« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

漫画主義

Mangasuygi

昔都内では「漫画主義」という、評論誌があった。

表紙は 赤瀬川原平さん。キッチュが盛んだった頃。

2011年11月29日 (火)

横尾忠則さん 故郷・兵庫県に作品3000点寄贈

横尾忠則さん 国内外で活躍する兵庫県西脇市出身の美術家、横尾忠則さん(75)(東京都世田谷区在住)が、絵画やポスターなど3000点以上の作品を同県に寄贈・寄託することになり、県が28日、発表した。横尾さんが所有する作品のほぼ全部にあたり、県は、作品を一堂に展示できる美術館の整備を検討している。

Yg

横尾忠則さんが近年力を入れている「Y字路シリーズ」の「LIE LIE LIE」(2009年)=兵庫県提供 横尾さんは新聞社や広告制作会社に勤務していた1960年代、グラフィックデザイナーとして脚光を浴び、独立。多彩な手法で油絵や立体工作を手掛け、多数の話題作を発表してきた。

 鮮やかな色調と斬新な構成が特徴で、96年から4年連続でニューヨークADC(アート・ディレクターズ・クラブ)賞を受賞。ウォルト・ディズニーやアンディ・ウォーホルと並び、ADC「殿堂」入りも果たしている。

 横尾さんの作品はこれまで、西脇市の岡之山美術館などに貸し出す形で展示が行われてきたが、横尾さん自身が作品を網羅的に収蔵する発信拠点を設けたいと考え、「ゆかりのある兵庫県に何らかの貢献ができれば」と、県に寄贈・寄託する方向で4年前から話を進めていた。作品の評価額は総額数十億円に上るとみられる。

 井戸敏三知事は「横尾さんはウォーホルと並び称される著名な美術家。大変うれしいニュース」と話している。

(2011年11月29日  読売新聞)

Yyy

横尾さんは時と場所をかえても、

すばらしい飛翔していると感じる。

2011年11月28日 (月)

ボージョレ・ヌーボーはバブルの遺産 人気低迷の理由とは…

フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」。テレビや新聞に盛んに取り上げられていたのは一昔前の話で、今では販売本数も伸び悩み、「バブル期の遺産」と呼ばれるほど凋落している。一時はもてはやされた解禁イベントもほぼ“死に体”状態で「経済が低迷する日本では根付かない」(業界関係者)

 ボージョレ・ヌーボーは、仏ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で収穫された「ガメイ種」と呼ばれるブドウで作られたワインの新酒のこと。ヌーボーはフランス語で「新しい」を意味し、文字通り“ボージョレの新酒”だ。

 解禁が設けられたのはボージョレを他社より早く売ろうとした販売者側の競争激化によりワインの品質が低下したため、これを防止しようとフランス政府が制定。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/111127/wec11112718000002-n2.htm

Photo

バブルの遺産は泡のように消えてしまっていい。
あの時代は何もかも生ぬるくて、気色が悪い空気感だった。
ノーリターンバブル。そして「脱」しなければ、新しい時へは至れないだろうと思う。

2011年11月27日 (日)

秘法17番

『目印の無い砂漠の夜。

旅人は、如何にして歩んだのか。

貴方は、天空を見上げて知るだろう。

暗闇の背後に見るだろう。

古の旅人達が、地図をそこに描いた事を。』

Ta17

高き存在として人々を遠くから眺める【神々の世界】。

未知の中に浮かび上がる【希望の光】。

己自身の中に見出す、発展する原石としての【才能】。

それらは、確証は無いものの、未来に対して感じ得る【成功への期待】を暗示している。

☆時に人は思惑して立ち止まることより、

本能を信じて疾走しなれば到達しえない世界もある。

そこで理性がフリーズを呼び込むことも示唆すべきだろう。

2011年11月26日 (土)

年末の季節の景色ですね

Dscn4956

2011年11月25日 (金)

聖徳太子の予言の書が世に出る時

『太平記』巻6「正成天王寺の未来記披見の事」 
かつて聖徳太子が、百代に渡る世の治乱を見通して未来記を書き残した。
七百余年後の元弘二年(1332)八月三日、楠木正成が天王寺に詣でて未来記を披覧し、「日西天に没ること三百七十余箇日、西鳥来たって東魚を食らふ。その後海内一に帰すること三年」の文面から、北条幕府の滅亡と後醍醐帝の復帰・親政を読み取った。

1000

聖徳太子の予言の書が世に出る時、仏教が終わるといわれた。
天魔波旬が、日本を奪領し、鬼国にしようと計画し三人の悪魔を遣わす。
七難三災、五病七禍が日本を襲い、夜中に太陽が見え、北に月が出る。

