« 紀州征伐と根来寺 | トップページ | 新譜紹介 »

2014年6月18日 (水)

共産国家のアニメーション

「雪の女王」新訳版
原作:アンデルセン「雪の女王」
監督: レフ・アタマーノフ
脚本:L. アタマーノフ/G. グレーブネル/N. エールドマン
美術:A. ヴィノクーロフ/L. シュワルツマン
音楽:A. アイヴァ
1957年ソ連(ロシア)65分

ソビエト政府の庇護のもと商業主義とは無縁の体制で制作されて、無駄なエピソードをそぎ落として、少女ゲルダにスポットをあて骨太なストーリー構成。作中随所に窺えるアニミズムの思想や自然に対する畏敬の念など、ロシアならではの解釈が投影されている。

少年カイが連れ去られた雪の女王の国は、“喜びや苦痛を味わうこともない平安と寒さの世界”は死の国の象徴です。見方を変えると生命力の塊である少女ゲルダが靴も脱ぎ捨てて、死の国から連れ戻す。雪の女王が支配する死の世界からカイを取り戻すのは、熱い想い生命の力が死に打ち勝つ奇跡の瞬間です。

宮崎駿監督は『雪の女王』が生命の根源的なテーマを内包していることを、一瞬で嗅ぎ取りました。だから、心打たれ、今なお大好きな作品だと公言してはばからないのです。

監督のアタマーノフをはじめとするロシア版のスタッフは、映像化にあたって、『雪の女王』の原作から、賛美歌や天使、主の祈りといった宗教的なアイテムを徹底的に廃しました。結果、話は普遍的になり生命と想いの力強さが浮き彫りにされ、ついには神話的ともいえる高みに到達したのです。
神話とは国家や一神教が出現する以前のアニミズムに深く根ざした、世界の成り立ち、生命の誕生を解き明かし、人が生きて行くための知恵を説く哲学だという学説がある。
熱き想いを貫くことで、死にも打ち勝ち、幸福を手に入れるという『雪の女王』が描いたものは神話的な世界である。


『牧笛『』ぼくてき
中国の盛特偉監督の水墨画タッチの作品です。ほとんど会話の入っていない音と映像の叙情的なアニメーション。
1963年(中国)20分

村の牧童が水牛を連れて川辺にやってくる。牧童の横笛にうっとりと耳を澄ます水牛。木の幹に腰かけ、うとうとし出した牧童は水牛の夢を見る。夢の中で水牛は牧童の呼ぶ声にも振り向かず、どんどん山の中へと入っていってしまう。やがて、ハッと夢から醒めた牧童が牧笛を吹くと、水辺にいた水牛が笛の音に気づいて、牧童のそばに戻ってくる。夕焼けに染まった、のどかな田園地帯の中を家路につく牧童と水牛。

« 紀州征伐と根来寺 | トップページ | 新譜紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74549/56535669

この記事へのトラックバック一覧です: 共産国家のアニメーション:

« 紀州征伐と根来寺 | トップページ | 新譜紹介 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。