« 新譜紹介 | トップページ | 赤塚不二夫キャラクター切手 »

2015年4月12日 (日)

小冊子『熱風』2015年4月号特集「アフリカのいま」

青い空の下で52年(佐藤芳之)
なぜアフリカの民主化と経済発展はまだら模様なのか(勝俣 誠)
2015年アフリカの武力紛争を俯瞰する(白戸圭一)
アフリカ医療のいま ~ケニアの現場から~(一瀬休生)
両極端が同居する国々アフリカ(西村佑太)
アフリカと向きあう視点――恋と音楽と人類と(鈴木裕之)
経済で考えるアフリカのいまと未来(平野克己)
私が見たアフリカの光と影(杉山 正)
特別収録
【座談会】宮崎吾朗/川上量生/土橋圭介「山賊の娘ローニャ」を作り終えて ――日本で3DCGアニメーションで勝負するということ――
特別再録
宮崎 駿「いま」の生活を語る。 [聞き手]青木 理
「世界に冠たる日本はない。東の片隅で楽しく、ひっそりしていよう」 ――「風立ちぬ」・憲法・死生観を持たない政治家  そして大量消費文明の綻び――
連載
第7回 プロデューサー奥田誠治が語る「もうひとつのジブリ史」(奥田誠治) ――高畑勲監督との"卒業旅行"はアカデミー賞
第11回 新記者読本(滝鼻卓雄) ――川崎の事件から考える私の後悔
第5回 エンピツ戦記 誰も知らなかったスタジオジブリ(舘野仁美) ――光があれば、闇もある。表現者は何を考え、どう動くべきか
http://www.ghibli.jp/shuppan/np/

« 新譜紹介 | トップページ | 赤塚不二夫キャラクター切手 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。