まさしく平成の「日出づる国」には「朝」がなくなって、真夜中に電光が溢れ出ている。
現実にも様々な病魔と妖しい化学薬品が蔓延しているし、悪魔のような政治屋が三人が此の國を揺さぶっているようだ。

第三次世界大戦勃発への今後予言されている国際情勢の展開の一部(2021年頃まで)
http://alpz2012.blog10.fc2.com/blog-entry-110.html   

聖徳太子が実在したこと自体を否定する説がある。
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-6dc2.html

2011年11月23日 (水)

世界のイメージ

Gondwanaa

形はいくつかあって

それを認識する

2011年11月21日 (月)

Kindle Fire 199ドルタブレットの評判

 Amazonの次なる野望を込めた「Kindle Fire」の出荷が始まった。199ドルという価格破壊タブレットはどこまで使えるのか――注目度は極めて高い。

■iPadにはまるで及ばない
 “iPadに対抗し得る強力な注目を集めたKindle Fireは、一般メディア、テクノロジーメディア、ブログが一斉に取りあげている。
「アニメーションはのろくてカクカク」「タップがときどき効かなくなる」「雑誌は縮小されすぎて読みづらい」「動画ではテレビ番組にも映画にも向かない画面サイズ」

 快適なブラウジングを可能にする独自ブラウザ「Silk」にも遅さが指摘されている。表示までの時間はnytimes.comで10秒、eBay.comで17秒、Amazon.comでさえ8秒かかり、iPadの倍以上という結果。
「Fireは洗練や速度などiPadにあるものが欠けており、指でスワイプするごとに200ドルの値札を感じるだろう」

 ほかにもFireの唯一のボタン(電源ボタン)が縦持ちにして読書すると誤って触れてしまう位置にあることや、音量のハードボタンがない不満点がある。

Amazonkindlefiretablet

■不満を帳消しにする魅力
 iPad 2との比較で少ないアプリ、小さな画面、短いバッテリー駆動時間、遅いブラウザ、半分の内部ストレージ、さらには融通のきかない、ユーザーインターフェイス問題があることを指摘しながらも、3つの大きな魅力を指摘する。

 (1)199ドルという価格、(2)AmazonとKindleのブランド、(3)Apple以外では唯一、書籍や音楽などを販売する、巨大で使いやすいコンテンツ・エコシステム――である。
「Fireは、すべてのクラウドコンテンツのハードウェアフロントエンドとなり得る」
 Kindle Fireには、有料お急ぎ便サービスの「Amazon Prime」の30日間トライアルが付属する。他の品物の購入時に利用できるし、さらに1300本に上る映画やテレビ番組の動画見放題が付く。

 Amazon.com内のユーザーレビューでは、約1500人の評価者のほぼ半数が満点の五つ星。平均でも四つ星という高評価となっている。参考になったレビューの1位は 「いくつかの欠陥はあるにせよ、価格と機能を考えれば、すばらしいデバイス」と結論している。
Kindle Fireは当初は400万台で計画したが、発売前に500万台に上方修正。さらに100万台を上乗せした。

「3年間のKindle e-Readerの成功、低価格タブレット市場への展開と続けば、次にスマートフォンというのは理にかなうと考えられる。Amazonはモバイルメディアに関心を向けている」

 Kindle Fireの本質は「もっぱらAmazonから商品を買うために設計されている」消費デバイスと考えられる。

関連情報
■ URL
New York Timesの記事
http://www.nytimes.com/2011/11/14/technology/personaltech/the-fire-aside-amazons-lower-priced-kindles-also-shine.html?_r=1&scp=3&sq=kindle&st=cse
Wall Street Journalの記事
http://online.wsj.com/article/SB10001424052970204190504577040110511886588.html
Business Insiderの記事
http://www.businessinsider.com/kindle-fire-review-2011-11#ixzz1e1kGHkkV
Cnetの記事
http://news.cnet.com/8301-13924_3-57327907-64/amazon-kindle-fire-shipments-upped-to-6-million-in-quarter/
IHS iSuppliのレポート
http://www.isuppli.com/Teardowns/News/Pages/Kindle-Fire-Teardown-Reveals-Cost-Saving-Design.aspx
Citigroupのレポート
https://ir.citi.com/wJClw43Y2AL8Mjnen9vlzeyPhXV9ck5g4kVyIJyw5XToAj2teVl0IA%3D%3D

2011年11月20日 (日)

iPhone5は存在していた!? ジョブズが気に入らずボツ

噂が飛び交っていたiPhone5。発売されなかったが、iPhone5は本当に存在していたらしい。衝撃のニュースを明かしたのは、米国サイト「Business Insider」。

