« 十里木アンティークストーブ館 | トップページ | 朝には四つ足、昼には二本足、夜には三つ足で歩くものは何か »

2012年3月16日 (金)

羽衣ストーブ館

フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。

Hagost

◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 

Gost

◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/photos/stove/index.html

« 十里木アンティークストーブ館 | トップページ | 朝には四つ足、昼には二本足、夜には三つ足で歩くものは何か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽衣ストーブ館:

« 十里木アンティークストーブ館 | トップページ | 朝には四つ足、昼には二本足、夜には三つ足で歩くものは何か »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト