« クロスオーバーイレブン2014新春 | トップページ | 大瀧詠一の追悼番組 »

2014年1月 4日 (土)

全米初、西部コロラド州で大麻販売を解禁

 大麻の規制を2012年11月の住民投票で大幅に緩和し、酒やたばこと同様に嗜好品として合法化が決まった米西部コロラド州で1日、全米で初めて大麻の販売が解禁された。
 AP通信によると、デンバーなど州内の少なくとも8都市で計24の販売店が開店。解禁を歓迎する愛好家たちが開店前から長い列をつくった。
 大麻の合法化には、密輸や密売への取り締まりが追いつかないため、栽培から加工や流通、販売を許可制とし、業者に課税して州の財源とした方が現実的との判断がある。西部ワシントン州も同様の合法化を決めており、年内に販売が始まる。
 この日の店頭価格は1オンス(約28グラム)当たり400(約4万2000円)~500ドル。密売されていた当時の末端価格の4~5倍の値がついた。
 両州とも21歳以上なら1オンスまでを所持し、使用できる。公共の場所での使用や、使用後の運転は禁止されている。
 米国では近年、大麻を容認する世論が広がっている。大規模な犯罪組織による麻薬密輸に苦しんでいる中南米諸国などでも合法化を支持する声が強まりつつあり、両州の政策は国内外から注目を集めている。(共同通信)

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASDG02018_S4A100C1CR8000/
観光客相手の経済増加を視野に入れている。また医療機関から火に油を注ぐようなものだと批判の声が上がった。
http://sankei.jp.msn.com/smp/world/news/140102/amr14010214120001-s.htmImage


« クロスオーバーイレブン2014新春 | トップページ | 大瀧詠一の追悼番組 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74549/54492687

この記事へのトラックバック一覧です: 全米初、西部コロラド州で大麻販売を解禁:

« クロスオーバーイレブン2014新春 | トップページ | 大瀧詠一の追悼番組 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。