« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月29日 (日)

対極にある図

Image


2014年6月27日 (金)

ラストアルバム、この1曲 [月末リクエスト]

ラストアルバム、この1曲 [月末リクエスト]

Twitterでつぶやく
1. At the Drive-In / One Armed Scissor (2000)

Relationship of Command [Import] Relationship of Command [Import]
At the Drive-In

2. The White Stripes / Rag and Bone (2007)

Icky Thump [Import] Icky Thump [Import]
ザ・ホワイト・ストライプス

3. My Chemical Romance / The Kids from Yesterday (2010)

Danger Days: the True Lives of [Import] Danger Days: the True Lives of [Import]
マイ・ケミカル・ロマンス

4. Blur / Out of Time (2003)

Think Tank [Import] Think Tank [Import]
BLUR

5. The Clash / Are You Red..Y (1985)

Cut the Crap [CD, Import] Cut the Crap [CD, Import]
ザ・クラッシュ

6. Roxy Music / More than This (1982)

Avalon [CD, Remastered, Import] Avalon [CD, Remastered, Import]
ロキシー・ミュージック

7. Jeff Buckley / Hallelujah (1994)

Grace [CD, Import] Grace [CD, Import]
ジェフ・バックリィ

8. R.E.M. / It Happened Today (2011)

Collapse Into Now [CD, Import] Collapse Into Now [CD, Import]
R.E.M.

9. George Harrison / Stuck Inside a Cloud (2002)

Brainwashed [CD, Import] Brainwashed [CD, Import]
ジョージ・ハリスン



10. Outkast / Hey Ya! (2003)

Speakerboxxx: Love Below [Enhanced, Import] Speakerboxxx: Love Below [Enhanced, Import]
アウトキャスト

11. Ben Watt / Spring (2014)

Hendra [Import] Hendra [Import]
ベン・ワット

2014年6月26日 (木)

リクエスト

「ONE ARMED SCISSOR」
(AT THE DRIVE―IN)
(3分43秒)
<TOSHIBA EMI VJCP-68272>

「RAG AND BONE」
(THE WHITE STRIPES)
(3分45秒)
<WARNER MUSIC JAPAN
WPCR-12660>

「THE KIDS FROM YESTERDAY」
(MY CHEMICAL ROMANCE)
(5分23秒)
<WARNER MUSIC JAPAN
WPCR-15360>

「OUT OF TIME」 (BLUR)
(3分40秒)
<WARNER MUSIC JAPAN
WPCR-15433>

「ARE YOU RED..Y」 (THE CLASH)
(3分01秒)
<EPIC/SONY 32-8P-141>

「MORE THAN THIS」 (ROXY MUSIC)
(4分05秒)
<TOSHIBA EMI VJCP-50133>

「HALLELUJAH」 (JEFF BUCKLEY)
(6分50秒)
<SONY RECORDS SRCS-7455>

「IT HAPPENED TODAY」 (R.E.M.)
(3分46秒)
<WARNER MUSIC JAPAN
WPCR-14086>

「STUCK INSIDE A CLOUD」
(GEORGE HARRISON)
(4分02秒)
<TOSHIBA EMI TOCP-67074>

「HEY YA!」 (OUTKAST)
(3分50秒)
<BMG FUNHOUSE BVCA-28006-07>

「SPRING」 (BEN WATT)
(3分00秒)
<HOSTESS HSU-10004>

2014年6月25日 (水)

荷を下ろす

Dscn0854

2014年6月24日 (火)

杭を刺す

Image


2014年6月23日 (月)

「フェアリーランドの陰謀」

シャンプーとリンスをまちがえないよう入念に確かめて買ったのに、まちがう、パスタを太さに気をつけて選んだのに、まちがう。

《妖精がボトルを手に取る一瞬だけ私の目をくらましたか、さもなければ後でこっそりすり替えたに違いないのだ。》

私は慄然となった。妖精の手口は確実に進化している。私の目を惑わせて「六日」を「八日」と読ませたのみならず、一時的に私の意識を占領し、耳と口を操って、偽りの台詞を言わせるという術をさえ弄したのだ。

《オーケイ。奴らは巧妙だ、それは認めよう。しかしいったい何のためにそのようなことをするのか。私をそのように困らせることによって、いったい彼らにどんな益があるというのか。
 最近では、妖精の姿が目に見えるように思える時がある。》

たとえば財布にたしかに入れおいたはずの札が消えているのに気づいた時、秘蔵の菓子が知らないうちに半分に減っているのに気づいた時、止めた覚えのない目覚まし時計が勝手に止められているのを見つけた時、そんな時に素早く頭をさっと横に動かすと、あわてて隠れる彼らの姿を、一瞬目の端に捉えたような気がすることがある。
 いずれもっと速く頭を動かせるようになったら、連中をこの手で捕まえられるのではないかと私は思っている。

《素早く逃げようとする、その足だか尻尾だかをあやまたず捕え、さんざんに脅しつけて、きっとどこかにあるに違いない彼らの国に案内させる。》

Image_2


2014年6月22日 (日)

北斎展

Image
終了!
視点を変えてみることに役立つ展示だった。

2014年6月21日 (土)

視点を変えてみた!

