« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

韃靼蕎麦茶の元

Dscn9807

2012年6月29日 (金)

皿の上に描かれた「日本犬」

Dscn9933

料理を食べ終えたら、偶然にワンワンがいました。

2012年6月28日 (木)

電子書籍、拡充バトル

 アマゾン・ドット・コム専用端末「キンドル」の日本発売迫る時、シャープ、ソニーがスマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末で電子書籍を閲覧サービスの拡充を発表。脱専用端末路線で迎え撃つ構えを鮮明にした。

 シャープは複数の書店で購入した電子書籍でも手軽に管理できる配信システム「ブック・イン・ザ・ボックス」をスマホ向けなどに提供する。

 新システムに対応した書店で購入した書籍なら、1つのアプリ(応用ソフト)でマンガや小説などをまとめて管理・閲覧できるようにした。7月4日から同社の電子書籍配信サービス「ガラパゴス・ストア」などで利用でき、年内には10の電子書籍ストアが導入する予定。

 ソニーは「Xperia」向けの専用アプリを公開。他社製も含めて米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」に対応した端末に対応し、自社の電子書籍ストア「リーダーストア」のコンテンツを他社端末でも利用できるようにする。

 日本メーカーはスマホやタブレット端末に押され苦戦が続いているのが実態。このためシャープは著作権管理技術や閲覧ソフトを提供する事業に軸足を移そうとしている。ソニーもコンテンツ販売での収益性向上を目指すなどハードからソフトへ動く。

米アマゾンが近く日本で発売するキンドルは通信費がかからない、欧米などを中心に販売を拡大してきた実績がある。キンドル登場で国内で伸び悩んできた電子書籍が浸透を始める可能性もあり、電子書籍をめぐる攻防は激しくなってゆくだろう。

2012年6月27日 (水)

江戸のランドマーク

江戸東京博物館「描かれた日本橋、江戸~東京400年」
http://www.asahi.com/event/nihonbashi400/

江戸東京の象徴として浮世絵などにも積極的に描かれてきた日本橋。江戸時代に木造で架 橋され、明治44年(1911)に石造の橋となりました。現在は、橋の下を流れる日本橋川に船の桟橋が完成し、隅 田川方面への水路が開けたことにより、日本橋周辺及びその流域地域の活性化が注目を集めています。
日本橋がいつの時代も変わらず注目されてきた江戸のランドマーク、日本のランドマークであり、江戸東京の文化や生活に多大な影響を与えてきたひとつの発信地でもあった。

平成24年5月26日(土)~7月16日(月・祝)
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/index.html

2012年6月25日 (月)

遠野

Tono


「遠野」の語源は、アイヌ語の「ト-ノヌップ(湖の周りの小高いところ)」からきている。
遠野物語のなかにアイヌ語がたくさん出ている。

Toono

2012年6月24日 (日)

聴耳草紙 (ちくま学芸文庫) 佐々木 喜善

岩手県遠野―山深き地でありながら、古くから交易の要衝として栄え、懐に豊かな伝承と記憶をいだいて生きてきた里。この地に生まれた佐々木喜善が柳田国男に故郷の伝承を語って聞かせたことから名著『遠野物語』が誕生し、日本の民俗学が出発した。喜善はその後も長い時間をかけて遠野の伝承・昔話を掘り起こし、記録しつづけ、のちに「日本のグリム」と讃えられる存在となる。その仕事の集大成といえる本書には、いにしえの日本に息づいていた不思議な、愉快な、奇想天外な、あるいは怖い物語がぎっしりと詰まっている。日本人の心の故郷ともいうべき珠玉の物語集。(「BOOK」データベースより)

44800929781

311以降の東日本では押し殺されてきた伝承が噴出しはじめているようだ。

タクシーの運転手さんたちの間では、この世に肉体のないお客さんが混み合っているとのこと。自分も死んだとは思ってはいないので、帰りたいと思うのは当然のことではある。珠玉のアナザー物語集が編纂されそうである。

2012年6月23日 (土)

新釈 遠野物語 (新潮文庫)井上 ひさし

東京の或る交響楽団の首席トランペット奏者だったという犬伏太吉老人は、現在、岩手県は遠野山中の岩屋に住まっており、入学したばかりの大学を休学して、遠野近在の国立療養所でアルバイトをしている“ぼく”に、腹の皮がよじれるほど奇天烈な話を語ってきかせた…。“遠野”に限りない愛着を寄せる鬼才が、柳田国男の名著『遠野物語』の世界に挑戦する、現代の怪異譚9話。 (「BOOK」データベースより)
柳田国男『遠野物語』は遠野の佐々木鏡石という人から聞いたものを書き取ったという構成、本書は「ぼく」が遠野近くに住む犬伏太吉老人から聞いた話を書き取った。収められている話は全部で九篇。

