« 大規模の太陽フレア | トップページ | 能を読む 平成26年度夏季展 »

2014年9月14日 (日)

小冊子『熱風』9月号特集/日本語の無くなる日

『ネットの普及やグローバル化によって、目まぐるしく変化する私たちの言語環境。「このままいけば、いつか日本語は無くなる」と言われると、何気ない日常が、実はとんでもない方向へ向かっているのではないか……そんな漠然とした不安を感じてしまいます。』

「日本語が無くなる」とは、どういうことか(藤原智美)
日本語の特殊性と今後。言語の消滅と文化の消滅(角田太作)
子育てとインターネット(家入明子)
文章でもなく、おしゃべりでもない、インターネットの「日本語」。(枡野浩一)
文語射程の短兵化傾向について(小田嶋 隆)

連載
新記者読本(滝鼻卓雄)――もがく私に適切な解説と助言を与えてくれた裁判官
川畑杏奈[刺繍作家・刺繍アニメーター]
建築の素(藤森照信)――建築素材としての竹

http://www.ghibli.jp/shuppan/np/009639/
Image


« 大規模の太陽フレア | トップページ | 能を読む 平成26年度夏季展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74549/57367315

この記事へのトラックバック一覧です: 小冊子『熱風』9月号特集/日本語の無くなる日:

« 大規模の太陽フレア | トップページ | 能を読む 平成26年度夏季展 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。