Image


Image_2


2014年6月20日 (金)

新譜紹介

1. Jack White / Just One Drink
2. Jack White / Three Women
3. Jack White / Lazaretto

Lazaretto [Import] Lazaretto [Import]
Jack White



4. Brody Dalle / Rat Race
5. Brody Dalle / Don't Mess With Me

Diploid Love [CD, Import] Diploid Love [CD, Import]
Brody Dalle



6. Coldplay / True Love
7. Coldplay / A Sky Full of Stars

Ghost Stories [CD, Import] Ghost Stories [CD, Import]
コールドプレイ



8. Blood Orange / Chamakay
9. Blood Orange / No Right Thing

Cupid Deluxe [CD, Import] Cupid Deluxe [CD, Import]
ブラッド・オレンジ



10. Pink Floyd / Marooned (1994)

対 <20周年記念デラックス・エディション> [Box set, CD+Blu-ray, Limited Edition] 対 <20周年記念デラックス・エディション> [Box set, CD+Blu-ray, Limited Edition]
ピンク・フロイド

11. Ben Watt / Spring (2014)

Hendra [Import] Hendra [Import]
ベン・ワット

2014年6月18日 (水)

共産国家のアニメーション

「雪の女王」新訳版
原作:アンデルセン「雪の女王」
監督: レフ・アタマーノフ
脚本:L. アタマーノフ/G. グレーブネル/N. エールドマン
美術:A. ヴィノクーロフ/L. シュワルツマン
音楽:A. アイヴァ
1957年ソ連(ロシア)65分

ソビエト政府の庇護のもと商業主義とは無縁の体制で制作されて、無駄なエピソードをそぎ落として、少女ゲルダにスポットをあて骨太なストーリー構成。作中随所に窺えるアニミズムの思想や自然に対する畏敬の念など、ロシアならではの解釈が投影されている。

少年カイが連れ去られた雪の女王の国は、“喜びや苦痛を味わうこともない平安と寒さの世界”は死の国の象徴です。見方を変えると生命力の塊である少女ゲルダが靴も脱ぎ捨てて、死の国から連れ戻す。雪の女王が支配する死の世界からカイを取り戻すのは、熱い想い生命の力が死に打ち勝つ奇跡の瞬間です。

宮崎駿監督は『雪の女王』が生命の根源的なテーマを内包していることを、一瞬で嗅ぎ取りました。だから、心打たれ、今なお大好きな作品だと公言してはばからないのです。

監督のアタマーノフをはじめとするロシア版のスタッフは、映像化にあたって、『雪の女王』の原作から、賛美歌や天使、主の祈りといった宗教的なアイテムを徹底的に廃しました。結果、話は普遍的になり生命と想いの力強さが浮き彫りにされ、ついには神話的ともいえる高みに到達したのです。
神話とは国家や一神教が出現する以前のアニミズムに深く根ざした、世界の成り立ち、生命の誕生を解き明かし、人が生きて行くための知恵を説く哲学だという学説がある。
熱き想いを貫くことで、死にも打ち勝ち、幸福を手に入れるという『雪の女王』が描いたものは神話的な世界である。


『牧笛『』ぼくてき
中国の盛特偉監督の水墨画タッチの作品です。ほとんど会話の入っていない音と映像の叙情的なアニメーション。
1963年(中国)20分

村の牧童が水牛を連れて川辺にやってくる。牧童の横笛にうっとりと耳を澄ます水牛。木の幹に腰かけ、うとうとし出した牧童は水牛の夢を見る。夢の中で水牛は牧童の呼ぶ声にも振り向かず、どんどん山の中へと入っていってしまう。やがて、ハッと夢から醒めた牧童が牧笛を吹くと、水辺にいた水牛が笛の音に気づいて、牧童のそばに戻ってくる。夕焼けに染まった、のどかな田園地帯の中を家路につく牧童と水牛。

2014年6月17日 (火)

