« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

夏の終わりに

Dscn2078

2012年8月29日 (水)

「ニックとグリマング」フィリップ・K・ディック/菊池誠 訳 筑摩書房

行き着くところまで行き着いてしまった科学力、雑多ながらくたにあふれ、疲弊した地球、そして外宇宙へとはじき出されるように旅立つ人々…。

超過密人口となった地球を脱出してニック一家の移住した先の星にはおかしな生き物たちが住んでいた。カードで会話する食いしん坊のウーブや、どんなものもコピーしてくれるフクセイなどの生き物が出てきて不思議の世界。

ひょんなことから『ある夏の日』と題された本を手にしたニックは、その本を取り返そうとするグリマングから狙われることに。この星で一番恐れられている存在だった…。

Img226

ディックワールド原点一杯の傑作ジュブナイル。

2012年8月28日 (火)

伝説のロックライブ~未発表音源でつづるROCK OF AGES~NHKFM放送曲目リスト

第1夜-2012年8月21日(火) 午前0:00~午前1:00   
Bruce Springsteen
「MARY QUEEN OF ARKANSAS」
「DOES THIS BUS STOP AT 82nd STREET?」
「SPIRIT IN THE NIGHT」 
「WILD BILLY’S CIRCUS STORY」 
「SAGA OF ARCHITECT ANGEL」 
U2
「I WILL FOLLOW」           
「SUNDAY BLOODY SUNDAY」    
「OCTOBER」                 
「NEW YEAR’S DAY」          
「GLORIA」                  
Bruce<SIPC-3460>
「WE TAKE CARE OF OUR OWN」

第2夜-2012年8月22日(水) 午前0:00~午前1:00
KING CRIMSON
「IN THE COURT OF THE CRIMSON KING」
「LADIES OF THE ROAD」
「21st CENTURY SCHIZOID MAN」
PINK FLOYD                             
「SPEAK TO ME」 
「BREATHE」 
「ON THE RUN」 
「TIME ; BREATHE(REPRISE)」
「GREAT GIG IN THE SKY」        
「ECHOES」(BBCversion)

第3夜-2012年8月23日(木) 午前0:00~午前1:00 
RY COODER                              
「POLICE DOG BLUES」            
「IF WALLS COULD TALK」         
「TAMP EM UP SOLID」            
「BILLY THE KID」             
「HOW CAN A POOR MAN STAND …」  
「TEARDROPS WILL FALL」         
LITTLE FEAT                              
「SKIN IT BACK」                
「FAT MAN IN THE BATHTUB」      
「ON YOUR WAY DOWN」            
「ALL THAT YOUR DREAM」         
「WILLIN’」                     
「DIXIE CHIKEN(NEW VERSION)」<FTN 17735>

第4夜-2012年8月24日(金) 午前0:00~午前1:00           
AC/DC                             
「HIGH VOLTAGE」                
「HIGHWAY TO HELL」             
「IF YOU WANT BLOOD(YOU’VE GOT IT)」
「LET THERE BE ROCK」
KISS                             
「DETROIT ROCK CITY」           
「I LOVE IT LOUD」              
「LOVE GUN」                    
「ALL HELL’S BREAKING LOOSE」   
「LICK IT UP」                   
「ROCK AND ROLL ALL NITE」      
AC/DC<SICP 2038>
「FOR THOSE ABOUT ROCK WE SALUTE YOU」

第5夜-2012年8月25日(土) 午前0:00~午前1:00
THE WHO
「SUMMERTIME BLUES」  
「I CAN’T EXPLAIN」   
「HAPPY JACK」       
「MY GENERATION」   
「A QUICK ONE, WHILE HE’S AWAY」
Rod Stewart& FACES                            「BRING IT ON HOME TO ME」      
「I’D RATHER GO BLIND」         
「ANGEL」                       
「YOU WEAR IT WELL ;MAGGY MAY」
THE WHO<POCP 1614>                            「WON’T GET FOOLED AROUND」

2012年8月27日 (月)

