« 基本の笑い 弐 | トップページ | 笑いの基本 四 »

2014年3月11日 (火)

基本の笑い 参

   20 大げさ
医者「外科手術について、何か経験がおありですか?」
患者「あります。僕は自分で顔を剃ります」

   21 はてな
婦人「お嬢ちゃん、あんたの生れたところは、どこ?」
女の子「あたい、生れてなんかいないわ、もらい子だもの」

   22 なるほど
A「君、自転車は稽古しなけりゃ、乗れないよ」
B「まだ乗れないから、危くって、稽古も出来ない」

   23 悲劇、喜劇?
 金持の老人が補聴器を買った。
 何日か後でそれを買った店に苛って補聴器を賞めたので、
店員「御親類の皆様がお喜びでしょうー」

「皆まだ知らんよ。わしは二度も遺言を書き変えたよ」

   24 りくつ
間借人「どうして、こんなむさくるしい屋根裏を借りている僕の下宿代が一番高いんですか?」
家主「そりゃ、あんたが他の人より一番多く階段を利用するからですよ」

   25 国々しい
A「あいつ位、人を喰った奴ほないよ」
B「どうしてだいー」
A「何しろ、あいつと果たら、ひどいツンポ“のくせに、散髪屋へ行くと、平気で耳掃除を
 やらせてるんだからね」

    26 一人二役
 A「彼女の亭主って、どんな男だい?」
 B「学者でもあり、詩人でもあるんだ」
 A「そうか。じや、二重結婚だね」

     27 観察
  仰向けになって目薬をさしている父を見て、
 子供「お父ちゃん、何してんのん?」
 父親「目薬をさしてんのさ」
 子供「じゃ、なぜ、目を開けないで、ロばかり開いているの?」

    28 サービス
 物売り「奥さん、新案特許の鼠捕りを買って下さいませんかー」
 奥さん「要らないわよ。家には鼠なんか一匹も居りませんから」
 物売り「では、鼠を二匹ばかり景品にお負け致しますから」

   29 売れない
 友人(画家に)「最近、何か売れたかい?」
 画家「ああ、外套を読ったよ」

« 基本の笑い 弐 | トップページ | 笑いの基本 四 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。