紀州征伐と根来寺

織田信長の死後、三法師を後継ぎに後見人として実権を握る秀吉は、賤ヶ岳の合戦で織田家重臣・柴田勝家を破った後、信長の三男・神戸信孝を自刃に追いやり、次々とライバルを消していく。 その勢いに脅威を感じた信長の次男・織田信雄が、徳川家康を頼った事によって、天正十二年(1584年)3月に秀吉VS家康+信雄の小牧・長久手の戦いが勃発した。 家康や信雄とともに秀吉を悩ませたのが、未だ手付かずで自治区のような状態になっていた紀伊(和歌山県)であった。 合戦の時に根来寺の雑兵を中心とする根来衆と、紀伊に根を置く雑賀衆や太田党たちが、家康の呼びかけに答えて、大坂でゲリラ的なテロ行為を行ったり、羽柴方の岸和田城を襲ったりしていた。合戦の決着がついていないまま、秀吉の誘いにのり信雄が単独で講和をして、小牧長久手の戦いは、勝敗がウヤムヤのまま一連の合戦の幕は下ろされた。 翌年になって、安芸(広島県西部)の毛利輝元や小早川隆景の参戦を取り付けた秀吉は、その報復として紀伊へ手を伸ばす。天正十三年 3月21日、輝元と隆景の水軍が紀州沖で構える中、秀吉は6万(10万とも)の大軍を率いて、その日のうちに泉州千石堀城を落した。知らせを聞いた根来衆は、和泉畠中城に火を放ち退却させ、羽柴軍は勢いに乗って次々を砦を落して進軍した。内紛を抱えていた雑賀衆を寝返らせ、23日には、根来衆の本拠地・根来寺を焼き討ちする。坊舎2700、僧侶6千人、全盛期であった根来寺は、一山ことごとく焼き払われ、学頭の玄宥僧正は命からがら高野山へと身を隠した。 雑賀党が寝返り根来が焼けて、残ったのは太田党だけ。太田党の武士千人と心を寄せる領民と合わせて3千が籠る紀伊太田城を羽柴の大軍が取り囲んだ。 城攻めは秀吉の得意分野、太田城は紀ノ川べりに構築された平城。 秀吉から命を受けた明石則実は、3月25日から堤防の構築を開始し、高さ3m~5m、延長6kmにも及ぶ堤防を、わずか6日間で完成させ、4月1日には川をせき止めて水攻めとなる。降る雨も相まって太田城は湖中の孤立状態。船で押し寄せる羽柴軍と船底に穴を開けて転覆させる太田党。孤立した城の籠城は限りがある。長引くだけ、城内の士気も低下し、餓死者の数も日を追うごと増えていく。4月22日、太田城主・太田左近は降伏、左近ら主要メンバー50人余りが自刃し、太田城は開城され秀吉の紀州征伐は終了。 天正13年羽柴秀吉の命を受け羽柴秀長が築城した。 秀長は当時大和国郡山を本城としていたため、和歌山城には重臣の桑山重晴を城番として置いた。 関ヶ原合戦後は浅野幸長が入城し大改修した。 元和5年(1629年)長晟の安芸国広島への移封にともない徳川頼宣が駿河国駿府城より入城し御三家として明治まで続く。 秀吉に焼き尽くされてしまった根来寺。 天下を取った家康は大坂夏の陣で大坂城を落城させたすぐ後、秀吉が幼くして亡くなった愛児・鶴松を弔うために建立した祥雲禅寺を根来寺復興に寄進する。祥雲禅寺は五百仏頂山根来寺智積院と改められた。現在、京都の七条通りに東の端に位置する智積院(ちしゃくいん)は、幾度かの火災に遭い金堂などを失って、美しい庭園には祥雲禅寺時代に造られた部分も残っていて、華やかな桃山文化の面影を残してる。

2014年6月16日 (月)

水の星

「水の星」

宇宙の漆黒の闇のなかを
ひっそりまわる水の星
まわりには仲間もなく親戚もなく
まるで孤独な星なんだ

生れてこのかた
なにに一番驚いたかと言えば
水一滴もこぼさずに廻る地球を
外からパチリと写した一枚の写真

こういうところに棲んでいましたか
これを見なかった昔のひとは
線引きできるほどの意識の差が出る筈なのに
みんなわりあいぼんやりとしている

太陽からの距離がほどほどで
それで水がたっぷりと渦まくのであるらしい
中は火の玉だっていうのに
ありえない不思議 蒼い星

すさまじい洪水の記憶が残り
ノアの箱船の伝説が生まれたのだろうけれど
善良な者たちだけが選ばれて積まれた船であったのに
子子孫孫のていたらくを見れば この言い伝えもいたって怪しい

軌道を逸れることもなく いまだ死の星にもならず
いのちの豊饒を抱えながら
どこかさびしげな 水の星
極小の一分子でもある人間が ゆえなくさびしいのもあたりまえで
あたりまえすぎることは言わないほうがいいのでしょう

茨木のり子 詩集「倚りかからず」よりImage_2


2014年6月15日 (日)

豊潤な芋の世界へ

Image

 

2014年6月14日 (土)

