« ペインターとキャンバス | トップページ | 『死を語り生を思う』五木 寛之 (2011/8/5) »

2011年8月 8日 (月)

横浜トリエンナーレ2011

横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)をメイン会場に「世界や日常の不思議」や「魔法のような力」、「神話」などからインスパイアされた作品を展開。開港の街・横浜を舞台に国内外で活躍する現代美術家の作品を中心とした、ダイナミックな作品の数々が展示される。

今年は「OUR MAGIC HOUR -世界はどこまで知ることができるか?-」をテーマに、国内外60人以上の現代アーティストの作品を展示。サイトスペシフィックなインスタレーションや映像メディアを駆使した作品から近代絵画やコプト織のような歴史的作品まで、制作年代も素材も異なる多種多様な作品群で構成される。
マックス・エルンストやイサム・ノグチ、コンスタンティン・ブランクーシらの作品を飾るほか、オノ・ヨーコ、横尾 忠則、田名網 敬一らが参加予定。

20110805_2202462

■横浜トリエンナーレ2011
会期:2011年08月06日(土)~2011年11月06日(日)
時間:11:00~18:00 ※入場は17:30まで
会場:横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、その他周辺地域 
料金:有料

http://yokohamatriennale.jp/

« ペインターとキャンバス | トップページ | 『死を語り生を思う』五木 寛之 (2011/8/5) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。