« クジラ解体図 | トップページ | 横尾忠則 無人ひとり公開制作 »

2011年7月20日 (水)

写真集「クジラ解体」(春風社)小関与四郎

マッコウクジラの解体現場などを撮影したモノクロ写真集
http://www.honzuki.jp/book/book/no180007/index.html
装丁・レイアウト:和田誠

Kujirakaitai

出港を待つ漁師、巨体を切り崩す男たち、古式捕鯨の史跡、クジラ料理、浜で息絶えるクジラ…。
クジラを食べ、クジラと共に生きる日本の人々。
大好評を博した『九十九里浜』の写真家による迫真のドキュメンタリー!
岐路にたつ日本の捕鯨文化を見つめ、いのちの根源を問う。
和田浦・九十九里浜(千葉)、太地(和歌山)、鮎川(宮城)で24年にわたり撮影。モノクロ写真121点。

推薦者
安西水丸、池内紀、海老沢勝二、加藤郁乎、金子兜太、紀田順一郎、五味太郎、佐々木幹郎、佐野賢治、須藤健一、谷川健一、地井武男、中条省平、長谷川宏、道場六三郎、山本一力(五十音順・敬称略)

Kujirakaitai_1

クジラ解体の写真集出版 「ありのままを見て議論してほしい」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110719/art11071908180002-n1.htm

« クジラ解体図 | トップページ | 横尾忠則 無人ひとり公開制作 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。