インカの目覚め

Image

2014年6月13日 (金)

新譜紹介

1. Led Zeppelin / Good Times Bad Times / Communication Breakdown

Led Zeppelin 1 [DELUXE EDITION 2CD] [CD, Import] Led Zeppelin 1 [DELUXE EDITION 2CD] [CD, Import]
レッド・ツェッペリン

2. Led Zeppelin / Whole Lotta Love

Led Zeppelin 2 [DELUXE EDITION 2CD] [CD, Import] Led Zeppelin 2 [DELUXE EDITION 2CD] [CD, Import]
レッド・ツェッペリン

3. Led Zeppelin / Friends (No Vocal)

Led Zeppelin 3 [DELUXE EDITION 2CD] [CD, Import] Led Zeppelin 3 [DELUXE EDITION 2CD] [CD, Import]
レッド・ツェッペリン



4. Fatboy Slim Presents Gregor Salto / Samba do Mundo (feat. Saxsymbol & Todorov)
5. Fatboy Slim / Weapon of Choice

Fatboy Slim Presents Bem Brasil [Import] Fatboy Slim Presents Bem Brasil [Import]
ファットボーイ・スリム



6. The Roots / The Coming (feat. Mercedes Martinez)
7. The Roots / Tomorrow (feat. Raheem DeVaughn)

And Then You Shoot Your.. [CD, Import] And Then You Shoot Your.. [CD, Import]
ザ・ルーツ



8. Jeff Beck Group / Ice Cream Cakes (1972)

ジェフ・ベック・グループ [Remastered] ジェフ・ベック・グループ [Remastered]
ジェフ・ベック

9. Neil Young / My Hometown
10. Neil Young / On the Road Again

A Letter Home [CD, Import] A Letter Home [CD, Import]
ニール・ヤング

11. Ben Watt / Spring (2014)

Hendra [Import] Hendra [Import]

2014年6月12日 (木)

小冊子『熱風』2014年6月号特集「ガール・ミーツ・ガール」

特集/ガール・ミーツ・ガール
2014年6号
地方都市のガール・ミーツ・ガール(山内マリコ)
映画は「ガール・ミーツ・ガール」をどう描いてきたのか(尾﨑一男)
「女性の社会化」がはらむ矛盾(斎藤 環)
戦いを通して語る少女ふたりの思いの強さ(誉田哲也)
私と、花子とアン 時空を超えて出会う女性たち(村岡恵理)
ガールはガールを「文字」でミーツする(武田砂鉄)
女の時代から女子の時代へ(深澤真紀)
定番ロマンスからの解放が生み出した新しいドラマ(山崎まどか)

Img632

連載
新連載 新記者読本 (滝鼻卓雄)――紫の香と赤城おろしと刑事課長
最終回 鈴木さんにも分かるネットの未来 (川上量生)――リアルとネット
最終回 二階の住人とその時代 (大塚英志)転形期のサブカルチャー私史
第24回 建築の素(もと) (藤森照信)――ハーフ・チンバーとチューダー
http://www.ghibli.jp/shuppan/np/

2014年6月10日 (火)

『デイプノソプィスタイ(食卓の賢人たち)』アテナイオス

『デイプノソプィスタイ(食卓の賢人たち)』アテナイオス

舞台は二世紀頃のローマ。次々と出される料理を楽しみながら、その材料や料理法や食器や食べ方等々について、宴に招かれた客たちが競って蘊蓄を披露する。知ったところで役に立つとも思えぬ話も無類に面白い。この奇書の著者はその名アテナイオス以外ほとんど何も分っていない。
スフィンクスのなぞなぞ、道化ふざけ、音楽の功徳、疲労回復法、英雄と野菜、博学の料理人が大演説、賢人たちの宴は果てない。現在では失われてしまった多くの著作からの引用があり貴重な資料である。ギリシア・ローマの時代にはこんなことも知られていたと今更ながら驚かされる内容。四捨五入されてシンプルナイズ化された、我々の食卓はひょっとしたら退化しているのかもと空想する。


☆食卓の賢人たち☆ 目次

第一巻<要約>
序 列席者の紹介/序 ラレンシス讃/気前のよさは裕福な人のつとめであること/食道楽と教養/ピロクセノス/もうひとりのピロクセノス/アピキウス/ミュコノス人の貧しさと不評・押しかけ客/節制/飲酒/三度の食事/卓の置き方/取り分け/歌舞音曲/毬わざ、舞踊/笛/献酒/豪邸/ペネロペ遊び/香りと寝台/尿瓶/英雄たちの分別ある生き方/愚かしい贅沢/いろいろな芸人たち/世界の都市ローマ/舞踊/着物の着付け、歩き方など/アイスキュロスの劇の合唱隊の踊り/ふたたび舞踊について/ムセイオン/飲食に関するいくつかの語彙/疲労回復法/英雄と野菜・魚・鳥など/古い酒/イタリア各地の葡萄酒/ギリシア各地の葡萄酒、および特産品/島々の葡萄酒/椰子酒/このほかの各地の酒/一風変わった酒各種/神託/香料入りの酒/葡萄酒と栄養・健康/エジプトの葡萄酒/酔いざめのキャベツ