AppleのエンジニアたちはiPhone4Sの発売が公式発表される3カ月前まで、完全リニューアルされたiPhoneの方が発売されると考えていた。完全リニューアルされたiPhone5。
一新されたiPhoneは発売には至らなかった。Apple創業者、スティーブ・ジョブズが「新しいiPhoneのスクリーンが以前より大きくなって、これでは今までのiPhoneとあまりに違ったものになる」とボツにした。
試作版を約2週間使ったその機能とデザインについて「Business Insider」は明かした。

Iphones
 
【1】 大きなスクリーン
iPhone4Sのスクリーンは3.5インチだったが、新iPhoneのスクリーンの大きさは4インチであった。

【2】 製品レベルの質ではなかった
情報筋が使った新iPhoneの試作品は製品レベルの質ではなく、試作用の材料で出来ていた。

【3】背面の材料はアルミニウム
新iPhoneの背面はiPad2のようにアルミニウムで作られるはずだった。

【4】様々なカラー
Appleは液体金属技術を使って、新iPhoneに色を付けようとしていることを情報筋は聞きつけていた。

【5】以前よりいいカラーで表示されるスクリーン
情報筋が使った試作品はそんなにいい色で表示されなかったのだが、Appleは本来の性能を隠すため、こういった本来より悪い性能で試作品をよく作るようだ。よって今回の情報筋は、スクリーンに表示される色は以前のものより、よくなるのではないかと予想している。

【6】タッチするホームボタン
今までのような実際に押すホームボタンではなく、タッチし続けることによって、再起動するホームボタンであった。

【7】かなり薄く作られていた
ネットで予想されていた通り、新iPhoneは前のものよりかなり薄かったとのこと。

【8】処理速度がめちゃくちゃ速かった
リミッターが外されていて、普通のiPhoneより断然速かった。しかしバッテリーが全然持たなかったらしい。

【9】10メガピクセルのレンズ
エンジニアたちが情報筋に話したことによると、新iPhoneは10メガピクセルのレンズが装着される予定だった。

【10】「Siri」ではなく「Assistant」
新iPhoneにもSiriのような機能は搭載されていたが、その名前はAssistant(アシスタント)だった。
 
http://rocketnews24.com/2011/11/16/153421/

2011年11月19日 (土)

『骨餓身峠死人葛』『卍ともえ』野坂昭如/講談社

純文学作家が書いた怖い小説『骨餓身峠死人葛』は妖美の世界。

(以下冒頭)
 入海からながめれば、沈降海岸特有の、複雑に入り組んだ海岸線で、針葉樹におおわれた岸辺、思いがけぬところに溺れ谷の、陸地深く食いこみ、その先きは段々畠となって反りかえる。南に面した地方のそれとことなり、玄海の潮風まともに受けるこのあたりでは、耕して天空にいたるといった旅人の感傷をすら許さぬ気配、人間の孜々たる営みを自然のあざわらうようで、それは、いずれも尖端にちいさいながら激しい瀬をもつ岬の、屋根となって谷あいをかこみつつ、背後の、せいぜい標高四百メートルに満たぬ丘陵にのびる、その高さに似合わぬ険しい山容のせいでもあろう。
(「骨餓身峠死人葛」より)

Photo

野坂昭如はじめての時代小説『卍ともえ』は油問屋を舞台としてる。
大阪天満油屋の黄櫨屋は人骨を使っての精油法を秘伝とし殷賑をきわめていた。

「藝というものは実と虚の皮膜(ひにく)の間にあるもの也」

仏の骨ないがしろにした怨念の油は、黄櫨屋の伊平次を鬼畜としてゆく。
「こら燃えつきろ、炎にくるまれて跡かたもなく消えてしまえ」
伊平次の放った油壺は火の手を拡げて大阪天満を炎上して、
街並みと人々を焼き尽くしてしまうのだった。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
野坂昭如オフィシャルホームページ
http://nosakaakiyuki.com/
公式サイト。プロフィール、メディア情報。

2011年11月18日 (金)

ピクトさんが行ったり来たり

Dscn4819 Dscn4818

2011年11月17日 (木)

【青いワンピースと赤いリボンの女の子】のシール

路上のあちこちにシールが貼られている。誰かのいたずらなのだろうけど、つい探しながら歩いてしまう
http://twitpic.com/74yui9

Dscn4753

【青いワンピースと赤いリボンの女の子】のシールが、路上にたくさん点々 と貼られている---そんな事が東京の各所に起こっているようです。

女の子シールの謎
http://togetter.com/li/205977
http://ceron.jp/url/togetter.com/li/205977

路上シールの謎
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/1-4e16.htm

Dscn4754

http://www.o-uccino.jp/cariruno/
ハロー! 私、キャロライン。キャリーって呼ばれているの。よろしくね!
ハイスクール時代に1度日本に短期留学して、日本がすごく気に入ったんだ。だから日本の大学に通えることになって本当に嬉しいの。
キャリルーノの「ル」をとったキャリーノってイタリア語で可愛いを意味するんだよ♪

Dscn4755

2011年11月16日 (水)

たった今、この瞬間こそ全てだ

  We look before and after
    And pine for what is not:
  Our sincerest laughter
    With some pain is fraught;
Our sweetest songs are those that tell of saddest thought.

