« 港を飛行している。 | トップページ | 海賊船の展示 »

2017年3月 4日 (土)

ロートレアモン 『マルドロールの歌』

「神よ、願わくば読者がはげまされ、しばしこの読みものとおなじように獰猛果敢になって、毒にみちみちた陰惨な頁の荒涼たる沼地をのっきり、路に迷わず、険しい未開の路を見いださんことを。読むにさいして、厳密な論理と、少なくとも疑心に応じる精神の緊張とを持たなければ、水が砂糖を浸すように、この書物の致命的放射能が魂に滲みこんでしまうからだ」「ぼくは鋭い刃のナイフを握って、二枚の唇のあわさっている肉を切り裂いた」 第一の歌より

「ぼくはは見てきた、我が生涯を通じて、一度の例外も無く、狭い肩幅の人間どもが、数多い愚かな行為を行うことを、奴らの同類を愚かにして、あらゆる手段で魂を堕落させるのを。奴らは、この行為の動機を栄光と呼ぶ。

嵐よ、竜巻の妹よ。ぼくはその美を認めないが、蒼い天よ。偽善者の海よ、ぼくの心の似姿よ 。謎を秘めた大地よ。星々の住人よ。全宇宙よ。全宇宙を壮麗に創りし神よ、ぼくが証言を求め ているのは君なのだ。善良なる人間を誰かひとり、このぼくに見せてくれ!  いや、それよりも、君の加護でおれの生まれながらの力を10倍にするのだ。なぜなら、この怪物の光景に、ぼくは驚愕のあまり死にそうだ。これを見れば誰でも死ぬだろうさ。

老いたる大海原よ、君は自己同一性のシンボルだ、いつも、君は君自身なのだ。君は、根本から変わることは無い、どこかで波が荒れ狂っていても、どこかは完全に凪いでいる。君は人間どもとは違う、人間どもは、2匹のブルドッグが首に噛み付き合おうとするのを見ようと道に立ち止まるのに、葬列が通り過ぎるときには立ち止まろうともしない。朝は機嫌が良いのに、夕べには不機嫌になる。今日笑えば、明日は泣く。老いたる大海原よ、ぼくは君を讃えよう。」 第一の歌より

「マルドロールのあの第一の歌はどこへ行ってしまった のか、ベラドンナの毒葉がいっぱい詰まった彼の口が、 もの想いの束の間にもあの怒りの国々をとび越えて洩れ 行くがままに洩らした時以来、あの歌はどこへ行ってし まったの? 誰も正確には知らない。木も風も、あの歌 を隠してしまったわけではない」第二の歌より

第二の歌はどんな詩人の歌より美しい。だがマルドロールが造物主の彫像を見たとたん、怒号を浴びせはじめる。言葉は自動筆記のように、地中はおろか、天界の意図までひっくりかえす。
第三の歌は、憤怒の奥から繻子のような透明な声で一人で人類を向こうにまわす。

「あの天使の性質を持った想像上の人物たちの名前を思 い出そうではないか。第二の歌を書いているあいだ、おれのペンが彼ら自身から出る光に照らされて輝きながら脳髄から引っぱり出したあの者たちを。彼らは生まれ出るや否やたちまち消えてしまうので、目が追いかけるのに苦労するあの火花のように、燃える紙の上で死んでしまう」第三の歌より

第四の歌は、ロートレアモンとマルドロールがカインとアベルのように交える。
第五の歌は、絶望の淵を旋回して絶顛に向かっていく錯乱の裡にさまよった夢の記述だろうか。

第六の歌は、もはや邪悪を装うとも呪詛をこえる鎮魂が押し寄せている。
サルバドール・ダリ 「マルドロールの詩」(1934年作)
http://www.ddart.co.jp/leschantsdemaldoror.html

第六の歌の主人公、イギリス少年のメルヴァンが登場する場面の有名な詩句「彼は一七歳と四か月だ!そしてなによりも、ミシンと洋傘との手術台のうえの不意の出逢いのように美しい!」という場面が描かれている。詩句とは直接関係のない、ダリ自身の潜在意識に根ざした画面となっていることから、詩句の中のこの場面は、自信家ダリの独創的なイメージさえ支配してしまうほどの強烈な衝撃力を持った根源的な霊感源であったことを物語っている。

