« 『死の鳥』ハーラン・エリスン (ハヤカワ文庫SF) | トップページ | ペンギンタロット21+0の物語図解 »

2016年8月14日 (日)

「ダンテ神曲」にみる煉獄

「ダンテ神曲」にみる煉獄

環道とは煉獄山を取り巻いている幅が三身長ほどの道。

第一の環道 高慢の罪を浄める者 「主の祈り」(第十-十二歌)
第一の環道に面した山腹に謙譲の範を示す話が白い大理石に刻まれている。高慢の罪の償いを支払うために岩を背負った人々が、腰を曲げ、泣き顔で近づいてくる。

第二の環道 嫉妬の罪を浄める者 「心の貧しき者は幸いなるかな」(第十三-十四歌)
目に見えぬ霊魂の群が、慈愛の例を三つ声高に唱えて飛んで行く。前方に粗織りの服をまとった人々が見えてくる。近づいて見ると人々の瞼は針金で縫いつけられている。彼らはその瞼の間から涙を流して、嫉妬羨望の罪を浄めている。

第三の環道 怒りの罪を浄める者 「神の子羊(アグヌス・デイ)」(第十五-十七歌) 
ダンテは一種の幻想にとらわれ忍耐の様の例を見る。それは怒りの火を消す平和の水の例なのである。進むうちに詩人たちは夜のように暗い煙の中に包まれる。煙の中で人々は神に祈りつつ怒りの罪を浄めている。詩人たちは濃霧の外へ出る。ダンテの幻想の中に怒りの例が浮かんで見える。

第四の環道 怠惰の罪を浄める者 (第十七-十八歌)
一群の人々が駈けて来、慈愛の例を唱えて行く。最後の人々が怠惰が罰せられた例を叫んでいく。この環道に沿っていま群衆が駈けてきたのだ。見たかぎりでは、善き願いと正しき愛に鞭打たれて疾駆して来るらしい。
「急げ、急げ、愛が足りぬと、時を失うぞ」と後に続いた連中が叫んだ、「善行を心がければ恩寵が新たに蘇るはずだ」 
ダンテの夢の中にセイレンが現れる。彼女は貪欲、大食らい、好色という感覚的快楽の権化なのである。上の第五、第六、第七の環道の罪と同じ。
天使「幸いなるかな悲しむ者、その人々の魂は慰めを得ん」 


第五の環道 貪欲の罪を浄める者 (第十九-二十一歌)
貪欲の罪を浄めるため人々が地面にうつぶせになっている。生前、天を仰ごうともしなかったための応報の浄め。亡者が日中は清貧を愛した例を、夜は貪欲が処罰された例を唱える。私らの目は生前、地上のものに吸いつけられ、天を仰ごうとしなかったから、それで(神の)正義がここで私らの目を地面へ押しつける。
善にたいするあらゆる愛を貪欲が消し、そのために私らの行為は無に帰したが、そのために(神の)正義がここで私らの手足を縛りつけ私らをしっかりと取り抑えている。そして正義の主が思召すかぎり、私らは身じろぎもせず地に平たく伏せているのだ。
大地が震動して「高きところには栄光、神にあれ」の歌声が四方八方から聞こえてくる。煉獄では誰かが自分の魂の浄化を自覚した際に地震が起こるのだという。 
天使「幸いなるかな義にを求め義に渇く者は」 


第六の環道 大食の罪を浄める者 (第二十二-二十四歌)「主よわが唇を」
果をたわわにつけた樹がこの環道には繁っているが、葉隠れから大食らいを戒める声が聞こえてくる。敬虔な亡者の群が黙々と近づいて来る。やせ衰えて眼も凹み、骨と皮の姿である。
私たちの後ろから、私たちより速い足取りで、敬虔な亡者の一群が黙々と近づいて来、追い越しざまに驚いたように私たちを振り返った。
彼らは誰も彼も眼が暗く凹(くぼ)んで、顔色は蒼く、体は痩せ細り、骨格が皮膚にまでまざまざとあらわれていた。
水や果実の香りが食欲をそそるからそれでこんなに亡者たちの姿がやつれてしまったのだ。 
天使「幸いなるかな、神の恵みに照らされし人々、その人々の嗜好は、かつて過ぎたる望みの火を胸中に点じたることなく、その人々の飢餓はかつて度を失したることなし」