Dscn4751

パーシー・ビッシュ・シェリー「雲雀」より
「前をみては、後えを見ては、物欲しと、あこがるるかなわれ。腹からの、笑といえど、苦しみの、そこにあるべし。うつくしき、極みの歌に、悲しさの、極みの想、籠るとぞ知れ」

シェリーの詩「ひばりに寄す」To a Skylark を読む。(壺齋散人訳)
http://blog.hix05.com/blog/2008/03/_to_a_skylark.html

Dscn4752

2011年11月14日 (月)

ピクト散歩

Dscn4703

2011年11月13日 (日)

「インド ポピュラー・アートの世界――近代西欧との出会いと展開」

19世紀後半から20世紀前半にかけて西欧文明との出会いの中で誕生し、ユニークな発展を遂げたインドのポピュラー・アート。印刷宗教画、彩色写真、絵葉書、ポスター、カレンダー、マッチやたばこの包装紙画など。約140点の印刷絵画やポスター、コラージュの展示を通じて、その成り立ちや魅力、今日の「インド」イメージの源流に迫っている。

Header

開期:2011年9月22日(木)~ 2011年11月29日(火)
会場:国立民族学博物館 企画展示場A
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:水曜日(水曜日が祝日の場合は、翌日が休館)
公式サイトhttp://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/indo_pop/
国立民族学博物館  http://www.minpaku.ac.jp/

23671 10055062

インドのアイドルを拝んだあとは、太陽の塔でも観て来よう。

2011年11月12日 (土)

残された動物たち

Oneone

2011年11月11日 (金)

第四間氷期

 舞台は現在の地球の状態を第四氷期(ウルム期)と次に来るべき第水期との間の、第四間氷期としてだけではなく、五〇〇〇万年に一度防れる「地質大変動期」としてとらえ、来たるべき過酷な未来で人類がどう生きられるかを描いている。

Abekobou_4kan

未来が現実を裏切るかもしれないという可能性をまったく考えず、単に未来は日常の連続としか想像できない。これではやがて来たる水棲人間の未来社会には耐えられそうにもなく、有害人物としてしか存在できない、というのが死刑判決の理由になった。この判決も、未来の勝見博士が現在の勝見博士を裁いた結果であった。
 刑の執行を二時間後にひかえた勝見博士の前では、予言機械による未来の水棲人間社会がテレビに映し出されていた。

 そのころ、毎年三〇メートル以上の速度でふえつづけていた海面の上昇で、世界はすっぽり海中に沈んでいる。すなわち第四間氷期の終末は終わり、新しい地質時代が始まっていたのである。

第四間氷期・あらすじ 抜粋
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-07ec.html

未来を予測するコンピューターが記録した童話
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/1-6647.html

2011年11月10日 (木)

初めての場所へ行くとき、迷わずに行ける?

Dscn4604

2011年11月 9日 (水)

生田ロード

Dscn4602

阪神電車がやってきました。

外来者の視点である。

2011年11月 8日 (火)

ビートルズのリーダーは誰か

Beat

2011年11月 7日 (月)

空の青

Dscn46881

雨上がりの空と雲と

Dscn46891

2011年11月 6日 (日)

六甲への

Dscn2176

ロープウェイが登り降り

2011年11月 5日 (土)

夜明けの刻に

Dscn46791

この色彩へ地球が球体であることを、

物凄い質量の感覚で「意識して」みる。

2011年11月 3日 (木)

文化の日

いったい何の意味があるのだろうか

2011年11月 1日 (火)

いよいよ発売 「スティーブ・ジョブズ」公認伝記

Stevejobs

取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。
未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った最後の一冊!!

アップル創設の経緯から、iPhone iPadの誕生秘話、そして引退まで、スティーブ・ジョブズ自身がすべてを明らかに。ビジネス書、経営書としても他の類書を圧倒する内容。

ライバルだったビル・ゲイツをはじめ、アル・ゴア、ルパート・マードック、スティーブ・ウォズニアック、そして後継者のティム・クック…世界的に著名なジョブズの関係者百数十名へのインタビュー、コメントも豊富に超豪華な評伝。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。