大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012パート2

大瀧詠一がアメリカの音楽がどのような進化を遂げてきたのか、大瀧氏独自の視点でアメリカン・ポップスの歴史を5回にわたって紐解いていきます。

1951年から始まり、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)が登場したSUNレコード時代、そしてエルヴィスが一気にスーパースターの座に駆け上がっていった1956年までを放送。パート2では引き続き、エルヴィスが「ハートブレイク・ホテル」をリリースした“1956年”にスポットを当てた回からスタート。この1年間のエルヴィス登場の影響とその波及について検証。

●NHK-FM『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012 パート2』
8月27日(月)〜(金) 24:00〜24:50 (8月27日(月)〜31日(金)深夜)
(再)9月3日(月)〜(金)後6:00〜6:50
http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=12n16120120830

●音響制作とラジオメディアへ取り組む精神が普通ではあり​ません。
ここまで拘る音世界への構築は、ラジオではめったに聞け​ない内容。
ゴー・ゴー・ナイアガラ
http://www.fussa45.net/radio/index.html

ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語 (Zoran Zivkovic's Impossible Stories)

巽 孝之 (解説) 山田 順子 (翻訳)
SF、ポストモダン、シュールレアリスムと形容されるジフコヴィッチの作品。シンプルな文章の背後に見え隠れするユーモアやシュールさ、知性や深みといっ たものが織り成す独特の世界。一見バラバラに見えていたパーツがクライマックスに近づくにつれて、ひとつの形をなしていくよう綿密に計算されたプロット。 シュールなファンタジーの名手として注目株のジフコヴィッチの世界。 

Zj1

駅前ティーショップで「お茶」を注文する女。いつもは冒険心など抱かないのに、鉄道駅で待ち時間ができて違うことがしてみたくなる。メニューの中から一番変わった「物語でできたお茶」を注文すると、運んできたウェイターが失踪した死刑執行人の物語を語り始める。次にレジ係が、そして店にいた客まが席にきて話の続きをつむいでいくのだった。

砂漠の丘の上に建つ古代の大図書館が火事になる、不思議な夢を見た司書の女。火の中から響き続ける音楽隊の不気味な演奏。目を覚まして図書館に出勤すると、パソコンのスクリーンに夢とそっくりの光景が現れて夢の音楽が高らかに鳴り響く。

交通事故のあと未来が見えるようになった、という少女を担当することになった精神科医の女。病院の独房に閉じ込められた少女は、どのように未来が見えて、どうやって未来が決定されるのか、不可思議な話を語るが精神科医には信じられない。自分の未来までも予言する少女の結末は、はたして偶然なのか、故意なのか。
Kurodahan Press (2010/10/15)

2012年8月26日 (日)

時の声 (1962) J・G・バラード

宇宙の彼方から送られてくる謎の信号。プールの底一面に不可解な模様を刻みつける生物学者。遺伝子異常を起こし始める生物たち。そして人類は日々長くなる眠りに陥る……。バラードが自身の代表作と評した傑作「時の声」ほか、凋落したかつてのプリマドンナと、過去の音を清掃する口のきけない青年の奇妙な触れ合い「音響清掃」など7編を収録。

「時の声」 The Voices of Time
「音響清掃」 The Sound-Sweep
「重荷を負いすぎる男」 The Overloaded Man
「恐怖地帯」 Zone of Terror
「マンホール69」 Manhole 69
「待ち受ける場所」 The Waiting Grounds

Tokinokoe

J.G.バラード 小説総覧
http://www.silverboy.com/silverboy/jgb.htm
----------------------------------------------------------------
J・G・バラード
イギリスの作家。1930年生。「人間が探求しなければならないのは、外宇宙(アウタースペース)ではなく、内宇宙(イナースペース)だ」として、SFの新しい波(ニュー・ウェーブ)運動の先頭に立った。人間の精神世界をテーマに、シュールな技法とファンタスティックな文体で独自の世界を築いた。『沈んだ世界』『結晶世界』などの長編と共に、『時の声』をはじめとする数々の短編集でも、独特の世界を楽しむことができる。2009年歿。

2012年8月25日 (土)

アシモフ「銀河帝国の興亡」

 第一銀河帝国は数万年のあいだもちこたえた。高圧的になったり、慈悲深くなることはあっても、常に秩序ある中央集権政治によって、それは銀河系のあらゆる惑星を包括していた。人間はそれ以外の存在形態があり得ることを忘れてしまった。
 つまりハリ・セルダン以外のすべての人間はである。
                                   
