« 光る眼 Village of the Damned、1960 | トップページ | パンが初めてコメを逆転 »

2012年5月 3日 (木)

FMシアター「チョッキー」

ジョン・ウィンダム原作 Chocky (1968)
NHKFM 2012年 5月 5日(土)午後10:00~午後11:00(60分)
純粋で繊細な少年と、彼にだけ声が聴こえる謎の人物Chockyとの心の交信。そして、それを見守る両親や大人社会におよぼす心の波紋。
少年は苛立ち、心で叫びながらも交信し続ける。はたして少年の妄想か? それとも多重人格の所産なのか?
21世紀の今日でもまだ明らかになっていない"地球外生命体"をモチーフにして、「信じる」ことの大切さを描くハートフルSFを、少年の父親の目線からあたたかく物語る。
英国SF界の巨匠ウィンダムが、死の前年に出版した著者最後の傑作SF小説のオーディオドラマ化。

【出演】デイビッド…吉見一豊 マシュー…モモタロウ メアリ…春日井静奈
ポリー…藤崎花音 トリンブル先生…三村聡 DJ…住田隆 爺…田上ひろし サマーズ大佐…鈴木一功 インタビュアー…服部ひろとし 警察医…小豆畑雅一 成人したマシュー…清水瑛一
http://www.nhk.or.jp/audio/

Chocky1984

ジョン・ウィンダム(John Wyndham, 1903年7月10日 - 1969年3月11日)
映画化作品
『人類SOS!』Day of the Triffids、1963年(米)、監督:スティーブ・セクリー 出演:ハワード・キール
『未知空間の恐怖 光る眼』Village of the Damned、1960年(米)、監督:ウルフ・リラ 出演:ジョージ・サンダース,バーバラ・シェリー,マーチン・スティーブンズ
『続・光る眼 宇宙空間の恐怖』Children of the Damned、1963年(英) 、監督:アントン・リーダー 出演:イアン・ヘンドリィ 内容はほぼオリジナルで、むしろオラフ・ステープルドンの『オッド・ジョン』に近い。
『光る眼』Village of the Damned, 1995年(米)、監督:ジョン・カーペンター 出演:クリストファー・リーヴ 上記『光る眼』のリメイク版。

http://www.youtube.com/embed/LIjhewtjtxQ

« 光る眼 Village of the Damned、1960 | トップページ | パンが初めてコメを逆転 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。