A191

「鍋の中」
山男の話。老人は生きて語っているのだから絶対に助かるということは分かっていても、どうなるのかどきどきしてしまう語りのうまさ。最後にはどんでん返し。
「川上の家」
河童の話。悲しくも怖い話。

「雉子娘」
屋敷で働く源作という作男とその娘、志保の奇妙で悲しい話。

「冷し馬」
馬と人間が交わるという話を聞いてどう思うか。馬鹿馬鹿しい「ぼく」に対して老人は「あんたは悪しき近代主義に骨の芯まで犯されているようだね」と言う。「人工のもの、それをあんたたちは文化とか文明とか呼んでいるらしいが、そういうものが現在のようにはびこっていなかった時代には、馬と人間の交情などごく当たり前のことだったのだよ」(98頁)。これはシロという馬と青江という人間の情死
を描いた悲しい話。

「狐とおよね」
狐つきの女性から狐を追い払った若かりし日の犬伏老人はその女性と結婚する。しかし女性が実は狐つきどころか、本物の狐だったという話。

「笛吹峠の話売り」
予言をする不思議な話売りの話。犬伏老人が売ってくれた話の通りにしなかったために悲劇的な最後を迎える。若かりし日の犬伏老人は、おきぬという妻が自衛のために藁人形を傍らに置いていたのを、妻が浮気をしていると勘違いして死なせてしまう。

「水面の影」
鉱山労働から逃げ出した若かりし日の犬伏老人が鉱山監督「鬼の沢松」に追われる
話。水面の影と以前鉱山労働から逃げ出した金田に救われる。

「鰻と赤飯」
鰻と渾名されるおじさんが必死に守ろうとする沼。最初はおじさんの言うことを聞いていた周りの者も、おじさんが横領の疑義によって行方不明になると、沼の水を抜き、中の魚をすべて獲ろうとする。水がなくなった沼からはおじさんの顔そっくりな巨大な鰻が現れた。その後、沼の水を抜いた者は犬伏老人以外全員死んでしまった。

「狐穴」
狐に騙された犬伏老人の話で、本書全体のトリックにもなっている。
本作品の一番の特徴は全ての話を犬伏老人に語らせている。これによって『遠野物語』のエピソードを口承文学そのものの姿として復活させることに成功している。「この世界を固定した見方でとらえるのではなく、日々新鮮な驚異と驚嘆のまなざしでみつめる姿勢」である。常識的・合理的な見方をすれば荒唐無稽な物語かもしれないが、我々の生命が単に個的ではなく、驚くべき事象にあふれた自然や宇宙の中にあることを感じとる時、これらの物語はフィクションを超えてリアルになる。
http://homepage.mac.com/tupichan/scrap/Tohno6.html

2012年6月22日 (金)

入沢康夫「ランゲルハンス氏の島」

ランゲルハンス島は哺乳類の膵臓内に散在する内分泌腺の組織で、インシュリンを分泌する。詩人は「ランゲルハンス島」という言葉から、新たな不思議な世界を構築していく。

 ランゲルハンス氏の執事から彼の令嬢の家庭教師を頼まれ、依頼に応じて島に行く。氏は旅行中で不在、迎えたのは美しい夫人と令嬢。

島は不思議なところである。歩いは、決して海に行けない。道はすべて島の中央に戻ってくる。でも乗り物を使えば、海に出るのは簡単。島に一軒しかない本屋の前で、その本屋に本が届くのを邪魔するためだけに延々と続けられている道路工事。淋しい歌を歌い続けるバーの歌うたい。

 やがて沖にランゲルハンス氏の帆船らしい船が着く。船は水平線の彼方にあり、それ以上は島に近づいてこない。 やがて夫人と夫人の情人だといわれていた釣具屋の主人が殺される。ランゲルハンス氏の船は消えている。

この不思議でしかも魅力的な名前を持つ内臓の組織を本当の島に見立てれば、そこでは何が起こってもおかしくはない。その場に居合わせると決めたときに感じるミゾオチの痛みが、唯一その島の存在の証のようでもある。

http://borges.blog118.fc2.com/blog-entry-966.html

2012年6月21日 (木)

瀧口修造 詩的美術

Ts

2012年6月20日 (水)

瀧口修造 漂流と詩的実験

200503113192937




2012年6月19日 (火)