 ハリ・セルダンは第一帝国最後の偉大な科学者であった。彼こそは心理歴史学(サイコ・ヒスーリー)なる学問を最高度まで発展させた当人であった。心理歴史学は社会学の精粋であり、数学方程式に還元される人間行動に関する学問であった。

604

 個々の人間は予知できないが、群衆の反応は統計的に処理できることをセルダンは発見した。
その集団の人数が大きいぼど、達成できる正確さの度合は大きくなった。そしてセルダンの扱った人間集団の規模は、当時百万の三乗を単位に数えられた銀河系の人口にほかならなかったのである。
 さらに、かくも強力に見えた華々しい帝国が取返しのつかぬ崩壊と衰退の状態にあることを、あらゆる常識や社会通念に反して予見したのほセルダンであった。彼は、このまま放置すれば銀河系はふたたび中央政府が生まれるまでに三万年の悲惨な無改府時代を経験することになると予見した(すなわち方程式を解いてその記号を解釈したのであったが、これは予見したのと同じことである)。

 彼は事態を矯正すること、つまり一千年のあいだに平和と文明を回復するような形勢を生じさせることに着手した。すなわちファウンデーションと称する、二つの科学者たちの植民地を慎重に設定したのである。彼は故意にそれらを 「銀河系の両端」に設立した。一方のファウンデーションは、はっきりと公表して設立された。他方の第二ファウンデーションの存在については何も言及されなかった。

「銀河帝国の興亡」には第一ファウンデーションの歴史の最初の三世紀が語られている。それは銀河系の外縁星域の虚空におき忘れられた百科事典編集者の小さな共同社会として始まったものである。
それは人間同士の交渉の変数や、社会的、経済的な時流の変数がその周囲に圧縮するような危機に周期的に、直面した。それはある一定の線に沿ってしか動く自由をもたず、その方向に移動すると新しい発展の範囲が前方に開けるのであった。とうの昔に死んだハリ・セルダンによって、万事が計画されたのである。

2012年8月24日 (金)

『冷たい方程式』The Cold Equations

The_cold_equations
惑星・ウォードンを調査していたグループの1つで致死性の疫病が発生した。物語は、惑星に血清を届ける小型宇宙船の中で起こる。

この宇宙船には、燃料も酸素も、最小限の量しか積まれていない。発進後、宇宙船のパイロットは船内に隠れていた密航者を発見する。規則に従うならば、密航者はエアロックから真空の船外へ放り出されなければならない。しかし密航者は、惑星で調査の任に携わっている兄(疫病には罹患していない)に会う為に密航した、18歳の少女であった。彼女は罰金を払う程度の罰で済むと思っていたのだ。

パイロットは、燃料はぎりぎりしか積まれておらず、彼女がいるままでは安全に惑星に着陸出来ないばかりではなく、血清を待つ6人の命までも死に至らしめることになることを説明する。パイロットは彼女を宇宙船の外へ放棄するのを遅らせるために最善を尽くした。その間に彼女は、両親とウォードンにいる兄へ手紙を書き、兄と無線で会話を交わす。無線が途切れた後、彼女は船外へ放棄されるために、自らエアロックの中へ入った。- Wikipedia より

2012年8月22日 (水)

『冷たい方程式』( The Cold Equations)アンソロジー

『冷たい方程式』伊藤典夫・編訳(ハヤカワ文庫SF201/11/15)
「徘徊許可証」 ロバート・シェクリイ
「ランデブー」 ジョン・クリストファー
「ふるさと遠く」 ウォルター・S・テヴィス
「信念」 アイザック・アシモフ
「冷たい方程式」 トム・ゴドウィン
「みにくい妹」 ジャン・ストラザー
「オッディとイド」 アルフレッド・ベスター
「危険!幼児逃亡中」 C・L・コットレル
「ハウ=2」 クリフォード・D・シマック

ただ一人の乗員を目的地に届ける片道分の燃料しか積んでいない緊急発進艇に密航者がいたら、パイロットのすべきことはただひとつ――船外遺棄だ! だがそれが美しい娘で、しかもたった一人の兄会いたさに密航したのだとしたら、あなたならどうする?……SF史上に燦然と輝く記念碑的名作「冷たい方程式」をはじめ、名作、傑作の誉れ高い作品全9篇を厳選。旧版からの2篇に新たに7中短篇を加えたSF入門書の新版登場!