第二巻<要約>
葡萄酒をギリシア語でoinosと呼ぶ理由/薬としての酒/適量、度を過ごした酒/酒と人間の年齢/酒讃歌/「三段櫓船」と呼ばれる家――酔いの果ての狂気/酒と真実/葡萄酒を水割りにして飲むことの起源/酔って獣と化すこと/ネクタル/酒と詩人/精神を高揚させる酒、精神を鈍らせる酒/酒と神事/水――序/ホメロスに語られた水/さまざまな天然の水/特異な泉/酒を飲む人、水を飲む人/水しか飲まなかった人々/特別な水/食前の水、飲む前の水/カルマノイ人の奇習/よい水、悪い水/水・乳・蜂蜜の栄養/要約者の書き込み/喜劇に見られる食事に関する稀語/宴席の寝椅子の数/寝椅子・寝台の掛け布/三脚の卓/ダマスコス李/桜桃/桑の実/胡桃/アーモンド/ひよこ豆/ルピナス/ささげ/オリーヴ/二十日大根/松の実/卵/食前酒/ぜにあおい/西洋南瓜/茸類/水芹/松露/刺草/アスパラゴス/蝸牛/ボルボス/鶫/いちじくくい/花鶏/黒鶫/椋鳥/雀/豚の脳/胡椒/オリーヴ油/魚ペースト/酢/ペポン/ちしゃ/薊/カクトス/棗椰子の脳

第三巻<要約・原文>
エジプト豆の実/胡瓜/無花果/林檎/キュドニア林檎/ふたたび林檎/ペルシア林檎/シトロン/貝類/雲丹/主に牡蠣のこと/インドの牡蠣――真珠/水煮の肉類/子宮――ウルピアヌスとキュヌルコスの喧嘩/あらためて子宮/料理・食事の哲学/大海老/小海老/網膜/揚げ物用の小魚/パン/炙り焼きのパン/アタビュリテス/アカイネ/塩漬けの魚/水/碾き割り麦

第四巻
序/マケドニアの婚礼の宴/アテナイの宴の簡素さと、よその国の豪華さ/地方ごとの好み/口開け――食欲を増進させる食べ物/ホメロス風アテナイ式晩餐讃歌/アテナイの賢人たちの宴会観/スパルタの食事/スパルタ王クレオメネスの宴/クレタの宴/ペルシア人の宴/ピロクセノスの詩、『宴』/クレオパトラとアントニウスの宴/アルカディアの食卓/ナウクラティス(エジプト)の宴/ガリア(ゴール)人の宴/トラキア人の宴/ケルト人の宴/パルティア人の宴/ローマ人の宴/インド人の食事/宴会の余興としての剣闘勝負/パルメニスコス『犬儒派の饗宴』/犬儒派のキュヌルコスが豆スープのために弁じてストア派の哲学者と喧嘩したこと/ピュタゴラス派と称する人々/哲学者ペルサイオス/犬儒派――ディオドロス/キュヌルコスの反撃/羽目をはずした贅沢/調理道具/調味料/料理人以外の、食事に携わる人々/水力オルガンと管楽器/竪琴いろいろ

第五巻
序/ホメロスの宴会/ホメロス研究家に対する批判/ふたたびホメロスの宴会/アンティオコス・エピパネスの宴/プトレマイオス・ピラデルポスの宴/ディオニュソスの祭礼の行列/プトレマイオス四世・ピロパトルが建造した船/シュラクサイのヒエロンが建造した船/釜台/常軌を逸したシリアの宴/シリア王アレクサンドロス/ソフィスト・アテニオン/哲学者は史実を曲げること/口汚い哲学者/ゴルゴンの正体――宴会第一日、これにて終わり

第六巻
序/魚屋/漁師のわざ自慢/魚を買う人々を監視すること/pinaxと銀の器などについて/金・銀・銅・宝石など/パラシトス/パラシトス・食客・太鼓持ち/名を残した食客たち/太鼓持ちに関する雑録ひと束/パラシトスの類義語/おべっか使いパラシトス/支配者と追従者/ぶること/召使・奴隷/古きよき時代の話/キュヌルコスとウルピアヌスの喧嘩/ふたたび奴隷について/古代ローマの遺風