瀧口修造と実験工房

詩人の瀧口修造の下に様々な分野の芸術家が集まって結成された総合芸術グループ。1951年から1957年まで活動。

瀧口修造を顧問とする其々の友人知人関係が連携した集団だが、反アカデミックで前衛的な気質を持っていた。

初期活動は作曲・装置・衣装を担当した創作バレエ「生きる悦び」上演。音楽分野では作曲家の武満徹や湯浅譲二らの作品発表の場として、アルノルト・シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」、オリヴィエ・メシアンの「前奏曲集」、「世の終わりのための四重奏曲」、「アーメンの幻影」などの日本初演も手がけた。メシアン作品の研究は実験工房の音楽関係メンバーに大きな影響を与えた。

フランス文学に関する関心も深く、瀧口修造がシュルレアリスムの日本における第一人者でありアンドレ・ブルトンと交流があったことをはじめ、秋山邦晴もフランス文学に造詣が深かったため、これらのフランス文学および芸術の研究は特に熱心だった。

1953年にテープレコーダーとスライドを連動させる教育用装置オートスライドを借りてきて、スライド写真の映像を伴うミュージックコンクレート作品を発表した。1956年にはテープ音楽(ミュージックコンクレート、電子音楽およびオートスライドも含む)のオーディションを主催している。

2012年6月18日 (月)

神の国から谷底みれば

実験工房による映画「モビールとゲィトリーヌ」は、日劇ミュ-ジックホールにおいて一九五四年十月から十二月末まで行われた公演「神の固から谷底みれば」の第十景「ある神様のヴィジョン」における舞台装置として使用された。
「トニー谷を中心に八人のコメディアンが神様になり、天上に退屈して下界見物に天降る」という内容。公演の構成演出を担当した岡田恵吉は「ショウを計画するに当たつて、二、三の新しいプランを立てゝみた(略)オートスライドと映へ画の併用によるワンカットだ。これは動く人間の影像を、スライドに、鋭いアクセントでとらへ、人間の声というき音にシンクロさせる。そしてこの『場』のムードを映画によって打ち出す。画面はわざと角度から、広角レンズを使用して写す」とプログラムの中で述べている。「モビールとヴィトリーヌ」は大辻清司のスライドとともに、三面のスクリーンヘのマルチ・プロジェクション上映が行われた。

367615581

神の国から谷底みれば 18景
【日劇ミュージック・ホール NO54-5】
発行日:昭和29年10月1日発行
発行所:東宝本社事業課

神の国から紙のくつ

伝統工芸品 石州和紙で作る
ユネスコ無形文化遺産 石州半紙入 手作りキット ¥5,000
11cm・12cm・12.5cm・13cm・14cm
キットの内容:型紙印刷済石州和紙2枚
つむぎ糸(紙糸)縫製用 細糸 12本
つむぎ糸(紙糸)くつ紐用 太糸 2本
説明書1枚
命名用石州半紙(無地)1枚
(手形・足型を押して記念の一枚に)
Kaminokutu

できあがり品 ¥18,000
11cm・12cm・12.5cm・13cm・14cm

http://sekishu.jugem.jp/?eid=83

2012年6月17日 (日)

巨神兵の復活

大飯原発再稼働へ 海外の反応

 ◎再稼働は当然との見方 米政府や産業界

 ◎複雑な思いで見守る 天然ガス輸出拡大のロシア

 ◎日本の原発政策に高い関心 脱原発決めたドイツ

 ◎「拙速」批判強まると予想  韓国、日本の世論注視

 ◎ゼロ稼働で悪影響と報道 中国メディア

http://hello.ap.teacup.com/applet/koinu/20120616/archive

Kyosinhei


再稼働などへの抗議で、首相官邸前に約1万人が集合!
テレビ報道はほぼ無し!
http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11278435006.html

2012年6月16日 (土)

対極を感じる

Dscn9411

      植物を見よ

      植物は地球により

      繋ぎとめられた蝶。

 

      蝶を見よ

      蝶は宇宙により 

      解き放たれた植物。

 
ルドルフ・シュタイナー
Der Mensch als Zusammenklang
des schaffenden,bildenden und gestalteden Weltenwortes

2012年6月15日 (金)

ヴォイニッチ手稿

地球が着々とアセンションを望んでいる。
脱皮、変貌、移行する時の狭間に我々は生きている。

3691


「生命の樹」というものは概念として
暗号化したものと永くイメージしてきたけれど
われわれ人類こそが観念としてのチェス駒なのかも知れない。
「非Aの世界」というSFに描かれた設定に近いことが起こり得る。
これは非常にときめくような歴史である。

