« さかざきちはる 夏のちいさな展示2011 | トップページ | 「宅急便」がヤマト運輸の登録商標 »

2011年7月 8日 (金)

『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン

 主人公は売れない作家のハリー・ブロック。ある日、12年前にニューヨーク市内で4人の女性を誘拐し、拷問にかけたのちに惨殺した連続殺人犯から手紙が届いた。死刑が確定し、刑務所に収監されている男ダリアン・グレイは、遺体をばらばらに切断してから胴体と四肢をゴミ容器に捨てたが、頭部はまだ発見されていない。これまで自供していない犯行動機から手口まで全部話すので、手記のゴーストライターになってくれないかという。

Skulsl500

 手記が刊行されたら当然ベストセラーになるから引き受けた。熱烈なファンレターをくれた4人の女性に取材して、情交を小説にするという条件もので、刑務所の中で楽しみのない囚人のために個人的なポルノ小説を依頼されたということになる。ミステリーからヴァンパイア小説、そしてポルノ小説まで何でも書いてきたハリーにとって容易い仕事だったが、思いもかけない方向に進展していくのだった。

二流作家の主人公が書く各ジャンル(SF・パラノマ・ハードボイルドなど)の小説の抜粋が、主軸の他に入れ込まれて約20頁に及ぶ、殺人犯の述べる芸術や生と死に関する哲学考察と自己分析が圧巻。
(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

« さかざきちはる 夏のちいさな展示2011 | トップページ | 「宅急便」がヤマト運輸の登録商標 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。