« 『感性の限界 ― 不合理性・不自由性・不条理性』高橋昌一郎( 講談社現代新書) | トップページ | 内田百閒「餓鬼道肴蔬(こうそ)目録」 »

2017年3月19日 (日)

永久保存版「群像短篇名作選」電子書籍

Img_7931
群像70周年記念特大号(2016年10月号) 永久保存版「群像短篇名作選」

収録作品
太宰 治「トカトントン」(1947年1月号)/原 民喜「鎮魂歌」(1949年8月号)/大岡昇平「ユー・アー・ヘヴィ」(1953年5月号)/安岡章太郎「悪い仲間」(1953年6月号)/庄野潤三「プールサイド小景」(1954年12月号)/吉行淳之介「焔の中」(1955年4月号)/円地文子「家のいのち」(1956年9月号)/室生犀星「火の魚」(1959年10月号)/島尾敏雄「離脱」(1960年4月号)/倉橋由美子「囚人」(1960年9月号)/正宗白鳥「リー兄さん」(1961年10月号)/佐多稲子「水」(1962年5月号)/森茉莉「気違ひマリア」(1967年12月号)/深沢七郎「妖術的過去」(1968年3月号)/小沼 丹「懐中時計」(1968年6月号)/河野多惠子「骨の肉」(1969年3月号)/瀬戸内晴美「蘭を焼く」(1969年6月号)/三浦哲郎「拳銃」(1975年1月号)/吉村 昭「メロンと鳩」(1976年2月号)/富岡多恵子「立切れ」(1976年11月号)/林 京子「空罐」(1977年3月号)/藤枝静男「悲しいだけ」(1977年10月号)/小島信夫「返信」(1981年10月号)/大江健三郎「無垢の歌、 経験の歌」(1982年7月号)/後藤明生「ピラミッドトーク」(1986年5月号)/大庭みな子「鮭苺の入江(サーモンベリイ・ベイ)」(1986年10月号)/丸谷才一「樹影譚」(1987年4月号)/津島佑子「ジャッカ・ドフニ――夏の家」(1987年5月号)/色川武大「路上」(1987年6月号)/山田詠美「唇から蝶」(1993年1月号)/多和田葉子「ゴットハルト鉄道」(1995年11月号)/笙野頼子「使い魔の日記」(1997年1月号)/小川国夫「星月夜」(1998年1月号)/稲葉真弓「七千日」(1998年2月号)/保坂和志「生きる歓び」(1999年10月号)/辻原 登「父、 断章」(2001年7月号)/黒井千次「丸の内」(2003年1月号)/村田喜代子「鯉浄土」(2005年6月号)/角田光代「ロック母」(2005年12月号)/古井由吉「白暗淵(しろわだ)」(2006年9月号)/小川洋子「ひよこトラック」(2006年10月号)/竹西寛子「五十鈴川の鴨」(2006年10月号)/堀江敏幸「方向指示」(2006年10月号)/町田 康「ホワイトハッピー・ご覧のスポン」(2006年10月号)/松浦寿輝「川」(2009年1月号)/本谷有希子「アウトサイド」(2012年3月号)/川上未映子「お花畑自身」(2012年4月号)/長野まゆみ「45°」(2012年5月号)/筒井康隆「大盗庶幾」(2012年12月号)/津村記久子「台所の停戦」 (2012年12月号)/滝口悠生「かまち」(2013年4月号)/藤野可織「アイデンティティ」(2013年8月号)/川上弘美「形見」(2014年2月号)

https://www.google.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000001102.000001719.html
電子版には三島由紀夫「岬にての物語」は収録されていません。

« 『感性の限界 ― 不合理性・不自由性・不条理性』高橋昌一郎( 講談社現代新書) | トップページ | 内田百閒「餓鬼道肴蔬(こうそ)目録」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。