« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

ペンギンタロットの作りかた/その12

   P1110714

いよいよ「運命の輪」のカードです。

今回のタロットは南極が舞台なので、イルカやクジラにも登場してもらいませう。

P1110715

Wheeloffortune

ペンギンタロットの作りかた/その11

Penguintaort6

  P1110710  

カードに してみませうP1110712

試しにプリントして様子をみました。

色はギンギンとさせないほうが極地のムードになることがわかりました。

P1110711_2

この柄は初版みとなります。

2016年11月27日 (日)

ペンギンタロットの作りかた/その10

P1110704

恋人たちです「ねえねえ、こっちの道のほうがいいわよ」

「こっちのほうが、もっと気持ちよくなるわよーー」

P1110705

「あのーー、ぼくーまだ子どもなんでー、かまわないでほしいいんですけど」

P1110709

「頭上から降り注いだ矢があたると、目覚めるのは、だれーーだ? 」

P1110716

「ガビーーン、目覚めたのはボクちゃんでした。

あらら、姿形が産まれ変わってしまいましたよ。

どーすんですか」

2016年11月25日 (金)

ペンギンタロットの作りかた/その9

P1110700 P1110701

アデリーくんは太陽のカードになりました。ペンギンでも人気者のアデリーは坂崎千春さんのイラストによって一番知られております。小型でカワイイ外見とは裏腹に、ラテンのりの激しい情熱の気質があるそうな。わんぱくなフリッパーがぺしぺし。

2016年11月23日 (水)

ペンギンタロットの作りかた/その8

Penguintaort5

偉そうなペンギンは二種です。

エンぺラーペンギンまたは皇帝ペンギン(Aptenodytes forsteri)は、ペンギン科・コウテイペンギン属に分類されるペンギンの一種。現生のペンギンでは最大種で、もっとも南に分布するペンギンでもある。

キングペンギン、または王様ペンギン(Aptenodytes patagonicus)は、ペンギン科・コウテイペンギン属に分類されるペンギンの一種。古い図鑑にオオサマペンギン、王ペンギン、王ペングインなどの別名がある。
現生のペンギンでは2番目に大きな種類。体長は85cm-95cmで体重は10kg-16kg。成鳥は頭部とフリッパーと尾羽が黒、背中は灰色、腹部は白色、下くちばしの嘴鞘(ししょう)と耳の周辺、喉が橙色をしている。若鳥は嘴鞘が白やピンク色をしている。外見はコウテイペンギンに似るが小型で、頭部から喉にかけてのオレンジ色が強い。また、体に対するくちばしやフリッパーの比率も大きい。

偉そうなペンギンは次の皇帝と王様のカードにしてみました。エンぺラーペンギンは皇帝のカードで、キングペンギンは王のカードです。

「4」→「5」→「7」とステップを踏むように、カードも推移していくます。

P1110690

P1110693

人も王国の君主王様や皇帝になりたがる殿方が多々いらっしゃります。
この世では天と地の間に人はうまれて在ります。
「王」の正しい字をよく見ますと、地を示している下のラインよりも、天地を示している上のほうへ近くラインが引かれているのがわかります。
地上界よりも天界への近くに、王 (皇族)(おう、みこ、おおきみ)が鎮座されていることを示しているということらしいです。ひとつの国家、もしくはひとつの民族の長として振舞う存在する「王」。その国家なり民族なりの伝統文化を含めて、全責任を委ねられる霊性の高みに位置する、人と神の間を高度に取り持つという役目を背負う者であります。支配して個の欲を満たされていくという者とは程遠くある「王」。それより皇帝はもっと天界への近くに配置されるので、さらに霊性は推移されて天高くあらねば役目は果たせません。

Ou5       P1110692

法皇の持つ杓杖にも、王の位置するバランスがえがかれます。

右の図は地上の欲にまみれ成りさがった王の姿です。

2016年11月22日 (火)

ペンギンタロットの作りかた/その7

Penguintaort4

カード図案の中には、すべて図形が隠されています。

12枚目の「吊るされた男」は比較的に、解りやすいのでヨコにして観ませう。

P1110689 偶数「6」×「2」に吊るされていたことが判明。

P1110687

墨入れしたら南極風な仕上げの始まりです。これからが楽しいのであります。

つづく

2016年11月19日 (土)

