« 基本の笑い 壱 | トップページ | 基本の笑い 参 »

2014年3月10日 (月)

基本の笑い 弐

   10 お愛想
夫人「うちの主人ほ、あの通りの顔で、おまけに無愛想だけど、とても好人物よ」
友達「何か取柄がなくちゃいけませんわ」

   11 当り前
A「僕の祖父も、今年は九十五歳の高齢だ」
B「国に居るのかー」
A「生きていたらさ」

   12 無故にしない
A「君はまだ転宅して釆ないのかいー」
B「うん、実は今の住所の番地入りの、名刺が、まだ残ってるんで、
 それを使ってしまってから移るつもりだ」

   13 ベスト・セラー
 旅行に出掛ける夫に、細君が言った。
「貴方、何か御本を持ってらっしゃいよ。車中で退屈するわ」
「大丈夫だよ、旅行案内を持って行くから」

   14 ……に近い
 ボーイ「貴女は、僕を、馬鹿だと思いますか?」
 ガール「まあ、そんなこと、急に言われちゃ、返事に困るわ」

   15 なんでもない
 A「君、靴下を裏がえしにはいてるじゃない?」
 B「うん、表が破れてるんでね」

   16 うぬぼれ
 A「天才は遺伝するものと思うかい?」
 B「分らんな、僕には子供がないから」

   17 容貌
ガールA「私のお母さんは、とても美人なのよ」
ガールB「そう? じや、あなたはお父さん似なのね?」

   18 同感
彼女「拳闘って見に行ったら、度胆を抜かれる?」
彼「うん。先ず第一に、入場料の高いことに……」

   19 逆襲
母親「お祈りしながら、眼を開けてる子がありますか?」
子供「どうして、僕が眼を開けてることが分ったの、お母ちゃん?」

« 基本の笑い 壱 | トップページ | 基本の笑い 参 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。