« 新譜紹介 | トップページ | 岡崎さんの肖像 »

2014年1月25日 (土)

P.バラカンさん証言 2放送局で“都知事選終わるまで原発に触れぬよう”

1月25日付の日刊ゲンダイが報じるところによると、英国出身の音楽評論家でフリーキャスターのピーター・バラカンさん(62)が1月20日のラジオ番組で、「まだ告示もされていないのに、東京都知事選挙が終わるまで原発に触れないよう、2つの放送局で言われました」と明かし、波紋を呼んでいる。

1974年に日本にやってきて今年で40年になる英国出身の“ブロードキャスター”ピーター・バラカンさん。穏やかで知性を感じさせる独特の語り口でファンが多い。日本人の妻(翻訳家の吉田真弓さん)との間に2人の子どもをもち、日本の食べものと日本の落語をこよなく愛する。その一方で社会派の一面をもち、時のホワイトハウスにも厳しいコメントを投げかけ、3.11以降は「反原発」の主張で知られている。

そのバラカンさんに突然下された、都知事選が終わるまでの「反原発箝口令」。ある民放の役員は「今度の都知事選では、安倍官邸からの強烈なプレッシャーがかかっている。もちろん、あからさまな圧力ではなく<個人をクローズアップするのはいかがなものか>といった遠回しの言い方で。安倍政権は絶対に都知事選を“小泉劇場”にさせないつもりだ。テレビ局は許認可権を握られているから、官邸の意向を酌(く)むしかない」と、明かしているという。

日本は本当に民主主義の国なのであろうか。

≪関連記事≫

都知事選に細川氏出馬か 〜“脱原発”小泉氏が支援。当選なら自民分裂へ〜
小泉純一郎元首相Twitter 「本物の可能性大」
都知事選候補者の応援演説で公然とヘイトスピーチする公党の共同代表
社民党・吉田党首「細川氏と宇都宮氏は会談して一本化してほしい」

« 新譜紹介 | トップページ | 岡崎さんの肖像 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。