ペンギンタロットの作りかた/その6

P1110674

月は太陽よりも素早く移動する。真実を照らし出して生命力を与える太陽から遠ざかるのだ。現実の世界よりも夢想にちかい。このイメージで描きます。 月は18の数を意味する黄色の紙の構図にしたがって表します。右のアルバム「TAROTカードの基本」の図形です。

P1110676 

月夜の晩に感じる実体の無い不安や、不吉な感覚。月光が織り成す幻想の世界。全てが明るみの中にある昼間とは異なり、全てが隠された闇と、朧な月の光との間に生まれる曖昧な形象。夜明けが近付くと共に湧き上がる希望と期待感、それに反する大きな不安の象徴。そんなことを想像して蛸のラフは破棄しました。数 理ものちほど解説いたします。

ペンよりも筆が細やかに描けます。ごらんのとおり筆先が細部へわたってすらすらと速度のある絵と向かっております。これは楽しいですね。

P1110679

ひなたぼっこをしながら、souくんは考えています。
「ぼくは次のどのカードへ生まれ変わるのだろうかと」

P1110560

__+880_________________________+++
__+888________________________+888
__++880______________________+888_
__++888_____+++88__________+++8__
__++8888__+++8880++88____+++88___
__+++8888+++8880++8888__++888____
___++888++8888+++888888++888_____
___++88++8888++8888888++888______
___++++++888888888888888888______
____++++++88888888888888888______
____++++++++000888888888888______

I.魔術師 - II.女教皇 - III.女帝 - IV.皇帝 - V.教皇 - VI.恋人 - VII.戦車 -VIII (XI).力 - IX.隠者 - X.運命の輪 - XI (VIII).正義 - XII.吊された男 - XIII.死神 - XIV.節制 - XV.悪魔 - XVI.塔 - XVII.星 - XVIII.月 - XIX.太陽 - XX.審判 - XXI.世界- 0.愚者 なのだろうか
_____+++++++000088888888888______
______+++++++00088888888888______
_______+++++++088888888888_______
_______+++++++088888888888_______
________+++++++8888888888________
________+++++++0088888888________
________++++++0088888888_________
________+++++0008888888__________
_________++++++8888888___________

はたして.運命の女神はsouくんへ微笑むのだろうか?

2016年11月15日 (火)

ペンギンタロットの作りかた/その5

Penguintaort2 Penguintaort3

 カードに登場するペンギンのキャラクターをつくりませう。
いろいろや表情つけて、動きのポーズもしたいですね。

Penguin_032

http://koinu.cside.com/ Penguin_031

この下書きにされてるヒゲペンギンは、「SOU-ソウくん」といいます。
TAOマークのページで
「社会や世間について、ユーモラスなツッコミを入れるよ」
とささやいていまーーーす。
http://koinu.cside.com/ ここに顔も出ているようだ

  Antarcticap

高緯度の極地である南極大陸は日本など低・中緯度地域と比べて地球温暖化等の影響が顕著であるそうだ。比較的大陸に近い場所では、最高気温が15度を超えたり、氷河・氷棚の大規模融解などが深刻になってきている。

南極観測のホームページ
http://www.nipr.ac.jp/jare/

ときにペンギン類の雛が、異常な気温上昇により本来防寒用の羽毛で暑くて死ぬケースもある。船舶等による夏季の観光客の増大もこれらの原因の一因であるとされる。

温暖化とは、人間の活動が活発になるにつれて「温室効果ガス」が大気中に大量に放出され、地球全体の平均気温が急激に上がり始めている現象をいう。大気中に微量に含まれる二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、亜酸化窒素(N2O)、フロンなどが、温室効果ガス(Green House Gases:GHGs)という説がひろまっている。

 地球規模で気温が上昇すると、海水の膨張や氷河などの融解により海面が上昇したり、気候メカニズムの変化により異常気象が頻発する恐れがあり、自然生態系や生活環境、農業などへの影響が懸念されている。

http://koinu.cside.com/ 仔犬くんまですぐ傍

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