Sf1832


下記アンソロジー『SFマガジン・ベスト』二冊より新たに編集された。
再編集版というが2編のみが残り7編が入れ替わっている。

ハヤカワ文庫SF (SF Magazine Best)
『SFマガジン・ベスト1 冷たい方程式』 伊藤典夫/浅倉久志・編訳 1980/2/29
「接触汚染」 Contagion キャサリン・マクリーン(Katherine Maclean)
「大いなる祖先」 Big Ancestor F・L・ウォーレス(F. L. Wallace)
「過去へ来た男」 The Man Who Came Early ポール・アンダースン(Poul Anderson)
「祈り」 Star Light, Star Bright アルフレッド・ベスター(Alfred Bester)
「操作規則」 Operating Instructions ロバート・シェクリイ(Robert Sheckley)
「冷たい方程式」 The Cold Equations トム・ゴドウィン(Tom Godwin)
「信念」 Belief アイザック・アシモフ(Isaac Asimov)

『SFマガジン・ベスト2 空は船でいっぱい』伊藤典夫/浅倉久志・編訳 1980/8/31
「われはロケット」 I, Rocket レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)
「いつの日か還る」 The Obligation ロジャー・ディー(Roger Dee)
「美女ありき」 No Woman Born C・L・ムーア(C. L. Moore)
「くたばれ スネイクス!」 Joy in Mudville ポール・アンダースン(Poul Anderson) & ゴードン・R・ディクスン(Gordon R. Dickson)
「空は船でいっぱい」 The Sky Was Full of Ships シオドア・スタージョン(Theodore Sturgeon)
「危険な関係」 Beyond Bedlam ワイマン・グイン(Wyman Guin)

2012年8月21日 (火)

森が消えれば海も死ぬ

「森のきこりよ その木だけは残しなさい。
 一本の枝にも触れてはなりません。

 子どもだった頃、その木は私を守ってくれた。
 だから今、私が守らなければならない」

星野道夫

Dscn0752

2012年8月20日 (月)

「悲しき熱狂」パゾリーニ

昔に返るすべはない、だって? まったくばかげた真実だ。
わたしは後ろを振り返り、涙する
貧しい村々のために、雲のために、小麦のために。
薄暗い家のために、煙のために、自転車のために、雷鳴のように
通りすぎる飛行機のために。子供たちは飛行機を見上げる。
心の底から湧き起こってくるあの笑い方。
まわりを見つめる眼は、好奇心と憧れに
燃えあがり、はにかみもせずこわがってもいない。
わたしは死んでしまった世界をいたんで涙する。
だが涙するこのわたしは、死んでいない。
前に進んでいきたいのなら、わたしたちは
もはや帰らぬ時代を痛んで涙し、わたしたちを
牢獄に閉じこめてしまったこの現実に
否と言わねばならないのだ・・・・

ピエル・パオロ・パゾリーニ(Pier Paolo Pasolini)

2012年8月19日 (日)

不貞腐れる

Dscn1137

対話もするよ

Dscn1139

2012年8月18日 (土)

せせら笑うよ

Dscn1126

2012年8月17日 (金)

豊饒への感謝

Dscn1036

あることへの感謝の念をこめて

Dscn0974


2012年8月16日 (木)

ohne: 基本的に「~なしで」を表す

ohne allen (od. jeden) Anlaß:何の理由もなく
ohne Ansehen der Person:人によって差別しないで
ohne Fehl (und Tadel) sein:(geh.) 申し分がない
ohne Sang und Klang:こっそりと、ひっそりと
ohne Unterlass:絶えず、間断なく
ohne sein Zutun:彼のせいではなく、彼の助力なしに

2012年8月15日 (水)

血液O型は零ohneだった。

 ABO式血液型はA型B型とあるのにC型ではなくO型なのか?
 
