« 基本の笑い | トップページ | 基本の笑い 弐 »

2014年3月10日 (月)

基本の笑い 壱

   1 子守唄?
A「昨夜の音楽会どうだったー」
B「うん、とてもよく眠れたよ」

   2 まさか
主人(愛想よく)「いらっしゃいませ、毎度ありがとう御座います」
客「えっ? 人違いだろう、僕ははじめてだよ」

   3 へえ!
A「僕の時計はね、一日に十分ずつ必ず進むよ」
B「へえ、そりゃまた、素晴らしく正確な時計だね」

   4 見くびろ
画家「やあ、よく釆てくれたね。これから、この展覧会随一の傑作を見せてやろう」
友人「まア待てよ。それよりも先ず、君の絵を見たいんだがね」

   5 分るものか
医者「奥さん、早く早く、ブランデーを。スッカリ気を失っていますよ」
奥様「あら、先生、それなら水で沢山ですわ」

   6 安いのを
A「そのメニューで、君はどうして注文できるんだい?
 フランス語が、君は読めるのかい?」
B「いいや、フランス語は分らんが、しかし僕は、値段の数字は見て分るよ」

   7 とちらも

彼女「どう? あたし、和服と洋服と、どちらがよく似合ってー」
彼「そうですね。和服を着てると洋服の方がよく似合うようだし、洋服を着てると和服の方がよく似合うようですね」

   8 百年後
子供「お父さん、百年祭記念祭に連れてってよ、たった二百円だよ」
父親「この次にしな。ね、坊や、この次にな」

   9 浪曲に
A「さっき、失くした千円札、俺がとったというのかー」
B「いや、君が一緒に探してくれなかったら、見つかったと思うんだが」

« 基本の笑い | トップページ | 基本の笑い 弐 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 基本の笑い | トップページ | 基本の笑い 弐 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。