るには、この三つと『時間と空間のかなた』にある『避難所』を読めば手っとり早いと、いつも人に勧めている。すぐ続いて掘り出して来たのが『武器製造業者』エース版でこれ差『一人対永遠』という別題がついていた。 (訳者あとがき)

はるかなりケンタウルス Far Centaurus 1944
怪物 The Monster 1948
休眠中 Dormant 1949
魔法の村 Enchanted Village 1950
一護のペンキ罐 A Can of Paint 1944
防衛 Defence 1948
支配者たち The Rulers 1944
親愛なるペンフレンド "Dear Pen Pal" 1949
音 The Sound 1949
捜索 The Search 1942

訳者 沼沢 洽治(1932年12月6日 - 2007年11月16日)

終点:大宇宙!(A・E・ヴァン・ヴォークト,1952)
これぞSFの中のSF。ジャンルSFの王道を行く“黄金のSF”である。
神の玩具、それがヴァン・ヴォークトの宇宙だ。そしてこの玩具は“ごつい”。確かに“夢想”には違いないが、“夢想”という言葉の響きが連想させる柔弱さは、微塵もない。この力強く強靭な幻想こそ、理想のSFの、ひとつの姿なのだ。
http://www.kurata-wataru.com/inner/iner008.html#index より

捜索あらすじ http://www.kurata-wataru.com/inner/iner008j.html

創元推理文庫
http://homepage2.nifty.com/sampodo/books/oldsf1.html

« 時間と空間のかなた (創元推理文庫)ヴァン・ヴォークト | トップページ | 古い神話を壊すために »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。