そもそも血液は3つの型に分類された。
 
 1.A抗原を持ってB型の血液を凝固させる「抗B抗体」を持つA型、
 
 2.B抗原を持ち、A型の血液を凝固させる「抗A抗体」を持つB型、
 
 3.特定の抗原を持たないものをC型 と分類した。
 
Abo

ところが1902年に二つの抗原を持つ「AB型」が発見された。 
 
そこで「C型」と分類していた血液型は、「抗B抗体」「抗A抗体」の両方を持っていない血液型として、数字の「0(ゼロ)型」と改称された。アルファベット「O型」と見間違えや誤記されることが多く、数字とアルファベットが両立混同した。1927年に国際連盟の専門委員会にアルファベットの「O型」という呼称に統一。ohne(ドイツ語ないの意味)の頭文字とされた。

2012年8月14日 (火)

残暑お見舞い

Dscn0865

千に成れますか

Dscn0950


2012年8月13日 (月)

スタジオジブリ発行の小冊子『熱風』2012年8号

今月号は絵本画家のいわさきちひろ特集。
ドキュメンタリー映画公開に合わせて展覧会も開かれているみたいです。 Dscn08751

特集記事
子どもの幸せと平和を願ったちひろさんの思いを受け継いで (黒柳徹子)
いわさきちひろと私 (海南友子)
いわさきちひろの闘い (上野千鶴子)
いわさきちひろと少女漫画 (藤本由香里)
最上の瞬間を切り取る画家 (長倉洋海)
絵本作家は、どんなときでも子どもの味方 (松本春野)
子どもの「尊厳」をとらえた稀有な画家 『あめのひのおるすばん』と『戦火のなかの子どもたち』 (高畑勲)
Dscn08721

連載記事
最終回 昭和という時代を生きて 非権力という考え方 (氏家齊一郎 / 聞き手:塩野米松) 最終回 物語「私の映画惹句術」 映画「あなたへ」との出会い (関根忠郎) 第2回 建築の素 ジェンネの泥の大モスク<土、その二>(藤森照信) 第7回 二階の住人とその時代 転形期のサブカルチャー私史 (大塚英志) 第9回 忘れられた物語 講談速記本の発見 忍術よこんにちは(山下泰平) 第6回 続・上を向いて歩こう ~蘇生と復活の軌跡~ 奇跡と偉業がニューヨークで交錯した日  (佐藤 剛) 第5回 戦士の休息 「アベンジャーズ」 (落合博満)
http://www.ghibli.jp/shuppan/

信州よりの桃

Dscn0822

林檎みたいな感触であります。


Dscn0837

2012年8月12日 (日)

ぼくの絵の場合は描きながら推敲する

横尾忠則さんtwitterより
「どのぼくの作品にも謎と秘密を隠し持っている。解ってもらいたいが、解られたくもない。
ぼくのツイートはほとんどが遊びだったり、暗喩だったりジョークなんだけど、世の中には真面目な人が多いらしく、真面目にサゼッションをして下さる方や、本気で怒ったり、文句を言う人がいるのが、なんだかおかしくって。

小説は書き上げたあと、推敲するけれど、ぼくの絵の場合は描きながら推敲するタイプだ。そして時には推敲の痕跡さえ残すことがある。
結局絵は性格だと思う。他人の制作スタイルを真似ようと思っても、彼と性格が違うと上つらだけを真似ているだけで自分のモノにはならない。」
http://twitter.com/tadanoriyokoo

2012年8月11日 (土)

眼差しから眼をそらせる

Dscn3056

「私達は海岸線に立ち、
 水平線を眺めている時、
 今までつきあっていたさまざまなもの、
 さまざまな顔とそこから照射する眼差しから眼をそらせることができる。」
 中西夏之

2012年8月10日 (金)