解読不能の「ヴォイニッチ手稿」の年代が特定される
http://gigazine.net/news/20110214_voynich_ams/
今週話題のヴォイニッチ手稿( Voynich Manuscript)
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/voynich-manuscr.html
ピラミットは「生命の樹」を立体化したものだということが、
いつか解析され明らかにされるであろうか。

2012年6月14日 (木)

太陽と月を中心におく星座盤

人間の顔の入った太陽を中心に置き、周囲に16本の光芒を放射状に並べた図がある。おのおのの光芒は、紺色のベタの部分と星をちりばめた部分に分かれており、昼と夜、すなわち1日を示しているようである。その外周には、昼に当たる部分にはヴォイニッチ文字が、夜に当たる部分には複数個の星が描かれている。これを星座とする見方もあるが、特定の星座に明確に関連づけられない。16本の光芒は、16日に対応するのだが、太陽と16日との関連は明らかではない。星の個数にも意味があるかもしれないがそれもわからない。
 人間の顔の入った月を中心に据えた似たような図もある。こちらは、光芒が12本で、ベタの部分が2色(紺と茶)に分かれている。月のない闇夜と月夜を区別したものだろうか。12日ではなく12カ月と理解すべきかもしれない。そうすると、各月が2つに別れていることになり、4月と5月のカレンダーとの関連が理解できる。すると、太陽の図は、16カ月を意味しているのだろうか。

「ヴォイニッチ手稿」の天文図
http://www.d1.dion.ne.jp/~ueharas/seiten/gt9/voynich.htm

図形を想念したり、頭に思い描いたりすることに意味がある。

2012年6月13日 (水)

モビルスーツ「寅さん」

Dscn9776

機動戦士ハロー

Dscn9778

2012年6月12日 (火)

小学館・地球人ライブラリー全45巻

「地球人ライブラリー」小学館が1994年から2001年に刊行した、「地球人のための」叢書。ロマンあふれる「かつての名作」が、和漢洋、フィクション、ノンフィクション問わず収録されており、幻の名作も多い。ただし、いずれも「完全版」ではなく、抄録、抄訳版である。

「ミイラ医師シヌヘ」ワルタリ
「恐竜探検記」アンドリュース
「三国志英雄伝」羅貫中
「ロンドン・ペストの恐怖」デフォー
「高安犬物語/爪王」戸川幸夫
「第四次元の小説」ハインライン
「世界最悪の旅」チェリー=ラガード
「山椒魚戦争」チャペック
「外科の夜明け」トールワルド
「緑の魔界の探検者」スタンリー
「悪魔の棲む台地」コナン・ドイル
「強力伝」新田次郎
「ハリケーン」バグリー
「ジャック・ロンドン放浪記」ジャック・ロンドン
「西域記-玄奘三蔵の旅」玄奘
「タブ号の冒険」グレアム
「アシモフの科学者伝」アシモフ
「月と六ペンス」モーム
「ボイド-星の方舟」ハーバート
「古代への情熱」シュリーマン
「東方見聞録」マルコ・ポーロ
「日本科学者伝」常石敬一他
「諸子百家」渡辺精一解説
「宇宙人フライデー」レックス・ゴードン
「釣魚大全」ウォルトン
「ヒポクラテスの西洋医学序説」ヒポクラテス
「魔法医師ニコラ」ブースビー
「ペリー提督日本遠征日記」ペリー
「近代出術の開拓者」トールワルド
「平妖伝」羅貫中
「七つの柱」フェルナンデス・フローレス
「高橋是清伝」高橋是清口述
「セルボーンの博物誌」ホワイト
「四枚の羽根」メイスン
「北越雪譜」鈴木牧之
「ドクターアロースミス」シンクレア・ルイス
「古代ローマの調理ノート」アピキウス
「アモンティラードの樽その他」ポー
「雨夜譚余聞」渋沢栄一口述
「遺伝子発見伝」デュポス
「江戸近郊ウォーク」村尾嘉陵
「モノここに始まる」ベックマン
「手仕事の日本」柳宗悦
「二宮尊徳翁の訓え」野沢希史
「デルス・ウザラ」アルセニエフ

・「最近あまりいい書物に出会えない」…そんな悩みを抱えていらっしゃる方のために、等方が選んだ良書セット。1994-2001年に小学館が発行した良心的書籍集です。体裁は四六判ハードカバー、帯付きです。巻末には明快な参考書リスト付。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/tana/141411.html

2012年6月11日 (月)

「日本伝説集」 武田静澄(現代教養文庫)

伝承されてきた民話は、目次を観ているだけでわくわくする内容。
日課として一つ一つ現代劇として脚色して、中編か長編の物語解釈している。
311以降は個人がこしらえた物語は、本気になって読めなくなっている。虚構のなかでしかないものは、現実に超克されてしまったのだ。

