« ペンギンタロットの作りかた/その6 | トップページ | ペンギンタロットの作りかた/その8 »

2016年11月22日 (火)

ペンギンタロットの作りかた/その7

Penguintaort4

カード図案の中には、すべて図形が隠されています。

12枚目の「吊るされた男」は比較的に、解りやすいのでヨコにして観ませう。

P1110689 偶数「6」×「2」に吊るされていたことが判明。

P1110687

墨入れしたら南極風な仕上げの始まりです。これからが楽しいのであります。

つづく

« ペンギンタロットの作りかた/その6 | トップページ | ペンギンタロットの作りかた/その8 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

燐寸図案

  • 実用燐寸
    実用燐寸レッテルには様々な図案があります。 ここにはコレクション300種類以上の中から、抜粋して100種類ほど公開する予定。 主に明治、大正、昭和初期時代の燐寸レッテルの図案。

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。

最近のトラックバック

フォト