« 郡山のY字路 | トップページ | 大和郡山市の景色 »

2011年9月24日 (土)

ここがぼくたちの悪戯の舞台だった。

Img110

  悪ガキ仲間に馬車屋の息子がいた。後年、ぼくの漫画に登場する〝チビ太〟 のモデルである。馬車屋とはいっても馬ではなく、牛に荷車を引かせていた。その牛の糞が大事な小道具である。これを拾い集め、竹の皮で丁寧に包む。さらに包装紙で包んだその上に、ご丁寧にも山本という本物の名刺を1枚添えるのだ。子供のくせになんでそんな名刺が用意できたかというと、同級生・山本のおとうさんの名刺を使ったからである。
 山本の一家はかつて芦屋に住んでいた。裕福な暮らしをしていたらしい。ところが突然、父親に死なれて一家は母親の生家へ引き揚げた。それからは売り食いの生活。食い詰めて洗うがごとき貧乏暮らしだつた (もっともわが家もそうだった)。たった一つ貧乏に不似合いなのが、かつて父親が使っていた立派な肩書の名刺だ。これがぼくたちの作った麗々しい包みに、錦上花を添えるのである。

 この包みをぼくたちは休み石の上にそっと置く。誰が見ても前の休憩者の忘れ物だ。ぼくたちは近くの物陰に身をひそめ、カモの到来を待った。
 ここを通る大人はチラッと見て、オヤッという顔をする。しかし何かを見つけたなんて心中はおくびにも出さない。ここから彼らの一人芝居がはじまるのだが、それをぼくたちは見物するのだ。
 -さあて、少し歩き疲れたな。おう、ちょうどよい休み石があるわい。ちょつと一服するか。ル~ルルル。
 てなぐあいで石に腰をおろす。そして忘れ物の品定めをしてから、最初から自分のものであったような顔で、これを持ち去るのである。後でこの包みを開いた瞬間の、大人の表情を想像したらたまらなくおかしい。きっと、クソーなんて言って地団駄を踏むのだ。ぼくたちはだまされて牛の糞を大事そうに持っていく人のうしろ姿を見ながら、空腹の皮がよじれて苦しいぐらい満足した。これは面白くて、期間中、毎日のようにやっ
ていた。
 米俵の両端を塞ぐ丸いワラの蓋をサンダラボツチという。これも悪戯好きなぼくたちには格好の小道具だつた。雨の日、このサンダラボツチを縄にしばりつけ、縄の端を持って屋根に登る。下に傘をさしたカモが通りかかるのを待つのだ。真下を通ったその時、すかさずさっとサンダラボツチを傘の上に落としてやる。
「あれっ?」
 突然、バサッという異様な昔と、傘に衝撃を感じて大人は傘を傾け、空を見上げる。しかしその時にはもうサンダラボソテは引き上げ、ぼくたち悪ガキも屋根の見えないところに隠れたあとだ。
「おかしいな」
 大人は歩きながら納得できない様子で、雨のなか、時々、傘を傾けたりしながら歩いて行く。その姿を見ながら、ぼくたちは屋根の上で笑いを噛み殺しているのだった。

 ところが仲間のなかには動作ののろいやつがいる。ある時、そいつの縄の手繰り方が遅くて悪戯がバレてしまった。
「すぐ下りてこい!」
 大人は真っ赤になつて怒鳴った。しかたなくみんな屋根から下りて行くと、全員が殴られてしまった。う~ん。悪いことをしたら痛いのだ!

----------------------------------------

赤塚ギャグは「トキワ荘」から生まれたものではかく、満州からともに引き揚げた母の実家のあった土地「大和郡山」での体験や遊び友達が、アイディア元になっていることが書かれていた。晩年はアル中状態であった赤塚さんも、自叙伝では面白い日本語で、思い出す限り言い残していたことを書き記している。

☆大和郡山市出身の有名人☆
稗田阿礼:彼に因み、「記憶力大会」が開催されている。
白浜一良(参議院議員)
筒井順昭(戦国武将・元の木阿弥のモチーフ)
筒井順慶(戦国武将・1549~1584)
吉本伊信(内観療法創始者・1916~1988)
奥田良三(奈良県知事・1951年~1980年)
福井謙一(1981年ノーベル化学賞受賞者・1918~1998)
井筒和幸(映画監督)
JITTERIN'JINN(「夏祭り」「プレゼント」などのヒット曲を持つバンド)
城島茂(TOKIO)リーダー
佐伯日菜子(女優)
南かおり (タレント)
藤田勇次郎(南海放送アナウンサー)
大島寛(元プロ野球選手)
南田裕介(ホリプロ関係者。同市出身であるが現在の本籍地は王寺町)
森岡万貴(シンガーソングライター)
亀井義行(読売ジャイアンツ)
新川成貴(作曲家)
喜多誠 - プロバスケットボール選手(bjリーグ・大阪エヴェッサ所属)
久保田哲史 - 「演出家」)
清水弥生(劇作家)

大和郡山市ゆかりの有名人
福井敏雄(お天気キャスター)出身地ではないが、気象庁退官後この地に居を構えた。
赤塚不二夫(漫画家)終戦後、市内で暮らした。
タージン(タレント)全国金魚すくい選手権大会の総合司会(第1回から15回連続)。

大和郡山市のホームページ http://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/

« 郡山のY字路 | トップページ | 大和郡山市の景色 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。