Photo

目次
一 幽霊・妖怪にまつわる伝説
累ガ淵 青頭巾 耳なし芳一 黒百合の花 おみなえし 木犀の花 関のお万さま 頭白上人 お岩と伊右衛門 お松地蔵 地獄谷 戸隠の鬼女 黒塚

二 人畜・獣をめぐる伝説
黒姫 蛇骨地蔵 お万ガ淵 おとわの池 たねガ池 大里峠の蔵の市 あかぎれ多弥太 赤城の小沼 佐久の生駒姫 軍学をこころざす老狸 形見の護符 犬に食われた和尚 佐古の新八狸 芝山の先右衛門 猿橋 佐喜浜の婆

三 神通力にまつわる伝説
竜宮童子 久米の仙人 磐司万三郎 吉祥姫 竹取りの翁と姫 掌中の文字 願木挽の善六 人魚と八百比丘尼

四 親子の愛をめぐる伝説
安寿恋しや、ほうやれほ 姨捨山 松山かがみ 風波の藤 愛護の若 阿漕の平治 ぬれぎぬ塚 小川原湖 笛ふき権三郎 沖代千町 長柄橋の人柱

五 男女の愛をめぐる伝説
百合若 アイヌの羽衣伝説 アイヌ西浦の客神 小督の局 網代の少女 滝口入道 浄瑠璃姫 松前のおたた 小栗判官 白鷹検校 大阿仁のヤス滝 能登山の椿 吊り天井 生島新五郎

六 人生の流転を語る伝説
盲僧蝉丸 ものぐさ太郎 小野小町 怪童金時 法勝寺俊寛 善波太郎 青葉の笛 維盛入水 湖山長者 イモ掘り藤五郎 北の庄落城 厳寒のザラ峠越え 羽川城の最期 甚兵衛渡し あとがき

伝説は読むだけでも楽しいし、その伝説がどうして発生し、どのような経路をたどって分布するようになったかを訪ねるのは、さらに興味深い。柳田国男に師事し、伝説・伝承研究に実績のある著者が選んだ、特に楽しめる70余篇を収録。

◆武田 静澄(たけだ せいちょう)1904年横浜市生まれ。鈴木大拙、柳田国男氏に師事。民俗学研究所研究員となり民俗学を研究。口承文学専攻。日本伝承文化研究会主宰。東京作家クラブ委員等を歴任。 1995年1月逝去。
主な著訳書に、「日本伝説の旅」上下、「落人伝説の旅-平家谷秘話」(以上社会思想社)、「河童天狗妖怪」(河出書房)、「日本原始宗教の研究」(成文社)ほか

2012年6月10日 (日)

わが出雲・わが鎮魂

入沢康夫さんの詩集に『わが出雲・わが鎮魂』というものがある。

 やつめさす
 出雲
 よせあつめ 縫い合された国
 出雲
 つくられた神がたり
 出雲
 借りものの まがいものの
 出雲よ
 さみなしにあわれ

詩の様式による呪文。「八芽刺す」言語のキーワードを解除。
「さ身なしに哀れ」は出雲勇士がザマヲミロと一ミリさえも憐れんでいない、戦闘的にせせら笑って太刀をかざし罵っている反歌のように聴こえてくる。
『わが出雲・わが鎮魂』は聞き耳を立てると、時空を超えてくる視覚的インパクトが物凄い言霊オーラーを放つ。
http://po-m.com/inout/id146.htm

Wagaizumo

詩について、あるいは、入沢康夫について
http://po-m.com/inout/id31.htm

2012年6月 9日 (土)

