« 妖怪「鵺(ぬえ)」の意外な正体 | トップページ | アンティーク食器 »

2016年9月13日 (火)

「ラガ 見えない大陸への接近」ル・クレジオ(岩波書店)

「ラガ 見えない大陸への接近」ル・クレジオ(岩波書店)
バヌアツのアプマ語でペンテコスト島を示すラガ。南太平洋に浮かぶ83の島からなるバヌアツは70の島が有人。首都ポートビラはエファテ島で、そこから北230Kmにペンテコスト島はある。

島の原住民たちと、新しい航路を開拓して南太平洋の島々に到着した白人との歴史。ニーカレドニアはニッケル鉱山で有名で、採掘するために原住民が誘拐されて、強制労働に駆り立てられた。ウベア島で起きた独立の戦いでは、洞窟に慰霊碑がある。

巨大な力の進出が南太平洋に暮らす海の人々の歴史、伝説、生き方を変えてしまう。アフリカのことを人は失われた大陸だという。オセアニア、それは目に見えない大陸だ。群島、火山、珊瑚礁のネットワーク=「見えない大陸」を幻視する、ノーベル賞作家の思索的紀行文。海の人々の物語。
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2016061900006.html

Image

J・M・G・ル・クレジオ(Jean-Marie Gustave Le Clézio)
1940 年、南仏ニース生まれ。1963 年のデビュー作『調書』でルノドー賞を受賞し、一躍時代の寵児となる。その後も話題作を次々と発表するかたわら、インディオの文化・神話研究など、文明の周縁に対する興味を深めていく。主な小説に、『大洪水』(1966)、『海を見たことがなかった少年』(1978)、『砂漠』(1980)、『黄金探索者』(1985)、『隔離の島』(1995)など、評論・エッセイに、『物質的恍惚』(1967)、『地上の見知らぬ少年』(1978)、『ロドリゲス島への旅』(1986)、『ル・クレジオ、映画を語る』(2007)などがある。
2008 年、ノーベル文学賞受賞。

 

« 妖怪「鵺(ぬえ)」の意外な正体 | トップページ | アンティーク食器 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。