« パンクの女王vivienne・辛口発言 | トップページ | アクション映画のシーンを「銃→親指」に変えたらメッチャポジティブになった  »

2013年3月22日 (金)

『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝』パート3放送

NHK-FM『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝』のパート3が3月25日(月)〜29日(金)深夜に放送。2012年8月に放送されたパート2のアンコール放送も決定。

●『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝 パート3』
3月26日(火)〜3月30日(土)前0:00〜0:50
(25日(月)〜29日(金)深夜)
昨夏に放送『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012 パート2』最終日の第5夜が津波注意報により本放送枠では休止となった。新作のパート3に先がけて、パート2のアンコール放送!
アメリカの音楽がどのような進化を遂げてきたのか…こよなく愛するアメリカン・ポップスの歴史を5回にわたって紐解いていきます。
第1夜は、1956年にスポットを当て、たくさんのロックンロールのスターがこの時期に録音を開始、第2夜は、1957年のシーンを中心に、バディ・ホリーとノーマン・ペティ・スタジオ、エルヴィス後のサン・レコード、救世主ジェリー・リー・ルイス、そして1957年のエルヴィスのヒットメドレーを、第3夜は、ルイジアナ州はシュリーブポート、そしてミュージシャンのロサンゼルスへの集中移動、さらにはニューオリンズ・サウンドとウェストコーストとの関係を、第4夜は、エヴァリー・ブラザーズはナッシュビルのロックンロールを孤軍奮闘守り続けたという内容。 (初回放送:2012年8月28~31日、9月7日)

●『大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝 パート2』
3月19日(火)〜23日(土)前0:00〜0:50(18日(月)〜22日(金)深夜)
(再)3月25日(月)~29日(金)後6:00~6:50
※再放送を放送していない一部の地域の方でも、
NHKネットラジオ“らじる★らじる”では同時刻に放送。

« パンクの女王vivienne・辛口発言 | トップページ | アクション映画のシーンを「銃→親指」に変えたらメッチャポジティブになった  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。