« 夜明けに怪獣が | トップページ | ウォルト・ディズニー 創造と冒険の生涯 »

2012年7月23日 (月)

ウォルト・ディズニー展

▽ Walt Disney 110th Anniversary
「ウォルト・ディズニー展」では、2度の世界大戦を経験するなど激動の時代を生き、「ミッキーマウス」という人気キャラクターを生み出したウォルトの生涯を紹介します。
世界で初めて米ウォルト・ディズニー社の全アーカイブの協力を得て厳選された原画、ウォルトの長女・ダイアンさんから許可を得た日本初公開の家族写真など、貴重な資料が展示されます。

Disney_110th

展示内容は下記の4部構成。

<第1部> ディズニーはどのようにして、ディズニーになったのか? ウォルトのメッセージが現代に甦る。

<第2部> ディズニーの源流、 クラシックス作品の魅力。
ウォルトは作品を映画製作する度に、常に新たなチャレンジを忘れなかった。

<第3部> 映画から無限に広がる、 ディズニーの世界。
ディズニーライフスタイルへの発展。

<第4部> 未来に託した ウォルトの壮大な夢。
ウォルトがエプコット(Experimental Prototype Community of Tomorrow)構想に託した人類の未来。

Disney_110thb

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/index_7f.html
<京都展> 会期:2012年7月20日(金)~8月12日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO(京都駅ビル内 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

<名古屋展> 会期:2012年12月15日(土)~2013年1月20日(日)
会場:松坂屋美術館(松坂屋名古屋店 南館7階)

« 夜明けに怪獣が | トップページ | ウォルト・ディズニー 創造と冒険の生涯 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。