« 自民党は軽くて薄い、危うい政党に変化した | トップページ | ニール・ブロムカンプ(Neill Blomkamp, 1979年9月17日 - ) »

2013年7月23日 (火)

「無心のまえぶれ」 ウィリアム・ブレイク

 一粒の砂に世界を見、一輪の花に天国を見る。
 きみのたなごころに無限を、 そしてひとときのうちに永劫をとらえる。

 龍に捕らえられた赤い胸毛の駒鳥は、 天国中を憤らせる。

 鳩舎に家鳩と野鳩をびっしり詰め込めば、 地獄は隅々まで身震いする。
 主人の家の門で飢えている犬は、 国家の滅亡を預言する。

 路上で虐使される馬は、 償いの人の血を神に呼び求める。
 狩り立てられる兎の一声一声が、 人の脳髄から一本ずつ筋を引きちぎる。

 雲雀が翼に傷を受けると、 天使ははたと歌を止める。
 羽根をもがれた無惨な闘鶏の姿は、 昇る朝日をぞっとさせる。

 狼や獅子が吼える毎に、 人の魂が一つ地獄から浮かび上がる。

 あちらこちらに彷徨く野鹿のおかげで、 人の魂は苦労から救われる。
 虐使される仔羊は争乱の元になっても、 なお肉屋のナイフを許す。

「無心のまえぶれ」(Auguries of Innocence)全文 ウィリアム・ブレイク http://zerogahou.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/auguries_of_inn_e682.html

« 自民党は軽くて薄い、危うい政党に変化した | トップページ | ニール・ブロムカンプ(Neill Blomkamp, 1979年9月17日 - ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。