« 地球に優しい | トップページ | SFマガジン・ベスト〈ハヤカワ・SFシリーズ〉 »

2012年2月10日 (金)

八王子からデパートが消えた

東京都の八王子盆地と呼ばれる東にひらけた半盆地状の複合扇状地をなして桑畑として利用された。
現在では住宅地や工業用地として、JR中央本線と横浜線・八高線の交点で、JR貨物八王子総合鉄道部や京王電鉄の始発駅2駅がある。最近はファンキーモンキーベイビーズの地元として知られる八王子。
先月末には八王子駅前の「そごう八王子店」が閉店して、これですっかりと八王子市内にはデパートがなくなった。

そごう八王子店閉店あいさつ
http://www2.sogo-gogo.com/close/hachioji.html
八王子市
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/

都内の文化面での過疎化現象を表している出来事だと思う。
全体としてかつての疾走感は街並みから消え失せている。
行政的にも経済回復の具体案がみあたらなく、
百貨デパート閉店のような目に見えることが増え続けると思う。
都内の人において生活に必要な産業は残っていくだろうれど、
本来要らなかったものは巨竜の歩んだ末路をたどるだろうと感じる。

江戸が世界でも優秀なリサイクルシステムを持っていたことは忘れられている。
大江戸リサイクル事情 http://eco.goo.ne.jp/business/csr/lesson/dec00-2.html
アメリカのような大型消費システムと植民地化戦略の発想はすでに崩壊している。
あらゆる面で自然と共存し循環させるversion更新が必要なのかもしれない。

江戸の完璧なゴミリサイクルシステム
http://www.youtube.com/watch?v=jTqSTCCwCG8
http://www.youtube.com/watch?v=2G2TVNXnvTg&feature=related
先人はホント素晴らしい。世界は江戸の人々を見習うべきだ!

« 地球に優しい | トップページ | SFマガジン・ベスト〈ハヤカワ・SFシリーズ〉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。