« 赤い蝋燭と人魚  小川未明 | トップページ | 顔文字シール つづき »

2013年3月10日 (日)

小冊子『熱風』3月号特集「尊厳の芸術展」

特集 尊厳の芸術展-The Art of Gaman-

自分を犠牲にしてくれた日系一世たちへの大きな感謝 (デルフィン・ヒラスナ)
人間の持つ根源的な力 (国谷裕子)
ジミー・ミリキタニの絵 (マサ)
物たちに塗り込められた記憶 (石内都)
「尊厳の芸術展 The Art of Gaman」、日本での巡回展 (薩摩雅登)

対談 松任谷由美×鈴木敏夫 日本の恋と、ユーミンと、ジブリと。

連載
最終回 戦士の休息 オールタイム・ベスト10 (落合博満) 第14回 二階の住人とその時代 転形期のサブカルチャー私史 (大塚英志) 第13回 続・上を向いて歩こう ~蘇生と復活の軌跡~ --病床にある中村八大のために吹き込まれた「SUKIYAKI」 (佐藤 剛) 第16回 忘れられた物語 講談速記本の発見 --豪傑は船に乗って(山下泰平) 第9回 建築の素 樹皮、その二(藤森照信) 第7回 新・仮説・エンターテイメント進化論 恋愛映画論 (吉川圭三) 第5回 鈴木さんにも分かるネットの未来 --ネット世論とはなにか(下) (川上量生)
http://www.ghibli.jp/shuppan/np/

« 赤い蝋燭と人魚  小川未明 | トップページ | 顔文字シール つづき »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。