« 2012年ミステリ・ベストランキング | トップページ | 熊タコ鰐 »

2012年12月 3日 (月)

スティーヴ・ハミルトン「解錠師」 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

けっして動かないよう考え抜かれた金属の部品の数々。でも、力加減さえ間違えなければ、すべてが正しい位置に並んだ瞬間に、ドアは開く。そのとき、ついにその錠が開いたとき、どんな気分か想像できるかい?
 八歳の時に言葉を失ったマイク。だが彼には才能があった。絵を描くことと、どんな錠も開くことが出来る才能だ。やがて高校生となったマイクは、ひょんなことからプロの金庫破りの弟子となり芸術的な腕前を持つ解錠師になる……プロ犯罪者として非情な世界を生きる少年の光と影を描き、世界を感動させた傑作!
【アメリカ探偵作家クラブ賞(エドガー賞)最優秀長篇賞/英国推理作家協会賞スティール・ダガー賞/バリー賞最優秀長篇賞/全米図書館協会アレックス賞】
 
Keyop

「まず彼女を理解することだ。中がどうなっているのか知ることだ」
ハヤカワ・ポケット・「ミステリー」収録作品ではあるが、推理小説としての要素は一切排除されている。
恋人との重大なコミュニケーションとして、絵は欠かすことのできない役割を果たす。言えなかった言葉を吹き出しに載せて、漫画は伝達方法として選ばれている。
「美術学校へ行くとどうなるか知っているか? きみには生まれながらのすばらしい技法がある。精巧な描写力がね。やつらはそれを叩きつぶす。きみの力に圧倒されるあまり、キャンバスに絵の具を猿みたいに投げつけろと命じるんだ」アーティストとも言えるような解錠技術と焦燥感が交錯して、翻訳ミステリにはない個性的な味を形成している。
“目を閉じて、こうありたいと夢を見る。だが目が覚めると、あらゆるものが一気に舞い戻る。孤独も閉ざされたドアも、まわりを囲う石壁の重苦しさも、すべてがもどってきて、一段とつらくなる”

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO37437160Q1A221C1NNK001/

« 2012年ミステリ・ベストランキング | トップページ | 熊タコ鰐 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。