ロートレアモン伯爵(Le Comte de Lautréamont, 1846年4月4日 - 1870年11月24日)フランスの詩人、本名はイジドール・リュシアン・デュカス(Isidore Lucien Ducasse)。フランスから1839年にウルグアイのモンテビデオに移住し、後に領事館の副領事となった父フランソワと母ジャケットの間に生まれる。13歳で帰国後父の出身地タルブ及びポーのリセにて学生生活を送る。学校を出た後一時ウルグアイの父の元に身を寄せていたが作家を志して再びパリに戻り、1868年に突如、彼の名を後世に残すこととなる問題作『マルドロールの歌・第一歌』を匿名(「***」と表記されていた)で出版した。当初第一歌にはそれほどの反響は無かったが、翌1869年に完成した全六歌を印刷費用400フラン全て自己負担し「ロートレアモン伯爵」名義で満を持して出版しようとしたところ、出版社だったラクロワ社はこの過激な内容では当局による発禁勧告は必至と二の足を踏み、結局全六歌の出版は中止となってしまった。彼はボードレールの『悪の華』を出版した実績のあるプーレ=マラシにベルギーとスイスでの出版を依頼したが、これも結局実現しなかった。しかしながら彼はそんな困難な状況を意に介さず立て続けに新作詩『ポエジー』を執筆。1870年4月に今度は本名イジドール・デュカス名義で出版にこぎつけるが、6月に第二集を出版した直後居住先のホテルで謎の死を遂げた。享年24。自殺説はもちろん政治運動に関わっていたが故の暗殺説もあるが、当時は普仏戦争によるパリ包囲の真っ最中で、研究者の間では混乱の中の食糧不足と疫病の流行が彼の死の要因となったのではないかという推測が有力である。遺体は現在のモンマルトルの墓地に収容されたが、後に行われた区画整理の際に行方が分からなくなってしまっている。後、20世紀に入ってから、詩人アンドレ・ブルトンによって「マルドロールの歌」「ポエジー」が再発表され、特にシュルレアリスム文学や絵画に大きな影響を与えている。
近年、新しい テキストがつぎつぎ翻訳されて、謎めいたロートレアモンの研究がなされている。

-------------------------------------------------------------------------------
『マルドロオルの歌』 Les chants de Maldoror (翻訳):青柳瑞穂 木馬社 1952『マルドロールの歌』(翻訳):栗田勇 現代思潮社 1960 改訂版:1974
『マルドロールの歌』(翻訳):藤井寛 福武文庫 1991/10
『マルドロールの歌』(翻訳):前川嘉男 集英社文庫 1991/4
『ロオトレアモン詩集』 Lautreamont(翻訳):青柳瑞穂  :ほるぷ出版 1982/10
『ロートレアモン詩集』 Ed/(翻訳):渡辺広士 思潮社古典選書1968

--------------------------------------------------------------------------------
『ロートレアモン全集』 (翻訳):栗田勇 人文書院 1968
「マルドロールの歌」 「詩学断想」 「資料」
『ロートレアモン全集』 (翻訳)::渡辺広士 思潮社 1969 新装版:1994/10
「マルドロールの歌」 「ポエジー未来の書の序文」 「イジドール・デュカスの手紙」 「出生証明書・死亡証明書」

『ロートレアモン伯爵イジドール・デュカス全集』 Isidore Ducasse/comte de Lautreamont (翻訳):豊崎光一 白水社1989/9 「マルドロールの歌」 「ポエジー」 「書簡」 「マルドロールの歌(1稿)」
『ロートレアモン全集 -イジドール・デュカス』 石井 洋二郎 (翻訳) 筑摩書房2001/3  「マルドロールの歌」 「ポエジー」 「イジドール・デュカスの書簡」 「マルドロールの歌第1歌」 「参考資料」
高度に凝縮された反逆と呪詛の叫びを残して24歳で夭折した詩人の極限に紡がれたテクストを明晰な新訳である。実証的伝記研究をふまえた註解を付した 672 頁に及ぶ翻訳の力技ともいえる大冊は圧巻。
同書はちくま文庫より『ロートレアモン全集 』石井 洋二郎 (翻訳) として、註解を簡略して刊行されている。こちらは軽量だが充実した翻訳書。ロートレアモンの作品はこれ一冊に全て収納されている。

« 港を飛行している。 | トップページ | 海賊船の展示 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

羽衣ストーブ館

  • 静岡新聞 2001年5月22日記事
    フランスを中心としてヨーロッパで製造されたアンティークストーブ100点以上はひとりの日本人個人によって南仏を中心に長期コレクションされたものであります。 ◆南仏より海を渡ってやってきたアンティークストーブ100台たちは清水港へ上陸して、東海大学社会教育センターに移築した江戸時代に作られた曲り屋の屋敷のなかに展示された。 ◆鋳物ストーブ100台たちは、その後も数奇な運命をたどることになる。
フォト

22カードの意味

  • _0 愚者
    タロットアルカナの22枚には、世界の変化を表すことが記されています。カードの意味を知るには、図案のもつ表のイメージから解放されることが大切です。

オンライン状態

ペンギンタロットの原画

  • 0の愚者から21の宇宙(世界)まででひとつの話が結ばれる
    兆しを理解して現実なるものを深くたのしく感知する訓練カードです。 タロットを機能させるには慣れ親しむことからはじまります。 まだ目には見えていない物事や潜在的な事柄を導き出す道具でもあります。 各アイコンをクリックすると、21のカードが観れます。