« 『伝説のロック・ライブ ~未発表音源でつづるROCK OF AGES~』 | トップページ | 柳田国男「遠野物語」10 »

2013年1月 3日 (木)

柳田国男「遠野物語・山の人生」

橋ほめ

一 まゐり来て此この橋を見申みもうせや、いかなもをざは蹈ふみそめたやら、わだるがくかいざるもの


一 此御馬場このおんばばを見申せや、杉原七里大門すぎはらななりおおもんまで

門かどほめ


一 まゐり来て此このもんを見申せや、ひの木さわらで門立かどたてゝ、是これぞ目出めでたい白かねの門


一 門もんの戸びらおすひらき見申せや、あらの御せだい
    
   
     ○


一 まゐり来てこの御本堂を見申せや、いかな大工だいくは建てたやら


一 建てた御人おひとは御手とから、むかしひたのたくみの立てた寺也なり

小島ぶし


一 小島ではひの木さわらで門立かどたてゝ、是ぞ目出たい白金しろかねの門


一 白金の門戸びらおすひらき見申せや、あらの御おせだい


一 八つ棟むねぢくりにひわだぶきの、上かみにおひたるから松


一 から松のみぎり左に涌わくいぢみ、汲めども呑のめどもつきひざるもの


一 あさ日さすよう日かゞやく大寺おおてら也、さくら色のちごは百人


一 天からおづるちよ硯水すずりみず、まつて立たれる

馬屋まやほめ

一 まゐり来てこの御台所みだいどころ見申せや、め釜がまを釜に釜は十六

一 十六の釜で御代ごよたく時は、四十八の馬で朝草苅かる


一 其その馬で朝草にききやう小萱こがやを苅りまぜて、花でかゞやく馬屋なり


一 かゞやく中のかげ駒こまは、せたいあがれを足あがきする
       


一 此庭に歌のぞうじはありと聞く、あしびながらも心はづかし


一 われ/\はきによならひしけふあすぶ、そつ事ごめんなり


一 しやうぢ申せや限かぎりなし、一礼申して立てや友だつ

桝形ほめ


一 まゐり来てこの桝ますを見申せや、四方四角桝形の庭也

一 まゐり来て此宿やどを見申せや、人のなさげの宿と申もうす

町ほめ


一 参まいり来て此お町を見申せや、竪町たてまち十五里横七里、△△出羽にまよおな友たつ


○出羽の字もじつは不明なり。

けんだんほめ


一 まゐり来てこのけんだん様さまを見申せや、御町間中おんまちまなかにはたを立前たてまえ


一 まいは立町油町たてまちあぶらまち


一 けんだん殿は二かい座敷に昼寝すて、銭ぜにを枕に金の手遊てあそび


一 参り来てこの御札ふだ見申せば、おすがいろぢきあるまじき札


一 高き処ところは城しろと申し、ひくき処は城下しょうかと申す也

橋ほめ

一 まゐり来てこの橋を見申せば、こ金がねの辻つじに白金のはし

上ほめ

一 まゐり来てこの御堂おどう見申せや、四方四面くさび一本

一 扇おうぎとりすゞ取り、上かみさ参らばりそうある物

○すゞは数珠じゅず、りそうは利生か。

家ほめ


一 こりばすらに小金こがねのたる木に、水のせ懸がくるぐしになみたち


○こりばすら文字不分明。

浪合なみあい


一 此庭に歌の上じょうずはありと聞く、歌へながらも心はづかし


一 おんげんべりこおらいべり、山と花ござ是この御庭へさらゝすかれ


○雲繝縁、高麗縁なり。


一 まぎゑの台に玉のさかすきよりすゑて、是の御庭へ直し置く


一 十七はちやうすひやけ御手おてにもぢをすやく廻まわしや御庭かゝやく


一 この御酒ごしゅ一つ引受ひきうけたもるなら、命長くじめうさかよる


一 さかなには鯛たいもすゞきもござれ共ども、おどにきこいしからのかるうめ


一 正しようぢ申や限なし、一礼申て立や友たつ、京みやこ

柱懸り


一 仲だぢ入れよや仲入れろ、仲たづなけれや庭はすんげない


一 すかの子は生れておりれや山めぐる、我等も廻まわる庭めぐる


○すかの子は鹿の子なり。遠野の獅子踊の面は鹿のようなり。


一 これの御庭におい柱の立つときは、ちのみがき若くなるもの


○ちのみがきは鹿の角磨つのみがきなるべし。


一 松島の松をそだてゝ見どすれば、松にからするちたのえせもの

○ちたは蔦つた。


一 松島の松にからまるちたの葉も、えんが無なけれやぶろりふぐれる


一 京で九貫のから絵のびよぼ、三よへにさらりたてまはす


○びよぼは屏風びょうぶなり。三よへは三四重か、この歌最もおもしろし。

めずぐり


一 仲たぢ入れろや仲入れろ、仲立なけれや庭すんげなえ


○めずぐりは鹿の妻択つまえらびなるべし。


一 鹿の子は生れおりれや山廻る、我らもめぐる庭を廻るな


一 女鹿めじかたづねていかんとして白山はくさんの御山かすみかゝる

○して、字は〆しめてとあり。不明

一 うるすやな風はかすみを吹き払て、今こそ女鹿あけてたちねる


○うるすやなは嬉うれしやななり。


一 何と女鹿はかくれてもひと村すゝきあけてたつねる


一 笹ささのこのはの女鹿子めじしは、何とかくてもおひき出さる


一 女鹿大鹿ふりを見ろ、鹿の心みやこなるもの


一 奥のみ山の大鹿はことすはじめておどりでき候そろそろ


一 女鹿とらてあうがれて心ぢくすくをろ鹿かな


一 松島の松をそだてゝ見とすれば松にからまるちたのえせもの


一 松島の松にからまるちたの葉も、えんがなけれやぞろりふぐれる


一 沖のと中ちゅうの浜す鳥、ゆらりこがれるそろりたつ物

なげくさ


一 なげくさを如何いかな御人おひとは御出おいであつた、出た御人は心ありがたい


一 この代よを如何いかな大工は御指さしあた、四つ角かどて宝遊ばし


一 この御酒を如何な御酒だと思おぼし召めす、おどに聞いしが菊の酒


一 此銭このぜにを如何な銭たと思し召す、伊勢お八まち銭熊野参くまのまいりの遣つかひあまりか


一 此紙を如何な紙と思し召す、はりまだんぜかかしま紙か、おりめにそたひ遊はし

○播磨檀紙はりまだんしにや。

一 あふぎのお所いぢくなり、あふぎの御所三内の宮、内てすめるはかなめなり、おりめにそたかさなる

○いぢくなりはいずこなるなり。三内の字不明。仮かりにかくよめり。

Tonozuhan

--------------------------------------------------------------------------
柳田国男「遠野物語・山の人生」岩波文庫 1976年4月16日第1刷発行 2007年10月4日第47刷改版発行 岩波書店 ※図版は「遠野物語増補版」郷土研究社、1935年7月31日発行。

« 『伝説のロック・ライブ ~未発表音源でつづるROCK OF AGES~』 | トップページ | 柳田国男「遠野物語」10 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。