« 江ノ島 | トップページ | 2014/5/30 ファーストアルバム、この1曲 [月末リクエスト] »

2014年5月28日 (水)

ロバート・アーサー『マニング氏の金のなる木』

出納局長補佐ヘンリー・マニングは株投機にとりつかれ、銀行の金を使い込んでいた。犯行がばれるのも時間の問題、出所後に使える大金を隠しておく計画。魔法びんにつめ、公園に昼食に行くふりをして自分を尾行する二人組に気がつく。バスに飛び乗ってヘンリーは、尾行をまくことに成功。ふと降り立った新興住宅地の庭に、恰好の金の隠し場所を見つけた。大金をエゾマツ根元穴に隠した後、その家の庭苗を手伝うふりをして、若い男と妻に対して感謝の念を抱く。
三年後に出所したヘンリーは、埋めた金を掘り出しにゆく。成長したエゾマツを掘り起こすのは困難で、見咎められる心配もある。合法的に家を手にしようと、人相を変えて近くの自動車工場に勤める。家の住人が引っ越す際に買い取ろうと。
羽振りのよいジェロームは無愛想のままで、対照的に妻コンスタンスと息子に親しくなる。やがて事業拡大のため引越を考えてると知り、コンスタンスと別れることを憂鬱に思う。だがジェロームは妻を捨てて西部に行く。
ヘンリーは母子に世話をやき、プロポーズした胸中複雑だ。結婚すると母子の生活に満足して、金を掘り出す頓着しなくなった。
一年後に自動車工場の持ち主が引退して大金が必要になる。しかし愛娘が生まれ幸せ齎した美しいエゾマツは永くそっとするのだった。
ミステリマガジン
創刊700号記念アンソロジー
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/440201.html

Img625

« 江ノ島 | トップページ | 2014/5/30 ファーストアルバム、この1曲 [月末リクエスト] »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74549/56334513

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・アーサー『マニング氏の金のなる木』:

« 江ノ島 | トップページ | 2014/5/30 ファーストアルバム、この1曲 [月末リクエスト] »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。