« 東亜ロードを歩く | トップページ | 樹の枯れかた »

2012年1月28日 (土)

十里木アンティークストーブ館

Sany04581

 こちらの

羽衣ストーブ館「ボルゲーゼ美術館と暖炉」(http://www16.plala.or.jp/yamakk1/vaticani.html##borghese)の項に紹介頂きました。
St1

St3

富士山の南麓、春がまだ浅い頃、ストーブ当番少年に変身して、汗だくになって焚きました。
ほとんどのアンティークストーブは火を灯されて、艶かしく生き返りました。

St5

現在SHOさんこと久永昌一郎BonCote社長は、
清水三保でアンティークショップを営業されています。

「ボンコテ10周年・アニヴァーサリセレクション」
http://koinu2005.seesaa.net/article/149321512.html
一昨年また招待されて時の写真など。

零画報主筆

« 東亜ロードを歩く | トップページ | 樹の枯れかた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74549/43902216

この記事へのトラックバック一覧です: 十里木アンティークストーブ館:

» DeLonghi オイル・ラジエターヒーター F字型フィン11枚 V551115EFS 【4~10畳用】 | [見つけました]
DeLonghi オイル・ラジエターヒーター F字型フィン11枚 V551115... [続きを読む]

« 東亜ロードを歩く | トップページ | 樹の枯れかた »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。