« 古代インドの叙事詩から | トップページ | 美味しいオムレツ »

2017年2月 1日 (水)

「雨季の黙想 」

古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』には、耐えて待つ「雨季の黙想 」が描かれている。癒してくれる恵みの水分が空中を満たす時に、全ての五感を静かに開いて感謝するのだった。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
私たちは雨に閉じ込められている間に、すっかり身を浄めておかなくてはならない。
ラクシマナよ。大空から降るあの銀色の恵みの雨の音に耳を傾けなさい。目を上げてごらん。
空は幾重にも重なった雲で包まれている。雷がその雲の上を鉛の鞭で叩いているのだろう。空は痛さに耐えかねて唸るのだが、青あおと輝く空の真上までは届かないのだ。
向こうの地平線を見るがよい。白鳥がその友を引き連れて、ヒマラヤの湖へと家路をさして飛んで行く。雨がしばし降り止んだ今、野の孔雀は声高く鳴き、滝の音は豪壮な響きを立てている。
鶴は緑の丘の木のうえで、まっ白い帆のように翼を一杯広げている。雨で甦った草に、点てんと光る宝石のような花を見るがよい。

ラクシマナよ、鳥は冷たい雨のしずくに濡れているが、声高く歌をうたっているではないか。
遠い彼方の雷のつぶやきも、今は蝉の響き渡る唸りや、蛙の生き生きした鳴き聲に消されてしまっているではないか。
ああ、また雨が降ってくる。
雲は天の高い砦までも襲うことだろう。
東、西、南、北、四方八方のごとく、雨の絃を掻き鳴らすハープのようだ。
今こそ、まさに雨の季節なのだ。
私の心は重く、悲しみの底に沈んでしまいはしないかと怖ろしい。
二人の悲しみは、恐ろしい運命を背おっているためなのだ。さあ、黙想をつづけ、恐れ慄く思いと、物憂い魂とを、ともどもに清めよう。

【ラーマーヤナ インド古典物語 】より
Img_6701


« 古代インドの叙事詩から | トップページ | 美味しいオムレツ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。