« 雑誌「BRUTUS」 一度限りの文芸誌創刊 文芸ブルータス | トップページ | スティーヴ・ハミルトン「解錠師」 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) »

2012年12月 3日 (月)

2012年ミステリ・ベストランキング

海外篇 OVERSEAS

1位『湿地』
アーナルデュル・インドリダソン/柳沢由実子訳/東京創元社
2位『解錠師』
スティーヴ・ハミルトン/越前敏弥訳/ハヤカワ・ミステリ
3位『占領都市 TOKYO YEAR ZERO II 』
デイヴィッド・ピース/酒井武志訳/文藝春秋
4位『特捜部Q―Pからのメッセージ―』
ユッシ・エーズラ・オールスン/吉田薫、福原美穂子訳/ハヤカワ・ミステリ
5位『鷲たちの盟約』(上下)
アラン・グレン/佐々田雅子訳/新潮文庫
6位『追撃の森』
ジェフリー・ディーヴァー/土屋晃訳/文春文庫
7位『無罪  INNOCENT』
スコット・トゥロー/二宮磬訳/文藝春秋
8位『真鍮の評決 リンカーン弁護士』(上下)
マイクル・コナリー/古沢嘉通訳/講談社文庫
9位『ローラ・フェイとの最後の会話』
トマス・H・クック/村松潔訳/ハヤカワ・ミステリ
10位『罪悪』
フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一訳/東京創元社

国内篇 JAPAN

1位『幽女の如き怨むもの』
三津田信三/原書房
2位『キングを探せ』
法月綸太郎/講談社
3位『カラマーゾフの妹』
高野史緒/講談社
4位『機龍警察 暗黒市場』
月村了衛/早川書房
5位『謎(リドル)の謎(ミステリ)その他の謎(リドル)』
山口雅也/早川書房
5位『楽園のカンヴァス』
原田マハ/新潮社
7位『屍者の帝国』
伊藤計劃×円城塔/河出書房新社
8位『奇面館の殺人』
綾辻行人/講談社ノベルス
9位『夜の国のクーパー』
伊坂幸太郎/東京創元社
10位『残穢』
小野不由美/新潮社

ミステリマガジン2013年1月号特集より●
http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000595

« 雑誌「BRUTUS」 一度限りの文芸誌創刊 文芸ブルータス | トップページ | スティーヴ・ハミルトン「解錠師」 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。