第七巻
一、二の祭礼のこと/魚についての序/鰹/快楽至上主義者たち/べら/アンティアス/雑魚/鱸/えい・あんこう/ボクス/ひしこ/ブレンノス/バイオン/平目――牛の舌/穴子/神様気取りの医者と患者/料理人の大言壮語/あらためて穴子について/鮫類/灰色はぜ/海神グラウコス/グナペウス/鰻/エロプス/べにうお/アンチョヴィ/小魚――ヘプセトス/ヘパトスまたはレビアス/エラカテネス/鮪/雌の鮪/馬の尾/馬/虹べら/鶫べらと黒鶫べら/いのししうおとクレミュス/キタロス/いもり/ざりがに/鮫の一種/鯔/コラキノス――小さい烏/鯉/はぜ/ほうぼう――カッコウウオ/犬鮫・カルカリアス/鱸/鱸――ナイル・ラトス/なめらかえい/うつぼ/ミュロス――うつぼ/マイニス/メラヌロス/モルミュロス/しびれえい/めかじき――ツルギウオ/はた類の魚/大鮪/鱈(ロバウオ)とオニスコス/蛸/いちょう蟹/めじ――鮪の幼魚/ペルカイ――オオグチ/ペルケ/だつ/つの鮫――ヤスリザメ/おうむべら/ヘダイ属/かさご――サソリウオ/鯖/サルゴス/サルペ――ラッパウオ/シュノドゥスあるいはシュナグリス/鰺――トカゲウオ/スケピノス/スキアイナ――にべ/シュアグリス/スピュライナ――かます類/甲烏賊/赤ぼら/タイニア――おびうお/鰺/[タウロピアス]/槍烏賊/大槍烏賊/ヒュス――いのししうお/ヒュケ/鯛/鱸――大口すずき/にべ/鯛――金眉魚/カルキス類/トリッサ/トリキス/エリティモス/トラッタ――トラキア女/平目

第八巻
序/魚奇談/快楽主義者批判/ドリオン――笛吹か魚料理研究家か/魚好き人名録/美食/デモクリトスの締めくくり/キュヌルコス、話を横取りしてウルピアヌスを誹謗すること/竪琴弾きストラトニコス/動物学者アリストテレス/魚と健康(一)――ディピロスの説/魚と健康(二)――ムネシテオスの説/魚に贅沢をしない人/コロニスタイ、物集めの習わし/都市にまつわる魚の伝説/「踊る」という意味の語/宴という意味の語/神々を祀る儀式での食事、寄付をする食事など

第九巻
芥子/つけ合わせ皿/もも肉・臀肉・ハム/野菜/蕪/キャベツ/砂糖大根/人参/「頭」葱/南瓜/鶏/豚/料理人の自慢話風大演説/鵞鳥/豚の頭、その他いろいろ/雉/やつがしら/鷭/ポルピュリス/鷓鴣/みみずく/鶉/白鳥/もり鳩/鴨/パラスタタイ/蒸し煮の肉/まだ乳を吸っている仔豚/のろじか/孔雀/腰の肉/乳房/下腹/兎/猪/仔山羊/喜劇に出てくる食事風景/豆と豆スープなど/手すすぎの水


第十巻
大食い名士銘々伝/体育競技会批判/ふたたび大食い名士名鑑/大食いの種族/控えめな飲食を心がけた人々/宴席でのジョーク/宴会での騒ぎ、争い/腹と口/食事を表わす用語若干/酒を和える(割る)こと/酒酌み役、酒吟味役など/酒の割り方/乾杯、コッタボスなど/酒は節度をもって飲むべきこと/アルカイオスの詩、ふたたび酒の割り方/いろいろな飲み方/飲みたい欲望/酒豪アレクサンドロスとその父ピリッポス/酒好き名士一覧/プラトンの、酒を慎めという勧め/女性と酒/酒好きの町、酒好きの種族/酩酊/「飲む」ということば/ビール/葡萄酒の恵み/なぞなぞ/言葉遊び風作詩法/その他のなぞなぞ/昔のなぞなぞ/なぞが解けない者への罰

第十一巻
酒杯/歓をつくすこと/土器の杯/もの狂い/アテナイのディオニュソスの祭り/ふたたび酒杯について/酒杯のカタログ/回し飲み/プラトンに対する非難

第十二巻
序/快楽/贅沢な国民——ペルシア人/贅沢で有名な人々/肥満とスパルタ人の肥満対策/痩せた人/贅沢にまつわる奇談/花や季節の果物をもって歩くこと/美わしき尻のアプロディテ/狂気のおかげで贅沢になれた人

第十三巻
一夫一婦、一夫多妻、側室/遊女/喜劇に出てくる人妻/女は戦争の原因である/エロス/少年愛/髭を生やすのと髭を剃るのと/美男美女を礼讃すること/ポルノグラフィア・娼婦/高級な遊女/他

