« 三大奇書 | トップページ | 伝奇ノ匣― 国枝史郎ベスト・セレクション (学研M文庫) »

2012年11月18日 (日)

犯罪文学傑作選

エラリー・クイーン 編  龍口直太郎 訳
創元推理文庫:634ページ 1977年5月13日初版

1977

シンクレア・ルイス「死人に口なし」
パール・バック「身代金」
W・サマセット・モーム「園遊会まえ」
エドナ・セント・ヴィンセント・ミレー「「シャ・キ・ペーシュ」亭の殺人」
ジョン・ゴールズワージー「陪審員」
ジョン・スタインベック「殺人」
ルイス・ブロムフィールド「男ざかり」
チャールズ・ディケンズ「追いつめられて」
ウィラ・キャザー「ポールのばあい」
マーク・トウェイン「盗まれた白象」
オールダス・ハックスレー「モナ・リザの微笑」
C・S・フォレスター「証拠の手紙」
リング・ラードナー「散髪」
ウォルター・デ・ラ・メア「すばらしい技巧家」
ジェイムズ・サーバー「安楽椅子(キャットバード・シート)の男」
ロバート・ルイス・スティーヴンソン「マークハイム」
H・G・ウェルズ 「ブリシャー氏の宝」
デイモン・ラニヨン「評決」
フランク・スウィナトン「アン・エリザベスの死」
ファニー・ハースト「ユーモア感」
ウィリアム・フォークナー「修道士(マンク)」

世界的に有名な作家のほとんどは犯罪文学に貢献してきたことを証明するために、選び抜いた二十一の傑作。名だたる文豪たちの犯罪文学を収録した豪華アンソロジー。

« 三大奇書 | トップページ | 伝奇ノ匣― 国枝史郎ベスト・セレクション (学研M文庫) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。