「黒死館殺人事件」著者之序

小栗虫太郎


「黒死館殺人事件」の完成によって、それまで発表した幾つかの短篇は、いずれも、路傍の雑草のごとく、哀われ果敢はかないものになってしまった。のみならず、本篇が「新青年」に連載中は、褒められるにも、誹そしられるにも、悉く最大級の用語を以ってせられた。事実、その渦の中で、私は散々に揉み抜かれたのである。恐らく、日本に探偵小説が出現して以来、かくも私ほど、敵視された作家も、例ためしなかったことであろう。が、また一面には、狂熱的に支持してくれる、読者も数多くあって、殊ことに、平素探偵小説など、見向きもせぬと思われるような純文学方面から、霰々たる激励の声を聴いたのも、この時であった。
 しかし、毫ごうも私は、この怖ろしい戦場を見捨てて、退却する気にはなれなかったのだが、そうして回を重ねて行くうちに、案外、生え抜きの探偵ファンの間にも、私の読者が少なくないのを知って、心強くなった。ともあれ、この一篇は、いろいろな意味からして、私にとると、貧しい理想の集積とも云えるのである。
 さて、此処ここで一言述べて置きたいのは、これまでも、頻繁に問われたことだったが、この長篇を編み上げるに就いて、そもそも着想を何から得たか――と云うことである。勿論、主題はゲーテの「ファウスト」であるが、大体私の奇癖として、なにか一つでも視覚的ヴィジュアルな情景シーンがあると、書き出しや結末が、労せずに泛うかんで来るのだ。それが本篇では、第三篇中の山場――すなわち、吹雪の夜に墓窖を訪れる場面に当るのである。それ故、黒死館の着想を、「モッツァルトの埋葬」から得たと云っても、過言ではないと思う。
 楽聖モッツァルトの埋葬は、霙みぞれを交えた北風の吹き荒む、十二月の空の下に行われた。しかし、その葬儀に列なったものは、宮廷合唱長のアントニオ・サリエリー、友人ジュスマイエルほか四人に過ぎなかったが、柩が墓地門に着いた頃は、それ等の人も一人去り二人去りして、残ったのは、僅かに柩車を駆る馭者一人のみ。また、それを迎えたのも、穴掘ハルシュカ一人だったと云う、まさに、芸術史上空前の悲惨事なのであった。それ故、モッツァルトの死が、私に「黒死館」を齎もたらしたとも云える訳である。なお終りに、本篇の上梓じょうしに際し、江戸川・甲賀の両氏から序文を賜わったことと、更に、松野氏の装釘に対する苦心――探偵小説としては、恐らく空前の豪華版であろうが――以上の三氏には、衷心から感謝の意を表したいと思う。わけても、本篇の連載中、水谷準氏からうけた好意の数々は、まこと何にもまして、忘れ難いものなのである。
  昭和十年四月

世田ヶ谷の草屋にて

著者
----------------------------------------------
初出:「黒死館殺人事件」新潮社 1935(昭和10)年5月

Kokusikan


『黒死館殺人事件』(こくしかんさつじんじけん)http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_c470.html

『黒死館殺人事件』本文はこちらからお読みください
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_b990.html
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/1_ccf0.html
http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/2_51f5.html

裸眼立体視トレーニング

http://www.youtube.com/watch?v=UDrPTXkUGFQ&NR=1&feature=endscreen

視力回復に効果 

3D.平行法は特殊眼鏡はいりません。
遠い目にして見てセンターの画面を見ると立体視出来ます。

3D 立体視の世界 脳内リゾート
http://www.youtube.com/watch?v=pgrLulsu6x4&feature=related

裸眼立体視トレーニングルーム
http://ammo.jp/cursor/9712/03.html

朝食の後トレーニングが効果あるらしい。

2012年6月 8日 (金)

「マリー・ロジェの謎」(The Mystery of Marie Rogêt)

Das Geheimnis Der Marie Roget - Edgar Allan Poe
http://www.youtube.com/watch?v=WZhqBBXmkug

エドガー・アラン・ポーの短編小説。突然の失踪の後水死体となって発見された香水店の看板娘の事件の謎を推理する。「モルグ街の殺人」に続いてデュパンが探偵役として登場する『スノウデンス・レディース・カンパニオン』1842年11月号、12月号、1843年2月号に分載。

Mysteryofmarieroget


「マリー・ロジェの謎」は実際あった殺人事件をモデルにしている。ニューヨークで起こったメアリー・ロジャース(Mary Rogers)殺人事件。1820年にコネティカット州ライムに生まれた女性で、1838年10月4日ニューヨーク失踪して、「美しい煙草売り娘」として有名となった。数日後に無事に戻って、海軍士官と駆け落ちしていたと噂された。3年後の1841年7月25日に再び失踪、28日にニュージャージー州においてハドソン川に死体発見された。数ヶ月後に彼女の婚約者が服毒自殺を遂げた。

舞台をパリに移しながら「デュパンによる謎の解決にかこつけて、私はニューヨークで起こった現実の悲劇を非常に厳密な分析を行なったのです」。現実のほうの事件は迷宮入りとなったが、事件の関係者が作品内で展開した推理を肯定した。

Das_geheimnis_der_marie_roget



メアリー・ロジャース事件 The Mystery of Mary Rogers (アメリカ)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text/maryrogers.html

2012年6月 7日 (木)

「SF巨匠」ブラッドベリ死去

「火星年代記」などの作者アメリカの作家、レイ・ブラッドベリさんが死去した。
91歳。1920年にアメリカ中西部のイリノイ州で生まれ、少年時代に文学に目覚め、20歳代から作家として本格的な活動を始めた。