-ジャマイカ音楽特集-

ウィークエンドサンシャイン サマースペシャル
2012年8月11日放送 DJピーター・バラカン

Jrs

01. Independent Jamaica / Lord Creator
ALBUM:Out Of Many - 50 Years of Reggae Music
02. Day-O (Banana Boat Song) / Harry Belafonte
ALBUM:King Of Caribbean Groove : Harry Belafonte Calypso Best
03. Slide Mongoose / Count Lasher's Calypso Quintet
ALBUM:Boogu Yagga Gal Jamaican Mento
04. Later for the Gator / Willis Jackson
ALBUM:The Big Horn: Honkin' & Screamin' Saxophone
05. My Ding-a-Ling / Dave Bartholomew
ALBUM:In The Alley
06. Boogie In My Bones / Laurel Aitken
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
07. Malcolm X / The Skatalites
ALBUM:Out Of Many - 50 Years of Reggae Music
08. Man In The Street / Don Drummond
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
09. My Boy Lollipop / Millie
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
10. Street Where You Live / Lance Haywood & Ernest Ranglin
ALBUM:At The Half Moon Hotel Montego Bay
11. Linstead Market / Ernest Ranglin
ALBUM:Wranglin'
12. Enjoy It (Enjoy Yourself) / Prince Buster And His All Stars
ALBUM:King Of Ska
13. Henry The Great / Jackie Mittoo
ALBUM:The Keyboard King At Studio One
14. I Wish It Would Rain / The Techniques
ALBUM:Run Come Celebrate: Their Greatest Reggae Hits
15. Dancing Mood / Delroy Wilson
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
16. Cry Tough / Alton Ellis
ALBUM:Rocksteady Soul: The Original Cool Sound Of Duke Reid's Treasure Isle
17. Humpty Dumpty / Georgie Fame
ALBUM:Rhythm & Blues At The Flamingo
18. Israelites / Desmond Dekker
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
19. Wet Dream / Max Romeo
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
20. Young Gifted & Black / Bob & Marcia
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music

Jrss

21. 54-46 Was My Number / Toots & The Maytals
ALBUM:Pressure Drop - The Best Of Toots & The Maytals
22. People Funny Boy / Lee "Scratch" Perry
ALBUM:A Live Injection: Anthology 1968-1979
23. Simmer Down / The Wailers
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
24. Shame & Scandal / Peter Tosh & The Wailers
ALBUM:Dance Crasher Ska To Rock Steady
25. Trench Town Rock / Bob Marley & The Wailers
ALBUM:African Herbsman
26. Put It On / Bob Marley & The Wailers
ALBUM:Burnin'
27. Everything I Own / Ken Boothe
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music
28. The Harder They Come / Jimmy Cliff
ALBUM:The Harder They Come
29. Rivers Of Babylon / The Melodians
ALBUM:The Harder They Come
30. Satta Massa Gana / The Abyssinians
ALBUM:Tree Of Satta
31. Way Back Home / The Mystic Revelation Of Rastafari
ALBUM:Grounation
32. I Need A Roof / The Mighty Diamonds
ALBUM:When The Right Time Come I Need A Roof
33. Police & Thieves / Junior Murvin
ALBUM:Police & Thieves
34. Slave Master / Gregory Isaacs
ALBUM:Rockers - The Original Soundtrack
35. Bobby Babylon / Freddie McGregor
ALBUM:Respect: To Studio One
36. Uptown Top Ranking / Althea & Donna
ALBUM:Tougher Than Tough - The Story of Jamaican Music

ウィークエンドサンシャイン http://www.nhk.or.jp/fm/sunshine/

とてもカリブ世界の音楽を堪能できる午前中だった。曲順をかえてまた聞き直したい。

2012年8月 9日 (木)

ジャマイカ・レゲィ・ステッカー

Jrs

Jrss


2012年8月 8日 (水)

火星からの最新写真

http://wired.jp/2012/08/07/first-image-rover-landing/

http://news.mynavi.jp/articles/2012/08/09/nasaimg20120809/

キュリオシティの悲劇
「火星からの写真なのだから、この程度のものなのでは」と思われる方もいらっしゃるかもしれないですが、今から36年前に火星に着陸した NASA のバイキング2号の写真を比べると、その「質がどんどん落ちている」
http://oka-jp.seesaa.net/article/285483568.html

2012年8月 7日 (火)

憂国

Dscn0512

三島由紀夫の短編小説。1961年(昭和36年)1月、雑誌「小説中央公論」3号・冬季号に掲載され、新潮社より短編集『スタア』に収録され刊行された。二・二六事件の外伝的作品『憂国』。

1965年4月に製作・監督・主演・脚色・美術を務めた映画『憂国』が製作。1966年1月、ツール国際短編映画祭劇映画部門第2位。日本での一般公開は話題を呼びヒットした。映画の製作過程・写真などを収録した『憂国 映画版』も新潮社より刊行。