第十四巻
笑わせ屋(道化)/ふざけ/駄洒落その他/笛/笛と竪琴の合奏/笛の曲の種類/さまざまな歌/ラプソドスなど/後れて来た客/音楽の功徳/踊りいろいろ/ふたたび音楽論議/音楽、昔と今/他

第十五巻
コッタボス/花冠/教訓詩人たちが語る冠用の花のカタログ/香油/喜劇に出てくる香油/香油の値段、香油の効果/花冠の由来にまつわるヤヌス神話/宴の終わり—神々に盃を献ずる/他

訳者あとがき
人名索引・出典索引


岩波文庫は抄訳であり、消失してしまった分も含めると、全体の1割5分に過ぎない。全体を訳出したら4000頁にもなり驚くしかない。著者アテナイオスは、平和で暇な王様の道楽に仕えた奇人だったのかも知れません。フェリー監督映画『サテリコン』の番外編映像を勝手に思い描いてしまいました。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E5%8D%93%E3%81%AE%E8%B3%A2%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1

Image


freedial

2014年6月 8日 (日)

サイクリング週間

Image

やっ〜ほー

2014年6月 7日 (土)

太陽が沈む時

Dscn9515

2014年6月 5日 (木)

新譜紹介

1. The Black Keys / Gotta Get Away
2. The Black Keys / Year in Review
3. The Black Keys / In Our Prime

Turn Blue [CD, Import] Turn Blue [CD, Import]
ザ・ブラック・キーズ




4. Afrojack / The Spark (feat. Spree Wilson)
5. Afrojack / Catch Tomorrow (feat. Sting)
6. Afrojack / Dynamite (feat. Snoop Dogg)

Forget the World -Ltd- [CD, Import] Forget the World -Ltd- [CD, Import]
Afrojack




7. Ben Watt / Hendra
8. Ben Watt / Forget
9. Ben Watt / Young Man's Game

Hendra [Import] Hendra [Import]
ベン・ワット




10. Paul McCartney / Tug of War (1982)

Tug of War [Remastered, Import] Tug of War [Remastered, Import]
ポール・マッカートニー

11. Dimitri Vegas & Like Mike, Diplo & Fatboy Slim / Eparrei (2014)

Fatboy Slim Presents Bem Brasil [Import] Fatboy Slim Presents Bem Brasil [Import]
ファットボーイ・スリム

12. Ben Watt / Spring (2014)

Hendra [Import] Hendra [Import]
ベン・

2014年6月 4日 (水)

世界で3人に1人が太りすぎ

世界で3人に1人が太りすぎ  1990年代以降に世界的に体重増加の傾向が強まり、現在は3人に1人が肥満か体重超過の状態にあるとする報告を、日本を含む国際研究チームが29日付の英医学誌ランセット電子版に発表した。  特に先進国の子どもや若者で90年代に肥満が急増していた。以前からの“肥満大国”米国に加え、経済成長が著しい中国やインドなどで増加が続くと予想される。  世界保健機関は2025年に肥満の増加を止める目標を掲げているが、チームは「国際的なリーダーシップで対策を講じないと達成は難しい」と警告する。  チームは1980?2013年の世界約190カ国の保健データを分析。(共同) 肥満は栄養のバランスの崩れが原因で、肥満は現代版の ”栄養失調“といわれる。栄養のバランスが崩れて、体内で燃えきれずに脂肪となって蓄積された。脂肪の塔となったカタチ。 以前から肥満大国の米国に加えて、消耗産業が著しい中国やインドなどで増加が続くと予想されている。 安く入荷されるジャンクフードに御用心! 人間は経済に隷属する家畜になってはいけないです。 人が健康に生きていくためにバランスのとれた栄養を必要とするように、全ての生物もバランスのとれた栄養を必要としていると思える。 http://news.ameba.jp/20140529-633/

2014年6月 3日 (火)

遠近法

Dscn9577

Dscn9576

2014年6月 2日 (月)