「火星年代記」は、未来の世界で火星を探検する地球人が火星人の文明を破壊する一方、地球は核戦争で破滅してしまう。東西冷戦で緊張状態に置かれていた国際情勢や人種差別を痛烈に1950年頃へ風刺した。「華氏451度」などの作品を発表してSF小説を文学の主流に引き上げた功績が高く評価された。
娘アレクサンドラさんによると、闘病生活の末にロサンゼルスで死去したということで、アメリカ主要なメディアは「SF文学の開拓者が亡くなった」などと大きく伝え、その死を悼んでいる。

ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「現代のSF小説を小説の主流に押し上げた」とたたえた
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120607/amr12060700140000-n1.htm

Sunaplle

SF開拓者の冥福を心から祈ります。
http://www.youtube.com/watch?v=lB59BF95BIg
http://www.youtube.com/watch?v=suezl3_bPxU&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=b33y-4pIsYE&feature=relmfu

2012年6月 6日 (水)

キース・リチャードの力量

1964年10月に撮影されたT.A.M.I. Show。数千回に上るステージをこなしたストーンズだがこの演奏はトップ5に入るだろう。
http://www.youtube.com/watch?v=JGURtu-pJRc
この演奏でサウンドの核になっているのはキース・リチャードだ。彼なくしてストーンズは成立し得ない。
サウンド力配分 キース 5 ミック 3 ブライアン、ビル、チャーリー三人足して 2
サウンド重要性が低いのはブライアン・ジョーンズが弾くリズムギター。演奏された楽曲全てキースがリードギターを弾いてソロは勿論ベーシックリフもリズムギターも担当している。当時バンドリーダーのブライアンはおまけコードを鳴らしている看板男となっていたのに目を疑ったものだ。

イギリスのポップシーンで逸早く名器の誉れ高いレス・ポールを選択したギタリストこそキース・リチャードに他ならない。ジョージ・ハリスンやジミー・ペイジ、ジェフ・ベックがレスポールを弾きだすのはもっと後になってからだった。このステージでブライアン・ジョーンズはビジュアル要員に過ぎない。本人も分かっているのか最後の曲「アイム・オールライト」では途中でギターを弾くのを止めてタンバリンを叩いてサウンドにアクセントをつけている。

http://www.youtube.com/watch?v=s5EbJKMXNXY&feature=related

ギターを自分弾かなくてもステージが成立することに気付いたブライアンは1965年以降、ライブでもレコーディングでもほとんど弾かなくなってしまった。ギタリストとしての彼はスライドギターを弾かせたら当時イギリスではトップ・クラスだった。ボ・ディドリー・スタイルのギターを弾かせたら世界第2位であった。1位はディドリー本人。ブライアンはボ・ディドリーとジミー・リードに心酔しておりこのスタイルを弾かせたら相当なものだった。
レノン=マッカートニーが作った「彼氏になりたい」でリードギターを弾いているのはブライアンだと言われるが肝心のギターソロになるとたどたどしい。対してチャック・ベリー曲を弾かせたらキース・リチャードの独壇場になる。その演奏は驚異的でベーシックリフもギターソロもほとんどノーミスで時折アクションも交えて絶妙の演奏している。ジョージ・ハリスンやジョン・レノンもこんなに動きながらギターを弾くことは出来なかっただろう。キースは当時20歳の若僧に過ぎなかった。

ファンク帝王ジェームズ・ブラウンのダイナマイトが炸裂した後、ステージに立つだけでなくこのショーでトリをやれる。イギリスから突然出て来たプラスチック・ソウル・グループに「お前達が二度とアメリカに来たくないと思うステージをしてやる!」と脅しをかけた。だがキース・リチャードの肝っ玉の太さは並ではなかった。

以下はブライアン、ミック、キースの3人の性格の違いを表す例えとして有名。
ブライアンは自分を自分の理想の人間に見せることに必死だった
ミックはいつも自分を出すことに慎重だった
キースは自分を自分以外の何者にも見せようとしなかった

危機的状況に至ってもキースは平気のマイペースで彼以外の何者でもなかった。努力家で自分を出すことに慎重だったのミックは必死奮闘して4曲で息を上げている。しかし若干21歳に過ぎなかった駆出ロッカーとしてはパフォーマンスもイカシテいた。

タミー・ショーを企画したプロデューサーは、ジェームズ・ブラウンが抗議しても頑としてトリの座は譲らず出演者の筆頭はローリング・ストーンズであった。アメリカのミュージシャン達のプライドも傷つけたようでストーンズの楽屋に挨拶に来たのはシュープリームスだけだった。ダイアナ・ロスも不世出のバンドの未来を分かっていたのであろう。