2012年8月 6日 (月)

日本アート・シアター・ギルド

1961年から1980年代にかけて活動した日本の映画会社。ATGの略称で示されることも多い。

他の映画会社とは一線を画す非商業主義的な芸術作品を製作・配給し、日本の映画史に多大な影響を与えた。また、後期には若手監督を積極的に採用し、後の日本映画界を担う人物を育成した。

また、ATGは公開作品ごとに映画雑誌『アートシアター』を発行した。本誌は映画の完全シナリオと映画評論などから構成され、上映館のみで販売された。

Dscn0510


[歴史と背景]
ATGは良質のアート系映画をより多くの人々に届けるという趣旨のもとに設立され、年会費を払って会員になると多くの他では見られない映画を割安の価格で観られたため、若者たちの支持を得た。1960年代から1970年代初めの学生運動、ベトナム反戦運動、自主演劇などの盛り上がりの中で、シリアスな、あるいはオルタナティブな映画に対する関心は高かった。当時は御茶ノ水近辺に主要な大学が集中しており、新宿が若者文化の中心となっていて、ATGの最も重要な上映館であった新宿文化は、話題の映画の上映となると満員の盛況であった。このような状況と会員制度に支えられて、大島渚『新宿泥棒日記』、羽仁進『初恋・地獄篇』、松本俊夫『薔薇の葬列』など、当時の若者たちに大きな影響を与えた話題作の製作が可能になった。

ATGの活動は、主に外国映画の配給を行っていた第1期、低予算での映画製作を行った第2期、若手監督を積極的に採用した第3期に大別することができる。

【wikipedia】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%89

Dscn0511

atg・アートシアター・新宿文化
1962年4月の初上映から1969年12月まで掲載
http://www.kuradashieigakan.com/kura-32/atg16.htm

2012年8月 5日 (日)

リュミエール叢書 1989-2005年 筑摩書房

『小津安二郎物語』 厚田雄春/蓮実重彦
『映画物語』 大森一樹
『日本映画の現場へ』 山根貞男
『ベルトルッチ、クライマックス・シーン』 ベルナルド・ベルトルッチ(Bernardo Bertolucci)
『映画は戦場だ!』 サミュエル・フラー(Samuel Fuller)
『キャメラを持った男』 ネストール・アルメンドロス(Nestor Almendros)
『成瀬巳喜男の設計』 中古智/蓮実重彦
『リリアン・ギッシュ自伝』 リリアン・ギッシュ(Lillian Gish) & アン・ピンチョット(Ann Pinchot)
『光をめぐって』 蓮実重彦
『美女と野獣』 ジャン・コクトー(Jean Cocteau)
『1923溝口健二「血と霊」』 佐相勉
『アントニオーニの誘惑』 石原郁子
『レオス・カラックス』 鈴木布美子
『増村保造』 山根貞男
『ファイナル・カット』 スティーヴン・バック(Steven Bach)
『ハリウッド映画史講義』 蓮実重彦
『北野武vsビートたけし』 阿部嘉昭
『映画の密談』 鈴木布美子
『加藤泰,映画を語る』 加藤泰
『わがハリウッド年代記』 ロバート・パリッシュ(Robert Parrish)
『『市民ケーン』、すべて真実』 ロバート・L・キャリンジャー(Robert L. Carringer)
Img220

『映画監督に著作権はない』 フリッツ・ラング(Fritz Lang) & ピーター・ボグダノヴィッチ(Peter Bogdanovich)
『リュミエール元年』 蓮実重彦
『映画監督という仕事』 フェデリーコ・フェリーニ(Federico Fellini) & リータ・チリオ(Rita Cirio)
『サイコ・シャワー』 ジャネット・リー(Janet Leigh) & クリストファー・ニッケンス(Christopher Nickens)
『「イージー・ライダー」伝説』 谷川建司
『ジョン・フォードの旗の下に』 ハリー・ケリー・ジュニア(Harry Carey)
『バスター・キートン自伝』 バスター・キートン(Buster Keaton) & チャールズ・サミュエルズ(Charles Samuels)
『ゴダール』 松浦寿輝
『ゴダール全評論・全発言1』 ジャン=リュック・ゴダール(Jean Luc Godard)
『ゴダール全評論・全発言2』 ジャン=リュック・ゴダール(Jean Luc Godard)
『ヒッチコック映画自身』 アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)
『ゴダール全評論・全発言3』 ジャン=リュック・ゴダール(Jean Luc Godard)
『『ブレードランナー』論序説』 加藤幹郎
『香港への道』 西本正/山田宏一/山根貞男
『成瀬巳喜男の世界へ』 蓮實重彦/山根貞男
『ゴダール革命』 蓮實重彦 

