« 日本SF大賞:月村了衛さん、宮内悠介さんの作品に | トップページ | 小冊子『熱風』2012年12号 »

2012年12月 9日 (日)

第8回日本SF評論賞候補作

日本SF作家クラブ50周年記念 公式サイト http://sfwj50.jp/news/2012/12/nippon-sf-taishou-hyouronshou.html

第8回日本SF評論賞候補作
『荒巻義雄の「ブヨブヨ工学」 SF、シュルレアリスム、そしてナノテクノロジーのイマジネーション』タヤンディエー・ドゥニ
『世界の終りと細田守的中間地帯(ノーマンズランド)』新藤洋介
『日本ユートピア小説論--SFと「文学」が交わる場所で--』吉野泰平

第33回日本SF大賞候補作
『機龍警察 自爆条項』月村了衛(早川書房)
『ゴースト・オブ・ユートピア』樺山三英(早川書房)
『屍者の帝国』伊藤計劃×円城塔(河出書房新社)
『シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』藤元登四郎(中央公論事業出版)
『Delivery』八杉将司(早川書房)
『盤上の夜』宮内悠介(東京創元社)

http://sfwj50.jp/news/2012/10/kouho-hyouron-8th-kouho-nipponsf-33th.html

« 日本SF大賞:月村了衛さん、宮内悠介さんの作品に | トップページ | 小冊子『熱風』2012年12号 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。