« ハロウィンセット | トップページ | 世界の存在理由と同じ存在理由をもって »

2012年10月19日 (金)

夢の理想郷

いま資本が万能とされた社会が崩壊している。
人類は原始的生活に戻るのか、地球再生を目指して生態系のバランスを取り入れるのか。

地中の物質は古代地球のモノだから掘り出して使ってはいけない。石油、石炭、ウランなどは地球を古代へと戻してしまう役割を負っている。
地球では植物が動物よりも偉大。植物は地上に生えていて、周囲の動物がそれを助ける役目がある。人の役目も地球の循環を整えなくてはならない。

世界の雛形となる日本が「最後に与えられた理想郷」とも言われている。
しかし今起きているメルトダウンは、地下で大爆発を起こす可能性がある。 メルトダウンはマグマまで行かないと止まらない。放射能への対策としては、水耕栽培がある。ソーラーパネルは作るのに80%のエネルギーを使うので省エネにならない。

半年で世界が滅亡するとしても、今していることを続ける人は幸いである。別のことをしたいならそれで暮らせる方法を早めに探したほうが良い。この最後の理想郷では互いに助け合う世界は、とても困難を極めている。としか見えないのである。夢の理想郷いずこへ。

【関連項目】日本語が美しい理由
日本語の音声認識が日本人を性格づけている
日本人の脳に主語はいらない~脳内の伝達が主語の必要不必要を決めている

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=205053
☆自然音を左脳で聞く日本語の凄さ

« ハロウィンセット | トップページ | 世界の存在理由と同じ存在理由をもって »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。