« 「SF巨匠」ブラッドベリ死去 | トップページ | 裸眼立体視トレーニング »

2012年6月 8日 (金)

「マリー・ロジェの謎」(The Mystery of Marie Rogêt)

Das Geheimnis Der Marie Roget - Edgar Allan Poe
http://www.youtube.com/watch?v=WZhqBBXmkug

エドガー・アラン・ポーの短編小説。突然の失踪の後水死体となって発見された香水店の看板娘の事件の謎を推理する。「モルグ街の殺人」に続いてデュパンが探偵役として登場する『スノウデンス・レディース・カンパニオン』1842年11月号、12月号、1843年2月号に分載。

Mysteryofmarieroget


「マリー・ロジェの謎」は実際あった殺人事件をモデルにしている。ニューヨークで起こったメアリー・ロジャース(Mary Rogers)殺人事件。1820年にコネティカット州ライムに生まれた女性で、1838年10月4日ニューヨーク失踪して、「美しい煙草売り娘」として有名となった。数日後に無事に戻って、海軍士官と駆け落ちしていたと噂された。3年後の1841年7月25日に再び失踪、28日にニュージャージー州においてハドソン川に死体発見された。数ヶ月後に彼女の婚約者が服毒自殺を遂げた。

舞台をパリに移しながら「デュパンによる謎の解決にかこつけて、私はニューヨークで起こった現実の悲劇を非常に厳密な分析を行なったのです」。現実のほうの事件は迷宮入りとなったが、事件の関係者が作品内で展開した推理を肯定した。

Das_geheimnis_der_marie_roget



メアリー・ロジャース事件 The Mystery of Mary Rogers (アメリカ)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text/maryrogers.html

« 「SF巨匠」ブラッドベリ死去 | トップページ | 裸眼立体視トレーニング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。