« ニィハオ(^_^) | トップページ | 公園を散歩する »

2017年2月13日 (月)

朝日ジャーナル 2016年 7/7号 (週刊朝日増刊)

現状維持から挑戦へ
リベラルへの最終指令!

憲法、メディア、安保、沖縄、格差、天皇……
日本が直面する論点があいまいなまま、夏の一大決戦が迫る。
社会の右傾化が叫ばれる中、このまま与党の独走を許していいのか。
リベラルの面々はなぜ押し黙っているのか。
安保法制をめぐる国会前の〝熱い夏〟はどこに行ったのか。
故・筑紫哲也編集長へのオマージュを込めた「朝日ジャーナル」を緊急復刊し、世に問う!

201677

●翁長雄志沖縄県知事独占インタビュー「戦後の日本を凧のように操る米国」
●原寿雄×池上彰「安倍政権という主人持ちのジャーナリストになるな」
●久米宏「最近のテレビ言論が面白くないワケ」
●田原総一朗×花田紀凱 「保守が負けない理由、それはリベラルが現状維持だから…」
●矢部浩治×白井聡「天皇制民主主義と在日米軍、そして密約」
●早野透 安倍首相の野望 「表は経済で装い、裏は改憲」
●SEALDs・ママの会、ミドルズ、ティーンズ・ソウル 参院選勝利㊙作戦会議
●「与党3分の2は絶対に阻止する」
●激論 日本会議 島薗進✕菅野完 「目的は国体の復活」
●浅草キッドが語る朝日ジャーナルとアサ秘ジャーナル
●「僕ごときと口論した安倍首相」
●ルポ)一億総下流社会 格差の現場を歩く

●林真理子×島田雅彦 「神々たちのそれから」
●手塚治虫遺稿「ネオ・ファウスト」で描こうとした未来
●異彩の漫画家・岡崎京子の秘話と近況
●対談・尾崎豊×筑紫哲也
●新・若者たちの神々──加藤シゲアキ
●本多勝一「貧困なる精神」
●石牟礼道子が語る熊本大地震
●桜井よしこ、斉藤美奈子、木村草太、内田樹
●金平茂紀 特別寄稿「筑紫哲也さんとの会話」
……当代きっての論客が続々登場!

朝日新聞出版; 不定版 (2016/6/27)

« ニィハオ(^_^) | トップページ | 公園を散歩する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。