« キース・リチャードの力量 | トップページ | 「マリー・ロジェの謎」(The Mystery of Marie Rogêt) »

2012年6月 7日 (木)

「SF巨匠」ブラッドベリ死去

「火星年代記」などの作者アメリカの作家、レイ・ブラッドベリさんが死去した。
91歳。1920年にアメリカ中西部のイリノイ州で生まれ、少年時代に文学に目覚め、20歳代から作家として本格的な活動を始めた。

「火星年代記」は、未来の世界で火星を探検する地球人が火星人の文明を破壊する一方、地球は核戦争で破滅してしまう。東西冷戦で緊張状態に置かれていた国際情勢や人種差別を痛烈に1950年頃へ風刺した。「華氏451度」などの作品を発表してSF小説を文学の主流に引き上げた功績が高く評価された。
娘アレクサンドラさんによると、闘病生活の末にロサンゼルスで死去したということで、アメリカ主要なメディアは「SF文学の開拓者が亡くなった」などと大きく伝え、その死を悼んでいる。

ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は「現代のSF小説を小説の主流に押し上げた」とたたえた
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120607/amr12060700140000-n1.htm

Sunaplle

SF開拓者の冥福を心から祈ります。
http://www.youtube.com/watch?v=lB59BF95BIg
http://www.youtube.com/watch?v=suezl3_bPxU&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=b33y-4pIsYE&feature=relmfu

« キース・リチャードの力量 | トップページ | 「マリー・ロジェの謎」(The Mystery of Marie Rogêt) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。