キースのベースに関してはロックンロール・サーカスでの逸話も忘れることは出来ない。
当初ダーティ・マックのメンバー
ジョン・レノン  ヴォーカル&リズム・ギター
エリック・クラプトン  リード・ギター
ミッチ・ミッチェル  ドラムス
ビル・ワイマン   ベース
この錚々たる顔ぶれを知ったキースは当日になってビルを外してベースを弾いている。飛び入りで参加したにしては中々のテクニックだったから侮れない。ストーンズの看板はミック・ジャガーで、ミック&ローリング・ストーンズといわれていたが、90年代に入るとキースの評価は上がって行った。ストーンズはギターバンドで、サウンド核のイニシアティヴを握った者が覇権を掌握してきた。初期はブライアン・ジョーンズで彼がが凋落してからはキースとなったいった。ジェフ・ベックやジミー・ペイジと比較してもキース・リチャードは全く遜色はない。ヤードバーズの演奏でタミー・ショーを上回るものがあるか探してみるといいだろう。
全てのジャンルで技術は手段に過ぎないと思う。

熱心なキース信者であるジョニー・デップに継承され、2000年代映画界最高のヒットシリーズになった「パイレーツ・オブ・カリビアン」になって完全昇華された。それがキース・リチャードの力量というものだ。

2012年6月 5日 (火)

キース・リチャーズの名言

「生まれてこのかた神聖さと名の付くものとは全く無縁な人生を送ってきた俺にとっては、ストーンズとしてロックンロールを演り続けることこそが唯一の宗教なんだ」

「チューニングが狂っていると指摘されたことは何度もあるが、そんなことは日本人やアラブ人に言ってくれってことだな」

http://www.youtube.com/embed/r6IkHXZaLXI"

「一晩二晩は世界最強のロックンロールバンドって言ってもらってもいいけど、毎晩毎晩違うのが最高のロックンロールバンドなんだ。波があるに決まってるんだ。そうじゃないと味気ない、ただの直線だよ。心電図みたいなもんで、直線だっていうのは、つまり死んでるって事なんだよ、ベイビー」

http://www.youtube.com/embed/9BH_K5wDnvg"

「プレイするのに必要なのは5本の弦と、3種の音と、指2本とケツの穴一つだけだ」

「俺達ゃみんな突き詰めればアフリカから来てるはずなんだ。俺達はただ北上して白くなっただけさ。
けどどんな人間だって、切って開いてみりゃ骨は白くて血は赤いだろ、な、どっか深い所で繋がってんだよ」

「ロックンロールは上等のワインみたいなものさ。年を食えば食うほど味が良くなっていくんだ」

「曲って不思議なもんで、向こうからこっちを選んでやって来るんだ」

2012年6月 4日 (月)

Keith Richards

Keith_richards

「ロックをやるのは「芸能人(Artiste)」であって「芸術家(Artist)」じゃない。
ピート・タウンジェントとは いつもそこで意見が分かれるんだけどね。 俺は自分をArtisteだと思っているが、奴には最後の“e”が付かないらしい」

Anita_keith_gram

2012年6月 3日 (日)

「悲しい顔のように」キース・リチャーズ

Dscn8775

言い忘れていたが、ブルースを演奏すると、
監獄みたいに音符が埋めこまれた例の七面倒な線から脱獄を果たしたみたいな気がしたよ。
「悲しい顔のように」Keith Richards

2012年6月 1日 (金)

ユーロ95円台2011年ぶり安値更新

欧州財政・金融危機に加えて、米国の雇用改善の鈍化を受けている。
欧米外国為替市場で急に円高が進んだ。対ドルでは1ドル=77円台後半、対ユーロではユーロ=95円台半ばの円高水準をつけた。

http://www.youtube.com/embed/e0oKlHG3yII

「非農業部門の就業者数」は、前月比で6万9千人の増加にとどまっている。1年ぶりの低い伸びで、市場予想を大幅に下回った。失業率も前月より0.1ポイント高い8.2%に上がり、米国の景気回復にブレーキがかかったことが鮮明になった。

欧米金融市場では米欧の景気不安から円の独歩高となる。ニューヨーク外国為替市場では、円を買ってドルを売る流れが加速した。円相場は1ドル=77円66銭まで値上がり約3カ月半ぶりの円高ドル安水準になった。ユーロも急激に売られ1ユーロ=95円59銭と円高ユーロ安水準。

http://www.nikkei.com/markets/kawase/summary.aspx?g=DGXNASGM01065_01062012000000

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。