« 小冊子『熱風』1月号の特集は「橋口亮輔ロング・インタビュー 映画たち」 | トップページ | 三島由紀夫とジョン・ベスターの対談 »

2017年1月12日 (木)

『喉の痛みの治し方』良い食べ物

『喉の痛みの治し方』
寒くなってくると空気が乾燥して、喉にトラブルが発生しやすくなる。色々な回避方法の中でも、マヌカハニーは効果がかなり凄い。

☆喉の痛みを緩和させる方法
1. とにかくマスクをつける
2. 首を暖めるのが大切
3. うがいは塩水でやるのが良い
4. 口呼吸は絶対にやめる
5. 肩をグルグル回して血行を促す
6. 枕元にタマネギ!
たまねぎの皮を剥いて半分に切って、枕元に一晩中置いておきましょう。タマネギ含有の「硫化アリル」に咳を止め、安眠効果がある。

☆喉の痛みに良い食べ物は
1. マヌカハニーを舐める
蜂蜜より効果的なのがマヌカハニーです。喉の痛みや口内炎に効果抜群。
2. 大根のはちみつ漬け
大根には消炎作用があり、喉の腫れを和らげる。特に効果有るおろし汁を飲むと咳も治まる。
3. 洋梨を食べる
喉の炎症を抑えてくれるソルビトールが梨が豊富に含まれている。
4. マシュマロも良い
含有されるゼラチンが炎症を起こした喉を柔らかく覆って痛みを和らげる。
5. 喉の痛みに良い食材は
生姜、ねぎ、レンコン、春菊、しそ、キンカン、みかんの皮、ゆず、パイナップルなど。これらはビタミンやミネラルを多く含んでいるので炎症を抑え、逆に喉に悪い食べ物は、唐辛子などの刺激物、チョコレート、メロンなど。
6. 冷たいものは摂らない

« 小冊子『熱風』1月号の特集は「橋口亮輔ロング・インタビュー 映画たち」 | トップページ | 三島由紀夫とジョン・ベスターの対談 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。