« 大きな黄金色の羊は美しい | トップページ | 茶屋さんで休憩 »

2013年7月16日 (火)

「ヴォイニッチ手稿は真実のメッセージを持つ」

Mysterious Voynich manuscript has 'genuine message'
BBC (英国) 2013.06.22
ミステリアスなヴォイニッチ手稿は「真実のメッセージ」を持つ
▲ 15世紀に書かれたヴォイニッチ手稿は、世界でもっともミステリアスな写本だとされており、内容は複雑な暗号と未知の言語で書かれている。デタラメだとする説も多い。

「世界でもっともミステリアスな中世の写本」といわれているヴォイニッチ手稿は、この1世紀の間、数学者や言語学者、あるいは暗号学者たちからの解読の手を逃れてきた。

このいまだに誰も解読できない中世の写本に対してのひとつの仮定としての結論には、「これはデタラメの一種だ」というものがある。

しかし、 PLoS ONE (自然科学全域を対象とするオープンアクセスジャーナル)で発表された新しい研究では、この手稿はまったく完全な真実のメッセージを保持していることが示された。

研究した科学者たちは、ヴォイニッチ手稿のテキスト内で使われている意味のある文字だと思われるものに言語性のパターンを発見したという。

ヴォイニッチ手稿内の文字のような羅列については、それが意味を持つものかどうか、一般の人々の間でも、専門家の間でも議論されてきたものだ。

第二次大戦中に複雑な暗号コードを解読していた著名なコード解析チームたちも、ヴォイニッチ手稿の暗号解読に挑んでいるが、彼らでさえ、この手稿に並ぶテキストに意味を見いだすことができなかった。

ヴォイニッチ手稿は 1400年代のはじめ頃に作られたとされているが、 ポーランド系アメリカ人の古書商のウィルフリッド・ヴォイニッチがイタリアでこの古書を発見した 1912年まで公式の記録からはその存在が消されていた。

▲ ヴォイニッチ手稿は 240ページからなり、未知の文字と独特のイラストが描かれている。イラストは、未知の植物、そして宇宙のイメージ、裸婦などがある。

英国マンチェスター大学の理論物理学者マルセロ・モンテムッロ( Marcelo Montemurro )博士は、この手稿の言語パターンの分析と解析に長い年月をかけた一人だ。そして、彼の最新の研究で、写本の謎の解明に近づいていると確信しているという。

モンテムッロ博士は次のように語る。

「このテキストは非常に独特のもので、似たようなものは他にはないのです。これまでヴォイニッチ手稿のメッセージを解読しようとするあらゆる試みは失敗に終わっています。そして、この中には重要な『言語』構造が含まれていることが示すように、このテキストを単なる馬鹿げた訳のわからないデタラメとしてしまうことには無理があります」。

モンテムッロ博士と研究チームは、他の言語上では動作することが知られているコンピュータでの統計的的手法を用いて、テキストにアプローチしている。

研究チームは、テキストの中から意味のあると思われる複数のコンテンツ・ベアリング・ワード(content-bearing words / 内容関連語)を抽出し、その単語がどのようにアレンジされているかに焦点をあてた。

内容関連語は、それらが書かれている中での特定の情報の一部として必要とされる群生化したパターンの中で発生する傾向があり、それは(ヴォイニッチ手稿のテキストに意味があるという)実質的な証拠になるとモンテムッロ博士は説明する。

「私たちが得たセマンティック・ネットワーク(自然言語処理における意味解析の用語)からは、明らかにこの写本の内容関連語は、構造の類似性を共有する傾向があることを示しています。これは実際の言語でも起こることなのです」。

しかし、博士は、そのパターンを発見することはできたが、そのテキストの言葉が何を意味しているかは謎のままだ。しかし、この1世紀の間の末に、解析の作業がほんの少し前進したというこの事実は、これまでヴォイニッチ手稿がデタラメなものであるとしたような説明に対する意味を持つものとなる。

正体不明の言語

英国キール大学の数学者ゴードン・ラッグ( Gordon Rugg )博士は著名な学術者だが、彼も、ヴォイニッチ文字( Voynichese )と似たような、博士独自の複雑な暗号コードを作成している。

この作業の意味は、まるで意味のないデタラメの文字列のように見えても、実際は意味のあるパターンを持っているということが成立するための方法論を示すためだという。

▲ 数学者ラッグ博士は、ヴォイニッチ手稿と類似したコードを作成することは容易だということを示すために博士独自のコードを作成した。

このラッグ博士の新しい調査結果は、ヴォイニッチ手稿がデタラメであるという理論を排除しないものになったという。

「今回の調査結果は新しいものではありません。ヴォイニッチ文字の統計的性質は実際の言語と似ていても、同一ではないことはこの何十年も知られています」。

「私は、ヴォイニッチ手稿の単に確認できない言語で書かれている結果となるチャンスは大きくないと思います。このテキストの中には非常に多くの特徴があり、これらの中には実際の言語と異なる点が数多くあるためです」。

ラッグ博士は、ヴォイニッチ手稿に類似するコードを生成することが容易であることを示すために、それを意図したコードを作成した。また、ラッグ博士は、そのテキストの特徴から、ヴォイニッチ手稿の中に未知のコードが含まれているとは考えてはいない。

『秘密の歴史:暗号学の物語』の著者クレイグ・バウアー氏は、暗号学の不朽の魅力として、「解読されない暗号は、ほとんど何もかも隠してしまうことができることだ」と語る。

「それは科学や価値の歴史を書き換える可能性があり、また、ヴォイニッチ手稿の場合は埋もれた宝を明らかにしたり、大規模な犯罪を解決する可能性がある」と、パウアー氏は付け加えた。

ヴォイニッチ手稿がデタラメだする意見は多いが、しかし、モンテムッロ博士は、デタラメ仮説は、博士のチームが発見した自然言語処理上のパターンを説明できないと主張する。
しかし、博士の分析は今のところはまだ多くの質問に答えることのできる段階には至っていない。
「この研究の後、デタラメ仮説に対してのヴォイニッチ手稿の洗練された構造の出現に対しての新たなサポートが明示される必要があるのですが、今のところおこなわれてはいません」。

そして、モンテムッロ博士は以下のように付け加えた。
「ヴォイニッチ手稿の背後には隠されたストーリーが必ず存在するはずです。それは現在の私がまったく知らないことなのだと思います」。

http://oka-jp.seesaa.net/article/367283213.html

« 大きな黄金色の羊は美しい | トップページ | 茶屋さんで休憩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。