◆海外短篇部門ベスト50【SFマガジン創刊700号記念】2014オールタイム・ベストSF

1「あなたの人生の物語」テッド・チャン 
2「しあわせの理由」グレッグ・イーガン 
3「たったひとつの冴えたやりかた」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 
4「接続された女」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
5「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス
6「フエッセンデンの宇宙」工ドモンド・ハミルト
7「たんぽば娘」ロバート・F・ヤング
8「冷たい方程式」トム・ゴドゥィン
9「ブルー・シャンペン」ジョン・ヴァーリィ
10「鏖戦-おうせん」グレッグ・ベア
11「理解」テッド・チャン
12「地獄とは神の不在なり」テッドチャン
13「太陽系最後の日」アーサー・C・クラーク 
14「第六ポンプ」パオロ・バチガルピ
15「ルミナス」グレック・イーガン 
16「デス博士の島その他の物語」ジーン・ウルフ 
17「フロストとベータ」ロジャー・ゼラズニイ 
18「ワンの絨毯」グレッグ・イーガン 
19「愛はさだめ、さだめは死」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 
20「孤独の円盤」シオドア・スタージョン 
21「月の蛾」ジャック・ヴァンス
22「祈りの海」グレック・イーガン
23「商人と錬金術師の門」テッド・チャン 
24「シャンプロウ」C・L・ムーア 
25「シェイヨルという名の星」コードウェイナースミス 
26「オメラスから歩み去る人々」アーシュラ・ルグィン 
27「巣」ブルース・スターリング 
28「無伴奏ソナタ」オースン・スコット・カード
29「海を失った男」シオドア・スタージョン
30「アルファ・ラルファ大通り」コード・スミス 
31「九百人のお祖母さん」R・A・ラファティ
32「リスの檻」トマス・M・デイッシュ
33「努力」T・L・シャーレッド 
34「鼠と竜のゲーム」コードウェイナー・スミス
35「息吹」テッド・チャン 
36「去りにし日々の光」ボブ・ショウ 
37「霧笛」レイ・ブラッドベリ 
38「故郷へ歩いた男」ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 
39「にせもの」フィリップ・K・ディック 
40「貸金庫」グレッグ・イーガン 
41「スズダル中佐の犯罪と栄光」コードウェイナー・スミス
42「コーラルDの垂の彫刻師」J・G・バラード
43「死の鳥」ハーラン・エリスン  
44「GOLEM XVI」 スタニスワフ・レム
45「クローム熊撃」ウィリアム・ギプスン
46「サンドキングズ」ジョージ・R・R・マーティン 
47「スター・ピット」サミュ工ル・R・ディレイニー 
49「ここがウィネトカなら、きみはジュディ」F・M・バズビイ
50「夜来たる」アイザック・アシモフ

Img626

2014年6月 1日 (日)

短編小説の諸相

 亡霊の最も切実な願いは、多少であれ肉体を取り戻すこと、そして、何か手に触れることのできるものを頼りに、たとえ一瞬でも、生身の生活を取り戻すことなのだそうです。そこでまず、皆さんの前で少しでも生身の肉体を取り戻すために、ここで簡単に私の書いている短編の傾向についで触れでおくことにしましょう。
 幻想文学は十八世紀の哲学的・科学的楽観主義を引き継ぐためのリアリズム、世界は法則、原理、因果律、明確な心理学、整然とした地理学なとから成る調和的体系に律されており、万物は合理的に記述・説明可能であると想定するリアリズムとは対立するジャンルです。
 私の場合そうしたあらゆる海路的なリアリズムとは距離を置き、もっと謎めいた深遠な世界があるのではないか、そして、アルアレッド・ジャリが見事に提起したように、真に現実のことを知ろうとすれば、実は原則よりもその例外に注目すべきではないか、そんな理念を中心に文学的探究を進めてきました。ですから、これから私の話のなかに、テーマであれ表現形式であれ、短編小説では例外とされるような方向性を感じ取られる方がいるかもしれませんが、まずこうして私独自の世界観をお伝えしておけば、私の姿勢や問題設定の仕方をより深く理解してもらえるのではないかと思います。
 究極的には、私にお話しできるのは、私独自の短編小説の書き方だけなのかもしれません。ですが、必ずしもそうとばかりは言い切れないのです。幻想文学であれ、リアリズム文学であれ、ドラマに満ちた文学であれ、ユーモア溢れる文学であれ、あらゆる短編小説にあてはまる定数、あるいは価値観のようなものが存在することを私は確信しています。そしておそらくこの場で、優れた短編が独特の雰囲気と芸術性を獲得するために何が必要か、その普遍的要素を指摘できるだろうと思っています。
 あらゆる偉大な芸術作品が素朴な庶民に理解され、称賛されると考えるのもあまりに短絡的すぎます。それほど事は単純ではありません。しかし、ギリシア悲劇やシェイクスピアの悲劇が多くの人々の称賛を掻き立て、簡単でもなけれはわかりやすくもない幾多の小説作品が多くの読者を熱狂させる事実を見れは、「大衆芸術」なる怪しげな理念を掲げる者たちは、「大衆」に対する自分たちの見方がいかに偏狭で歪んだものか、さらには、差別と紙一重なほと危険なものか、改めて考えてみるぺきでしょう。
 何の苦労もなく簡単に読める文学なと、映画館で上映される西部劇と同じく、大衆に与えても何の役にも立ちません。
フリオ・コルタサル「短編小説の諸相」より

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。