2012年8月 4日 (土)

本体は七日間の生命

Dscn0424

跳びます

Dscn0432

2012年8月 3日 (金)

朝の仕入れで決まるメニュー

Dscn0457

基本はこればっかりでございます。

これでいいのだ。文句あっかー。

2012年8月 2日 (木)

意地悪ばあさん

Iziwarubasan

青島幸男 「意地悪ばあさんのうた」 『意地悪ばあさん』主題歌
http://www.youtube.com/watch?v=fDeOsM36Eqg&feature=related

青島幸男さんの代表作である
長谷川町子原作のドラマ『意地悪ばあさん』の読売テレビ版の主題歌で
当時クラウンレコードの専属歌手だった青島さん自身が唄っています。

2012年8月 1日 (水)

「映画づくりの楽しさ」 青島幸男

 食欲、性欲は、人間の二大欲望と言われているが、もう一つ男には創造欲という大変な欲望があると私はつねづね思っている。とにかく、モノを創るのは、それがプラモデルであっても楽しいものだ。まして、何十人かのスタッフを擁して創る映画は、一度、やったことのある者なら絶対、トリコとなるぐらいの楽しさである。
 数年前、まったくの自力で『鐘』を創り上げてから、映画作りの魅力に取りつかれ、TV映画は数本監督したのだが、この程大型映画を製作、監督できるチャンスが訪れたので、ソレッとばかりに創ったのがこの東京映画=青島プロ提携作品『二人でひとり』である。
 せっかく、『鐘』で自主製作、自主公開の路線をとりながら、今度の作品では、企業の中に埋没しているというご批判もあるようだが、企業の中で創ったとはいえ、内容について企業とは、ただの一点も妥協することなく、自分の思い通りの作品を創り上げたことと、金はなくとも、智恵で、金をかけたより面白いものに仕上げたということに、私は凄いい誇りを感じている。

 まあ、その辺のことは、さておき、この作品では、三木のり平、中山千夏、コント55号、佐藤英夫といった、一筋縄でゆかぬ大天才を揃えた為(もっとも佐藤英夫は二流の人を自称しているが)、監督としては、交通整理にひと苦労、出演者としての私は、しばしば笑いをこらえることができず、私の為のNGがずいぶんあり、製作者としての私は、そのたびに頭の中でフィルム費を計算するという、まったくオカシな撮影の毎日だった。内容については、シナリオをお読み下さればおわかりのことと思うが、私のネライは、親子井という形を通して、現在のサラリーマンの多くが持っているマイホーム主義、体制ペックリの姿勢を批判し、体制外の生き方の可能性を見出すことにあった。
 自分では、十分、その試みが成功し、なおかつ面白い作品になったと思っているが、みなさんは、どう思われるか、とにかく写真を観ていただきたい。観て面白くない時はどうするって? そんなことは、オレ、知らないよ。

青島幸男(『キネマ旬報L昭和45年1月下旬号)

Aosimada

青島幸男は『サンデー毎日』で大島渚と対談したこともあるが、そこではおもに聞き役だった。この記事は彼が監督・脚・主演した2作目の劇場映画『二人でひとり』について語ったもの。短文だが天性の表現者としての姿が伝わってくる。

劇場映画『二人でひとり』東宝1970年
出演 三木のり平 (服部平助)  青島幸男 (服部良助)  中山千夏 (中川千冬)  萩本欽一 (加藤抜作)  坂上二郎 (八雲虎太郎)  佐藤英夫 (金井正)
監督 脚本 原作 青島幸男
製作 藤本真澄 青島幸男
撮影 鈴木斌 美術 樋口幸男 音楽 青島幸男
録音 神蔵昇 照明 今泉千仭 編集 白江隆夫
スチール 山崎淳

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。