第七の環道 色欲の罪を浄める者 (第二十五-二十七歌)
好色の罪を犯した亡者たちが猛火の中で浄められている。亡者たちが貞操を守った人たちの名を呼びあげる声が火の中から聞こえてくる。向こうから来る一群の人々が「ソドムとゴモラ」と叫ぶと、手前の一群の人々が「パシパエ」と叫ぶ。
好色多淫であった人々が、自分たちの男色や女色の罪を、いまここで自責しているのである。
天使が現れて、詩人たちの一行に炎の中を通り過ぎて進むことを命じる。そこでは山腹から炎が外に向かって噴き出し、道の縁(へり)では風が下から吹き上げ、それが炎を押し返すので道が辛うじて開かれた。 
「至上なる仁慈の神は」とその時その猛火のさなかで歌声が聞こえた。見るとその炎の中を亡者らが歩いて行く。火の中の亡者からの問いにダンテが答えようとしたとき、燃えさかる道の中央を、いま来た人々と鉢合わせに別の人々がやって来る。私は驚いて立ち止まり彼らをじっと眺めた。出会い頭に双方から亡者たちがそれぞれ急いで駆けよるとたがいにあい抱擁し、短い挨拶で満足するとすぐまたその場を立ち去った。したしい挨拶がすみ、また次の一歩を踏み出さぬうちに、はや亡者たちは大声をあげて次々に叫んだ。新来の人々が「ソドムとゴモラ」と高唱すると、前の人々は叫んだ、「牝牛の中へパシパエははいった。牡牛を誘って淫蕩な望みをとげるためだった」 
天使「心清き者は、幸いなり」「この火に咬まれぬうちは、先へ行くことはならぬ。清き魂たちよ、この中へ入れ。彼方から響きわたる歌声に耳を傾けよ」   

地上楽園 山頂 (第二十七-三十三歌)
かつて黄金時代に人間が住んでいた常春の楽園。エデンの園。エバが蛇にそそのかされ追放された場所。悪を忘却させるレテ川や善を想起させるエウノエ川が流れている。最後の石段を登り終えた時、ウェルギリウスは役目が終わった事をダンテに告げる。ダンテが深林の中を逍遥していると、マテルダ夫人に出会い楽園の説明を受ける。
「永遠の劫火と一時の劫火を、息子よ、おまえは見た。そしておまえが着いた、この地はもはや私の力では分別のつかぬ処だ。私はここまでおまえを智と才でもって連れてきたが、これから先はおまえの喜びを先達とするがよい。峻嶮な、狭隘な道の外へおまえはすでに出たのだ。」ウェルギリウス
ベアトリーチェが来るまではダンテの自由にするよう付け加えた。さわやかな緑濃い神の林が、新しい火の光を見た目にも優しくやわらげていた。この深林の内や外を歩きたいという気分にはや誘われて先生の言葉をそれ以上待たずに、この土手を離れると私は野原をゆっくりとゆっくりと歩きはじめた。足もとからはいたる処にふくよかな薫が漂ってきた。こころよいそよ風が、たえずやわらかに吹き、さわやかな力で額を軽やかに打った。 稲妻のような光が林の中を駆けめぐる。楽の音が聞え、七つの金樹と見まごうものが近づいてくる。それは七基の燭台で、二十四名の長老がそれに引続き、その後から四疋の霊獣と、グリフィンに挽かれた凱旋の車が静々と進んで来る。やがて行列が立ち停まる。 
(七基の燭台は神の七つの霊を、二十四名の長老は旧約聖書二十四巻を、四疋の霊獣は新約聖書の四福音書を、それぞれ象徴している。グリフィンは獅子の胴体に鷲の頭と翼をもつ獣。神性と人性を備えたキリストの象徴であり、それが教会を象徴する車を引いている。) 
一斉に歌声が湧きおこり、花が雲のようにあたり一面へまかれた時、その車の上へ凛々しい王女の風を備えたベアトリーチェが起きあがる。かつて朝ぼらけを見た時、東の空は一面に薔薇色にそまり、西の空は清冽の影すずしく、生まれでる陽の面は、朝霧のとばりに和らいで眼で長く見つめることもできたが、いまそのさまもさながらに、天使の手を出でて車の内外に散らばる花雲の中から、白い面帕をかけ、橄欖(かんらん)の冠を戴いた夫人が目の前へ現れた、緑のマントの下には燃えたつような朱の衣をまとっていた。 
ベアトリーチェはダンテが正道を踏みはずした過去十年間の行状を責める。ダンテは悔恨の情に胸をしめつけられて卒倒する。目が覚め多ダンテはレテ川の水を飲み悪行を忘却させてもらう。
ローマ法王庁の腐敗堕落とアヴィニョン遷都が寓意によって示される。エウノエ川の善を想起させる水を飲む。いくら飲んでも飲み飽きることのない甘い水だった。

« 『死の鳥』ハーラン・エリスン (ハヤカワ文庫SF) | トップページ | ペンギンタロット21+0の物語図解 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/74549/66998809

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンテ神曲」にみる煉獄:

« 『死の鳥』ハーラン・エリスン (ハヤカワ文庫SF) | トップページ | ペンギンタロット21+0の物語図解 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。